オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
昼夜2部構成で開催された「ファルコムjdkバンドvs.えどっ娘天下大変!」を振り返る。イベントレポート&インタビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/10/01 20:21

イベント

昼夜2部構成で開催された「ファルコムjdkバンドvs.えどっ娘天下大変!」を振り返る。イベントレポート&インタビューを掲載

 日本ファルコムのファンにとっては毎年恒例といえる,日本ファルコムタイトルの楽曲アレンジを手がけるjdkバンドのライブイベントが,東京都渋谷区のLIQUIDROOMにて,8月21日に開催された。
 今回は「ファルコムjdkバンドvs.えどっ娘天下大変!」と銘打ち,Webラジオ番組「えどっ娘 天下大変!」(2010年8月8日以降は「超!えどっ娘 天下大変!!」として超!A&G+で毎週日曜23:00 〜 23:30に配信・放送中)とコラボして,昼夜の2部構成で開催されるという,一味違う趣向が取り入れられていた。
 掲載までだいぶ間が空いてしまい申し訳ないが,このイベントの模様をまとめたレポートと,出演者達への合同インタビューを掲載したので,ファンはぜひ最後まで目をとおしてほしい。

第1部「えどっ娘天下大変! vs. jdkバンド」レポート


出演:
神田朱未さん(エステル)
三上枝織さん(アイシャ)
近藤孝行さん(アガット)
今野宏美さん(ティータ)
小寺可南子さん(お可南さま)feat. jdkバンド

 第一部は,Webラジオ番組「えどっ娘天下大変!」とファルコムゲームの音楽を演奏する「jdkバンド」とのコラボレーション企画であり,開演前には,番組パーソナリティを務める三上枝織さん(ゆめ姫),神田朱未さん(みはる)がラジオそのままのノリの軽妙トークで諸注意アナウンスを行い,場内を埋め尽くした約1000人のファンの笑いを誘っていた。

 場内の照明が落ちると,いよいよイベントが幕開け。ステージ上にはスタンドマイクが用意され,声優陣による朗読劇が展開された。
 最初に姿を見せたのは,アガット(近藤さん)とティータ(今野さん)のお二人。朗読劇は,寝ている間に“江戸に似た見知らぬ世界”に迷い込んだ……という設定のようで,「なんだか大勢に見られている気がする……」(アガット)といった,“客いじり”を交えつつ会場を盛り上げる。
 そこに合流してきたのが,エステルの声にそっくりなみはる(神田さん)と,これまたアイシャの声にそっくりなゆめ姫(三上さん)。
 アガットが,2人をエステルとアイシャと人違いする一悶着があったものの,突如登場したお可南さま(小寺可南子さん)の仲介もあって,“バールのようなもの”が振るわれることもなく事態は収拾。ティータとアガット,アイシャ,エステル各々が,ゲーム中の名シーンを演じ,場内からの大きな拍手を浴びた。

イベント第一部は,声優さんたちの朗読劇からスタート。ドラマCDを思わせるハチャメチャな内容に,場内は大いに盛り上がった

 朗読劇に続いては,フリートークのコーナーに移行。「イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ」のゲームや,ドラマCDにまつわるエピソードが披露された。
 ゲーム中で最強と思うキャラというお題では,今野さんが「ティータのお母さん!」,近藤さんが「ガチで緑川さん!」(※声優の緑川 光さん),神田さんが「ヴァン・ジョー!」(※ボス敵を演じている銀河万丈さん)と答えるなど,珍回答が続出。
 キャスト陣から見た理想のキャラとしては,今野さんが「アガットさんはステキだけどキャラ的な年齢差が……」ということで,結局ラッセル家のお父さんが理想ということで落ち着いた。三上さんの理想の男性キャラは,どんな無理難題でも“(アドルは無言で頷いた)”してくれそうなアドル。神田さんは「ヨシュアとだけは結婚できない。だっていなくなってしまうから」と断言し,「追いかけるより追われたい!」の名言も飛び出した。


 そしてステージ上は,この日のメインイベントである“生対決”へと突入。これは,出演キャスト達が「イースvs.空の軌跡」のアドホックモードで対決するという企画だったのだが,なんとBGMはjdkバンドによる生演奏。プレイするキャスト,見守る観客ともに嬉しい豪華なサプライズとなった。
 対戦は,神田さん&三上さんの「江戸っ娘」チームと,近藤さん&今野さんの「空の軌跡」チームに分かれ,それぞれが演じるキャラクターを使用しての対決となった。
 皆さんそれぞれが練習してきたというだけあって,一歩も譲らない白熱の攻防が展開。1回戦の神田さん対今野さんは神田さんが勝利,2回戦の三上さん対近藤さんは近藤さんが勝利と1勝1敗のイーブンとなり,勝敗の行方は神田さん対近藤さんの対決へと持ち越された。
 ここでも一進一退の手に汗握る攻防が続いたが,最後は近藤さんが観客の「ダイブ! ダイブ!」の大コールに応える形で,必殺技“ドラゴンダイブ”を決め,大盛り上がりの中で「空の軌跡」チームが勝利という結果になった。

ステージ奥のスクリーンにゲーム画面が映され,jdkバンドの生演奏という贅沢なプレイ環境。しかも出演キャスト達が生アフレコで戦うという,観客にもたまらない演出となった

突如キャスト陣に挑戦状を叩きつけた小寺さん
 場内の盛り上がりが収まりきらないうちに,「このイベントって『江戸っ娘天下大変! vs. jdkバンド』じゃないですか!」と,小寺可南子さんが乱入。
 先の対決で優勝した近藤さんと,それぞれの名台詞,持ち歌を賭けての対決が繰り広げられた。結果は近藤さんの勝利となったのだが,なぜか近藤さんがティータのセリフを物マネで披露するハメに。それでも,ティータになりきって可愛くセリフを読み上げる近藤さんのプロ魂に,惜しみない拍手が贈られた。
 そして負けた小寺さんは,罰ゲームとして1曲歌うということで,「英雄伝説 空の軌跡SC」エンディング曲の「I swear...」を,ピアノ伴奏アレンジで熱唱した。

グッズ購入者向けの抽選会も行われた。当選者はステージ上で出演者と握手する権利&特製Tシャツというプレゼントが贈られた

会場では特別に,神田さんによる「カーネリア」冒頭部分の生朗読が披露された
 これでイベントが終了……と思われたタイミングで,「空の軌跡」の新たな展開が初お披露目された。4Gamerではすでに「こちら」にニュースとして掲載済みだが,オトバンクのiPhone/iPad用アプリ「朗読少女」と,日本ファルコムタイトルの歴代ヒロイン達のコラボレーション企画「朗読少女×Falcomヒロインズ」が発表された。
 その第1弾は,「英雄伝説」シリーズの作中小説を,エステルが読み上げてくれるというもので,「人形の騎士」「カーネリア」「賭博師ジャック」の3本のリリースが予定されている。また,コスチュームの変更やアイテムのプレゼント,画面にタッチしてのコミュニケーションなども行えるという。その後もヒロインの追加や他作品とのコラボレートを予定しているとのこと。配信は10月予定とされていたので,正式リリース日の発表が待ち遠しいところだ。

 盛りだくさんの内容となったイベントもいよいよオーラスを迎え,jdkバンドのイカロス渡辺さんが歌う「銀の意志 金の翼」で盛り上がった。最後は神田さんの「イースと空の軌跡が一つになったゲームが出て,ゲームをプレイしている人の顔が見れて,とても嬉しいです!」の声とともに,第1部の幕が下りた。


  • 関連タイトル:

    イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ

  • 関連タイトル:

    イース 〜フェルガナの誓い〜

  • 関連タイトル:

    Ys SEVEN

  • 関連タイトル:

    イース I&II クロニクルズ(Windows 8対応版)

  • 関連タイトル:

    Ys I&II Chronicles

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 零の軌跡

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 空の軌跡セット(Windows 7対応版)

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 空の軌跡セット

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 空の軌跡 完全版

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 空の軌跡SC

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 空の軌跡SC

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 空の軌跡FC

  • 関連タイトル:

    ぐるみん

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月