オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「Gear VR」は,安価で仮想現実(バーチャルリアリティ)に飛び込めるなかなか良い製品?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/19 10:00

紹介記事

「Gear VR」は,安価で仮想現実(バーチャルリアリティ)に飛び込めるなかなか良い製品?

 Oculus VRの「Rift」が税,送料込みで9万円台半ば,HTCの「Vive」だと堂々の11万円超え。GDC 2016で価格が発表された「PlayStation VR」も,本体こそ4万円台だが,よくよく聞いてみれば別途「PlayStation Camera」と「PlayStation Move」を揃える必要がある気配ということで,「バーチャルリアリティへの切符,高すぎないか……」と涙を飲んで現実に回れ右をした人は多いのではないだろうか。

 だが,バーチャルリアリティを体感するための安価な選択肢がないわけではない。そのなかから本稿で取り上げるのは,バーチャルリアリティ(以下,VR)ブームの火付け役となったOculus VRと,韓国Samsung Electronics(以下,Samsung)の共同開発によって生まれた「Gear VR」だ。本製品は,2万円前後で2015年5月に国内販売が開始されたが,現在は1万5000円前後まで値下がりし,いわゆる「Cardboard」的な,簡易的なものを除くVR対応HMDの中では,比較的お手頃の価格になっている。

Galaxy Galaxy
Galaxy


初期投資を抑えつつ,VRの世界を体験できるGear VR


 Gear VRは,Samsung製のAndroid搭載スマートフォン()をはめ込んで使用するという大胆な構成が特徴だ(関連記事)。関連アプリを画面の案内どおりにインストールする手間はかかるものの,Gear VRにスマホをはめ込んで頭に装着すれば,VRコンテンツをすぐに楽しめる。

 なおGear VRは「Galaxy Note 5」「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6 edge+」をサポートしているが(関連記事),日本での公式対応機種はGalaxy S6 / S6 edgeの2機種となっている。
 なので,Gear VRの話をするうえでは,Galaxy S6やGalaxy S6 edgeの価格は無視できないわけだが,Galaxy S6なら,たとえばNTTドコモでの新規契約や機種変更時の端末価格は(端末購入サポートの割引きが入って)1万368円(税込,2016年3月19日現在)で済む。スマートフォンの買い換えに合わせてGear VRも……というのであれば,かなり低い初期投資額でゲットできるのである。

このようにゴーグルのカバーを外してスマホをはめ込むだけで準備完了
Galaxy Galaxy

Gear VR本体上部のダイヤルでピントを調整すれば,視力が低い人でも裸眼でVRを体験できる

Gear VR本体右側にあるタッチパッドと「戻る」ボタンで操作できるが,ゲームによっては,Android対応のBluetoothゲームパッドが必須とされる
Galaxy


スマホの画面でもVR体験に違和感なし?


Galaxy S6 SC-05G
Galaxy
 今回使用した端末は「Galaxy S6 SC-05G」で,その解像度は1440×2560ドットだ。Gear VRは,スマホを横向きに付け,画面を2分割してユーザーに立体感を錯覚させるので,結果的に目で見ている解像度は1280×1440ドットとなる。実のところはグラフィックスの粗さが割と目立ってしまっており,Gear VRを通して見る仮想現実が,キレイな景色であるとは言えない。
 視野角は96度で,ここもOculus Rift DK2の110度にやや劣っており,最先端のVRに迫る体験を味わえるわけではない。また,数分でスマホの発熱によってシステムメッセ―ジが表示され,VRコンテンツが自動で中断されてしまう点も気になるところだ。

 しかし,Gear VRでは没入感が味わえない……というわけでもない。断崖絶壁の上で足が竦んだり,近づいてくる巨大な草食恐竜から身を引いたりと,少なくとも筆者はつい身体が反応してしまって,ヴァーチャルリアリティが十分に体感できた印象だ。

視線で一筆書きパズルをクリアし,先へと進んでいくゲーム「LAND'S END」。断崖絶壁の上を進んでいくため,下を見ると足が竦むこと請け合い。空に飛び交うカモメ達を目で追って心を落ち着かせよう
Galaxy Galaxy
Galaxy Galaxy

「Jurassic World:Apatosaurus」は,映画「ジュラシック・パーク」の世界をVRで体験できるアプリ。短い時間だが,巨大な草食恐竜とのひとときを楽しめる。最初は寝ている草食恐竜だが,しばらくするとプレイヤーの存在に気づき,身を起こしてこちらに近づいてくる。その迫力に押されるが,手を伸ばして頭を撫でてあげたい気も……
Galaxy

日本では提供されていないが,視野角360度の映像を配信/視聴できる「Milk VR」というアプリが,VRによる擬似旅行などを実現させてくれそうで“未来”を感じた。日本でのサービスにも対応してくれれば,Gear VRの価値は大きく高まる気がする(公式サイト


仮想現実をどうしても体験したい人には良い製品


Galaxy
 Gear VRの素材はほぼプラスチックであり,重量は約318gと軽い。スマホ内蔵のバッテリーを使用するので長時間の使用には向かないが(充電しながらの使用は不可),ハイスペックなPCも,PCにつながるケーブルも必要なく,VR対応HMDの中では比較的安価で,VR体験までの導線をつなげやすい。

 そして現状,日本での公式の対応機種がGalaxy S6/S6 edgeの2つのみという,選択肢が非常に少ない点にも目をつむれば,周囲360度に広がる仮想現実の世界を見られるというわけだ。そう考えると「仮想現実をどうしても体験したい」という人にとっては良い製品ではないだろうか。

 ちなみに,先日行われたGDC 2016では,Gear VR版「Minecraft」がプレイアブル出展されており(関連記事),あまり遠くないうちに“マイクラ専用機”として使える可能性もある。冒頭の繰り返しになるが,初期投資額の高さにいったん仮想現実を諦めていた人は,Gear VRに注目してみてほしい。

Galaxy「Gear VR」製品紹介ページ


※お詫びと訂正
 初出時,本稿で取り上げている各種製品の価格に,さまざまな誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
  • 関連タイトル:

    Galaxy

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日