オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Brutal Legend公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
84
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
EA,プライベートカンファレンスでロック魂を熱く揺さぶる「Brutal Legend」を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/04/06 12:25

ニュース

EA,プライベートカンファレンスでロック魂を熱く揺さぶる「Brutal Legend」を公開

「PsychoNauts」など,個性的ゲームで知られるクリエイター,Tim Schafer氏(上)と,会場となったDouble Fine Productionsのオフィス
 ゲーム開発者ばかりでなく,その時期は世界中のゲームメディアがサンフランシスコに集まることから,最近のGame Developers Conferenceでは,各ゲームメーカーのプライベートイベントが増えてきた。
 セッションやレクチャーと時間帯が重なる場合も多く,場所も会場から結構離れていたりするので,なかなか取材班泣かせ。行ってみたらただのパーティだったとかあるし。我々は仕事中だからお酒は飲めないんだってば(ちなみに仕事がなくても筆者は下戸だから飲めないんだけど)。

 まぁそんな話はさておき,業界最大手メーカーの一つElectronic Artsも,会期中にいくつかのカンファレンスを用意しており,3月24日の午後から行われたのは「Brutal Legend」(正しくは“u”にドイツ語のウムラウトが付いている)のデモンストレーションであった。会場となったのは,サンフランシスコ市内にあるデベロッパDouble Fine Productionsのオフィスで,GDCの会場であるモスコーニ・センターからは1キロほど南に位置する。
 Brutal Legendは,2007年末に開発が発表されたタイトルで,「エレキギターを抱えたコミックス調のマッチョ男」というイメージポスターは,一見すると音ゲーを思わせるが,実は三人称視点のアクションゲームだ。
 当初は,Activisionからリリースされる予定になっていたが,例のVivendi Gamesとの合併騒ぎのあとにキャンセルされ,開発の先行きが不透明になっていたゲームでもある。昨年(2008年)末頃,EAがパブリッシングを担当することがアナウンスされ,今回のGDCで晴れてメディア向けのデモンストレーションが行われたというわけだ。

Brutal Legend

 Brutal Legendのテーマは「ロック」だ。それもスラッシーでへヴィな,ギンギンのヘビメタロックであり,説明してくれたDouble Fine ProductionsのCEO兼最高経営責任者であるTim Schafer(ティム・シェイファー)氏自身,そうした曲を聴き,影響されて育ってきたロック世代だという。本作では,そんなロックとファンタジーの融合を目指しているのだ(シナリオもSchafer氏が書いている)。

オフィスのボード一面に貼られた設定資料
Brutal Legend
 主人公のEddieがひょんなことからやってきたのは,北欧ファンタジー風の剣と魔法の世界。頭巾をかぶったデーモンに襲われた彼が,刺さっていた大斧を取り上げて反撃するところからデモは始まった。ここだけを見れば,ごく普通のチャンバラアクションという雰囲気で,コンボを決めたりしてスピーディに戦っていく。

 スクリーンショットを見ればすぐに分かるように,革ジャンを着込んだEddieはいかにもなロック野郎で,声優は「スクール・オブ・ロック」などで有名なハリウッドスターのJack Black(ジャック・ブラック)氏が担当している。ほかにも現役のロックスターが数多く声を当てているとのこと。
 グラフィックスはご覧のとおりのアメコミ調で,リアリティよりはダークファンタジーの雰囲気が追求されている。ゲームシステムは,ミッションを受けてそれをクリアすると,また次のミッションが出てくるリニアなものだが,総面積約64平方kmに及ぶというマップはかなり広大で,そこを徒歩や車で自由に移動できるようだ。ダンジョンあり平原地帯あり,あるいはゴシック調の神殿ありと,ロケーションもなかなか豊富である。

Brutal Legend
Brutal Legend

 やがてEddieは,Opheliaという女性と知り合い,デーモンと戦うレジスタンスグループを支援していくことになる。彼の仕事は,奴隷となった人々を解放して,軍を作り上げることだ。
 「電撃と火炎を食らわすギターが武器」「敵も味方も衣装がハードロック」など,ロックと関係のあるアイテムやセリフが随所に登場するが,残念ながらロックについて門外漢である筆者にはよく分からない部分も多かった。ただ,アメリカのメディアにはやたら受けていたので,詳しい人にはかなり面白い世界になっている模様である。
 ロックのパワーで奴隷となっていたヘッドバンガー達を解放した主人公は,デーモンの軍勢と正面衝突する。この大規模な戦闘も本作の特徴の一つで,プレイヤーは「待機」や「攻撃」などの簡単な命令を下すことができ,最大40ユニット対40ユニットの戦いまで楽しめる。
 ミッションの数はメインが23で,サブが30種類以上。サブミッションをこなすことで,特別な場所へ行けたり,特殊なアイテムが手に入ったりしてメインが進めやすくなる仕組みだ。

Brutal Legend
Brutal Legend

 Brutal Legendは,最初の発表からはだいぶ遅れてしまったが,2009年の遅くに発売される予定になっている。対応機種は今のところXbox 360とPLAYSTATION 3が予定されており,日本語版については「検討中」とのことだった。
 ただShafer氏は,自分の名刺に日本語の名前を入れるほどの日本好きのようだし,EAの広報担当者も「出るとすれば,英語版とほぼ同時になる」と微妙に具体的な発言をしていたので,可能性はあるかもしれない。
 ただし,テーマがロックとダークファンタジーで,しかも全体的にユーモラスというか,アメリカンなバカバカしさの漂う本作だけに,ちょっとプレイヤーを選んでしまいそうな気はする。ともあれ,続報を待ちたい。

  • 関連タイトル:

    Brutal Legend

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月