オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
カルドセプトDS公式サイトへ
読者の評価
73
投稿数:6
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
参加者5832人の頂点は誰だ! 「カルドセプトDS」公式全国大会本選の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/03/02 20:07

イベント

参加者5832人の頂点は誰だ! 「カルドセプトDS」公式全国大会本選の模様をレポート

 2月28日,東京・羽田にあるセガ本社にて,ニンテンドーDS用ソフト「カルドセプトDS」の公式全国大会,ALL JAPAN CEPTER'S CUP 2008の大会本選が行われた。
 カルドセプトDSは,セガサターン用ソフトとして産声を上げた人気カードゲームシリーズの最新作。トレーディングカードゲームと,スゴロクのようなボードゲームを組み合わせた感じのゲームで,ダイスの目に従ってマップを回りつつ,カードを駆使して領地を増やしていくという内容だ。
 シリーズ初の携帯ゲーム機版である本作は,ニンテンドーDSというハードの特徴を生かし,ロード時間を感じさせないゲーム展開や,上下2画面に表示される過不足ない情報量,気軽に楽しめるワイヤレス対戦/Wi-Fi対戦など,スキのない仕上がりを見せている。もちろん,シンプルながらも奥深いゲーム性や,重厚な世界観/イラストレーションなども健在で,シリーズファンを喜ばせている。

カルドセプトDS カルドセプトDS
カルドセプトDS カルドセプトDS

 ALL JAPAN CEPTER'S CUP 2008の会場には,2008年11月から2009年2月にかけて全国5都市で開催されてきたカルドセプトWi-Fi予選会を,見事勝ち上がってきた64人のセプターが一堂に集結。会場となったセガ本社のホール内は,同好の人々が集まったことで和気藹々とした空気に包まれていたものの,セプター達の表情は真剣そのものであった。

 ちなみにセガ本社のエントランス付近には,昨年の8月に秋葉原で行われた「カルドセプト カードアート展」を再現したかのように,カードアートとイメージアートがところ狭しと展示されていた。カードアートはカード別,シリーズ別,作家別で,どういった内容なのかといったところまでが詳細に解説されており,カルドセプトファンにとってはついつい見入ってしまう,すばらしい展示物である。

カルドセプトDS
カルドセプトDS カルドセプトDS

「カルドセプトDS」のプロデューサーを務める,ジャムズワークスの武重康平氏
 定刻時間の午前11時を少々過ぎた頃,ついに大会が始まった。まずはカルドセプトDSのプロデューサーを務める武重康平氏がマイクを握り,「実はさっき調べたんですけど,Wi-Fi対戦の試合数は合計で38430試合ということが分かりました。このことからも分かるように,今回は過去最大規模の大会になります。今日はその頂点を決める大会ですので,過去に例を見ないハイレベルな戦いが見られるのではないかと思います。1戦1戦を大事にして頑張ってください! 今日は長い1日になると思いますので,観客の皆さんも一緒になって応援してください。観ているのもプレイするのも,両方がカルドセプトの楽しさだと思うので」と力強く語ってくれた。


大宮ソフト 代表取締役社長の鈴木英夫氏
 続いて,カルドセプトDSの開発を手がける大宮ソフトの代表取締役社長,鈴木英夫氏が挨拶を行った。「先ほど竹重さんも言われてましたが,今回は過去最大規模の大会です。僕はWi-Fi予選のログレコードを管理しているのですが,夜中などに何万件ものログレコードを泣きながらプログラムにかけたりしています(笑)。でも何万件って一口にいっても,その一件一件が皆さんの真剣勝負の記録なんだなって実感しています。また,それだけに今回,優勝した方にはこれまで以上の価値があると感じています……っていうふうにプレッシャーをかけさせてもらいますよ(笑)。今日は正々堂々と試合を楽しんでください!」

 その後,大会でのルール説明や注意事項をはさみ,出場選手の紹介コーナーが設けられた。選手達は自分の顔が正面の大型モニターに映るということもあってか,真剣な表情のなかに,どこか照れくさそうな色も浮かべていた。

カルドセプトDS カルドセプトDS


 オープニングセレモニーが終わり,ついに本選スタート。本選は1回戦(4人対戦×16グループ),準決勝戦(4人対戦×4グループ),決勝戦(4人対戦×1グループ)という具合で進んでいき,最後まで勝ち抜いたセプターが優勝となる。

カルドセプトDS

 さすがに予選を勝ち抜いてきた猛者達のバトルだけに,初っ端から高レベルな戦いが繰り広げられる。そして,バトルが見せ場を向かえると,観客達のテンションも一気にヒートアップし,すさまじい歓声がホール内を包み込む。
 そんな息もつかせぬ試合が続く中,見事決勝に勝ち進んだのはカッパ選手,hiton選手,かむいまる選手.かよ選手の4人。なかでもかっぱ選手とかむいまる選手は,過去にも全国大会の本選を通過したことのある猛者中の猛者だ。そういった意味では,彼ら二人の決勝進出は順当といえるものだろう。

 そして,しばしの休憩タイムの後,いよいよ決勝戦がスタート。決勝では,解説コメントなどから情報が漏れて,戦略に影響を与えてしまうことを防ぐため,4人はヘッドフォンを装着しての試合となった。
 序盤,かよ選手が若干遅れをとったものの,途中から逆転して一気にトップになるなど,今まで以上に気の抜けない展開が続く。そのためか,関係者や観戦者だけではなく,取材陣までもがモニターに釘付けとなる。
 4人の力は拮抗しており,その後はだれが勝ってもおかしくない状態に。しかし,最後は僅差でかむいまる選手が勝利をもぎ取った。その瞬間,参加者5832人の頂点はかむいまる選手に決定し,昨年の11月から続いた長きにわたる戦いに,ようやく終止符が打たれたのである。



 ちなみに決勝戦のあと,参加者全員と,開発者やゲーム中のイラストを担当するイラストレーターの方達によるジャンケン大会が突如行われ,勝った人には開発者/イラストレーターから手渡しで景品が贈られた。
 また,優勝したかむいまる選手には,鈴木氏からゲームソフトや小説といった数々の副賞が送られた。そして中でも注目の賞品は,なんとダウンロードマップの作成権。カルドセプトを知り尽くしたかむいまる選手だけに,どのようなマップを作成するのか興味は尽きないところ。ちなみにかむいまる選手が作成したマップは,完成したのちに配信される予定となっている。
 閉会式では,プロデューサーの武重氏が再びマイクを取り,「色々とバタバタもしましたが,皆さんのおかげでここまでやってこられました。今後もカルドセプトの大会は続けていきます。そのときはまた皆さんと一緒にやれればいいなと思います」と,今後も大会を継続する意志を明らかにした。最後は全員で,「カルドセプト」大会ではおなじみの「カルドさいこー!」の掛け声と共に,大会は幕を閉じた。

  • 関連タイトル:

    カルドセプトDS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月