オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/15 23:03

イベント

プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

 2019年10月14日,東京・秋葉原のe-sports SQUARE AKIHABARAにて,ユニットコム主催によるイベント「LEVEL∞×令和ゲーミング スポンサード契約発表会&ファンミーティング」が開催された。
 令和ゲーミングは,「レンボーシックス シージ」PC / PS4 / Xbox One)(以下,R6S)の競技プレイヤーである5名に,3名のストリーマーを加えて2019年9月に結成されたプロチームだ。同イベントでは,この令和ゲーミングについてのさまざまなアナウンスが行われたほか,同じくプロチームである「SCARZ」「父ノ背中」を招いてR6Sによるエキシビションマッチが実施された。本稿ではこの模様をレポートする。

画像(001)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

「令和ゲーミング」公式サイト

「LEVEL∞」公式サイト



「令和ゲーミング」スポンサード契約発表会

 
 イベントでは,まず令和ゲーミングのメンバー8名が改めて紹介されるとともに,同チームの代表でありストリーマー部門に所属する017_Reinaさん,スポンサーを務めるユニットコムの石田雅人氏が登壇。スポンサード契約の調印式が行われた。

令和ゲーミングのメンバー達。前列左から,ストリーマー部門に所属するあずきもなかさん,017_Reinaさん,ほろ酔いさん。後列左から,プロ選手としての契約となるTaityo選手,folie選手,HaRuSAN選手,ニョス選手,Seeker選手
画像(002)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

オープニングでは,メンバーが思い思いのポージングで入場。自己紹介や今後の目標などを語った
画像(003)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる 画像(004)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
画像(005)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる 画像(006)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

スポンサード契約に調印するユニットコムの石田雅人氏と,令和ゲーミング代表の017_Reinaさん
画像(007)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

 続いて日本AMDの佐藤美明氏,ユービーアイソフトの宮田幸子氏が登壇。佐藤氏はLEVEL∞の令和ゲーミングコラボPCの紹介を行い,同製品に搭載される「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」の性能をアピールした。また宮田氏からは,いまだ右肩上がりで拡大を続けているR6Sの競技シーンについて,来場者に説明が行われた。

画像(008)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
日本AMD ジャパンマーケティング本部 マーケティングスペシャリストの佐藤美明氏
画像(015)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
ユービーアイソフト,eスポーツシニアマネージャーの宮田幸子氏

左藤氏からは,令和ゲーミングコラボモデルに搭載されるRyzenやRadeonの各製品についてプレゼンが行われた
画像(009)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる 画像(010)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
画像(011)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる 画像(012)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

コラボモデルは,LEVEL∞から3モデルがリリース予定だ
画像(013)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
画像(014)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

R6Sの競技シーンを紹介する宮田氏。2019年11月に愛知で開催される世界大会,2020年3月に開催予定の「R6祭」に触れつつ,ユービーアイソフトは,2022年まで同作の競技シーンをサポートし続けることが明言された
画像(016)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる 画像(017)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
画像(018)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる 画像(019)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる


令和ゲーミング船出の一戦。SCARZ,父ノ背中との三つ巴エキシビションマッチ


 メディア向けの契約発表会のあとは,一般観覧者を招いたR6Sのエキシビションマッチが行われた。令和ゲーミングのプロ選手5名のほか,すでにプロチームとして活動している2チーム――SCARZ,父ノ背中も参加し,3チームによる総当たり戦がスタートとなった。

エキシビションのルール説明。レギュレーションは7ラウンド先取のBO1だ
画像(020)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

画像(021)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
SCARZの面々
画像(022)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる
父ノ背中の面々

エキシビションマッチ開催前には,令和ゲーミングのコーチとしてramu氏が加入することも発表された
画像(023)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

 令和ゲーミング初の試合となった1試合目は,SCARZとの対戦だ。
 開始早々3ラウンドを先取される厳しい立ち上がりの令和ゲーミングだったが,第4ラウンドで初のファーストブラッドを取ると,そのままラウンドを奪取する。続く5,6ラウンドも連取して,攻守が入れ代わる第7ラウンド目を3-3で折り返すことに成功した。
 このまま勢いに乗りたい令和ゲーミングだったが,ここからSCARZの逆襲が始まる。第7ラウンドで3対1という不利を覆してSCARZが勝利すると,続く第8,9ラウンドも連取して,マッチポイントへリーチをかけた。
 あとがなくなった令和ゲーミングは,粘り強く戦って第10,11ラウンドを取り返すも,第12ラウンド残り50秒のところでSCARZが猛攻を見せる。4人対4人の拮抗状態を一瞬で崩され万事休す。トータルスコア7-5でSCARZが勝利し,古豪プロチームの貫録を見せた。

令和ゲーミングとしては,試合の立ち上がりと攻守が代わった第7〜10ラウンドの3連敗×2が,勝敗に大きく響いた格好だ
画像(024)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

 2試合は,SCARZ対父ノ背中というゲスト同士の対戦だ。ヴィラステージを舞台に,SCARZが攻撃側,父ノ背中が防衛側からのスタートである。
 3分というアクションフェーズをフルに使い切り,じりじりと戦線を押し上げていくラウンドが続くも,先にリードを奪ったのは父ノ背中。攻守交替までの前半6ラウンドのうち4ラウンドで勝利し,優位な状況で後半戦へ。
 しかし,防御側に回ったSCARZはここから本領を発揮する。優位な状況から第7ラウンドを守り切ったかと思えば,続く第8ラウンドでは1人残されたDemic選手がトリプルキルを達成するスーパープレイを見せて逆転。試合を4-4の五分に引き戻し,流れはSCARZのものに。父ノ背中は第10ラウンドを取って対抗するも,その後の第11,12ラウンドを落として敗北。令和ゲーミング戦に続き,7-5でSCARZが勝利を手にした。

ゲストチーム同士の対決はSCARZの勝利。10月頭にロースター(大会メンバー)変更を行った新生父ノ背中は一歩及ばず
画像(025)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

 この日,最後の試合となる令和ゲーミング対父ノ背中のカードは,1試合目と同じくクラブハウスが舞台の対決となった。
 ここで先制したのは父ノ背中だ。ファーストブラッドを取り,有利な状況から相手を追いつめる手堅い試合展開で1〜3ラウンドを先取する。第4,5ラウンドは令和ゲーミングに譲ったものの,前半戦ラストの第6ラウンドを,あどみん選手がトリプルキルを決める快勝で飾り,4-2と父ノ背中が勝ち星で先行する状態で後半戦へ。
 しかし後半戦も,父ノ背中の猛攻は止まらない。試合内容では拮抗しつつも,なかなか勝利につながらない令和ゲーミングは,第8,9ラウンド目を落として絶体絶命に。だが,ここから令和ゲーミングが驚異の粘りを見せる。第10ラウンドを1on1の状況から辛くも勝利した令和ゲーミングは,その後は手堅い立ち回りで父ノ背中を圧倒。第11,12ラウンドを連取して,勝ち星を6-6-で拮抗させることに成功する。

 そして迎えたオーバータイム(延長戦)。ここからは,先に2勝を挙げたチームが勝利となる。
 勢いに乗る令和ゲーミングは,オーバータイム第1戦をSeeker選手のトリプルキルという派手な活躍で勝利を収めた。一時はギリギリまで追いつめられた令和ゲーミングによる逆王手に会場がざわつくも,最後に勝負強さを見せたのは父ノ背中だった。オーバータイム第2戦をあびつん選手操るMONTAGNEの盾を活用したプレッシャーでもぎ取ると,第3試合は敵チーム4名を十数秒で葬る鮮やかさを見せての勝利。先輩プロチームとしての面目を守り,父ノ背中がこのカードを制する形となった。

オーバータイムにもつれこむ接戦になった令和ゲーミング対父ノ背中。令和ゲーミングは敗れたものの,スポンサード契約時にリーダーのニョス選手が語った「ウチは勢いに乗ったら強い」の言を証明する試合だったと言える
画像(026)プロチーム「令和ゲーミング」の初陣が披露された「スポンサード契約発表会&ファンミーティング」レポート。R6Sで「SCARZ」「父ノ背中」と激戦を繰り広げる

 なお今回のイベントの模様は,YouTubeの配信アーカイブで視聴が可能だ。令和ゲーミングのデビュー戦での活躍,また試合の詳細な流れが知りたい人は,以下のリンクから観戦してみてほしい。


「令和ゲーミング」公式サイト

「LEVEL∞」公式サイト

  • 関連タイトル:

    LEVEL∞

  • 関連タイトル:

    レインボーシックス シージ

  • 関連タイトル:

    レインボーシックス シージ

  • 関連タイトル:

    レインボーシックス シージ

  • 関連タイトル:

    レインボーシックス シージ デラックスエディション

  • 関連タイトル:

    レインボーシックス シージ デラックスエディション

  • 関連タイトル:

    レインボーシックス シージ デラックスエディション

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月