オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
主演声優さん自らミュージックアクションにも挑戦。「ブルーブラスター」発売記念イベント
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2006/07/11 15:55

ニュース

主演声優さん自らミュージックアクションにも挑戦。「ブルーブラスター」発売記念イベント

 アドベンチャー&RTSタイトル「ブルーブラスター」の発売から1週間少々が経過した7月8日の土曜日,東京は秋葉原のラオックス アソビットゲームシティ6Fで,ブルーブラスター発売記念イベントが開催された。2006年7月5日のニュースでお伝えしたとおり,主人公のボイスキャストを務めた井ノ上奈々さんと,主題歌とキャラクターボイスの両方を担当した「Baby-POP」の阿部玲子さん,金綱良美さん,根本智佳さんが出演したこの催しには,同作品を購入した熱心なファン60名あまりが来場して用意された席をほぼいっぱいにし,ミニコンサートやトークショウを楽しんでいた。

 開場予定の16時から若干遅れて始まったイベントは,作品にちなむ筆記試験「『ブルーブラスター』第一次センター試験」で幕を開けた。登場人物の似顔絵や,開発時のエピソードなども含むこの試験はイベント中に採点され,後刻成績優秀者への表彰も行われる。
 試験時間である約10分が経過したのち,出演者が順にステージに登場した。井ノ上奈々さんはDream Partyに引き続き,主人公ミチルの扮装で登場,さっそく会場内を沸かせていた。続いて,「Baby-POP」の阿部玲子さん(パトリシア役),金綱良美さん(アヤカ役),根本智佳さん(シュディ役)が登場,簡単な自己紹介を行った。来場者がどこから駆けつけたか,出演者各自が今日何時に起きて何をしていたかといった,いかにも口切りっぽいトークに続いて,それぞれ役作りに苦労した点や,主人公ミチルの印象などについての話題が展開される。井ノ上奈々さん自身としては,ミチルのような少年がいたらいじりまくる(からかいまくる)とか,根本智佳さんとしては逆にいじられたいとか,そういったノリだ。
 また,金綱良美さんはゲームのアフレコが初めてということもあり,極度に緊張してスタッフに深呼吸のアドバイスを受けることがあったとか。同じくゲームアフレコ初挑戦の根本智佳さんは,気をつけるべき点が多くて,これまた大いに緊張したとのこと。
 なお,阿部玲子さんが演じたキャラクターのパトリシアは関西弁風の言葉をしゃべるが,これは脚本の記述レベルでかなり怪しいシロモノであり,スタッフの間で「パトリシア弁」と呼ばれていたなどというエピソードも,その場で開陳された。

写真上段:ユニット「Baby-POP」の面々。左から阿部玲子さん,金綱良美さん,根本智佳さん。普段プレイするゲームについて聞いてみたところ,根本さんは“何千人も斬っちゃうアクションゲーム”,阿部さんはRPG/タクティカルRPGと恋愛シム,金綱さんは格闘ゲームらしい。ちなみに井ノ上奈々さんは“塊を転がすヤツ”だとか
写真下段:主人公ミチルの扮装で登場した井ノ上奈々さんと,司会を務めた工画堂スタジオ公式パーソナリティの桜 ふみさん,そして,「『ブルーブラスター』第一次センター試験」の様子


 トークが一段落したところで,ステージでは出演者によるアフレコ再現が披露された。これは,今日のために書き下ろされた寸劇風の台本に沿って,出演者がその場で声の演技を付けるというもの。アドリブやパロディネタのきわどい処理(?)も含め,会場の笑いを誘うノリノリの内容だった。
 それに引き続いて行われたのが,ブルーブラスターの主題歌「Love★Drivin'」の曲データを用いた,井ノ上奈々さんによるミュージックアクションシステムのプレイ。今回は主題歌を担当するBaby-POPの面々が揃っているだけに,ゲームの進行に合わせて生のボーカルが流れるという,たいへん豪華な趣向となった。井ノ上奈々さんも,短い練習時間の割にかなり健闘していた様子だ。

写真上段:アフレコ再現の様子。アドリブや,それへのツッコミなどを交えて,来場者には大受けだった様子
写真下段:主題歌「Love★Drivin'」を使ったミュージックアクションに挑戦する井ノ上奈々さんと,その横で生のボーカルを提供するBaby-POP


 ミュージックアクションの後は,冒頭で行われた「『ブルーブラスター』第一次センター試験」の,答え合わせと表彰だ。会場にはすでに全ルートをクリアしたという剛の者も来ており,成績優秀者には先刻のアフレコのサイン入りオリジナル台本やら,会場に飾られた1点モノ大型POP(どうやって持ち帰ったらいいのだろう?)などを含む記念品が贈られた。

成績優秀者への表彰の様子と,その場でPOPにサインする出演者達


 さて,プログラム最後のアトラクションとなったのは,Baby-POPによるミニコンサートである。来場者の席にはあらかじめサイリュームが用意されていたわけだが,それをおとなしく振るくらいではもちろん飽きたらず……というか,実に声優さんのイベントらしく,ステージ前ではファンがジャンプし,要所要所でかけ声を入れる,おなじみの光景が展開された。



 ミニコンサート終了後には,キャラクターイメージソングの告知もそこそこに,井ノ上奈々さんの誕生日を祝うサプライズイベント開始。ステージにはケーキが運ばれ,花束贈呈の場面では,井ノ上奈々さんが思わず目を潤ませる一幕もあった。ちなみに,ブルーブラスターにおける各キャラクターの誕生日設定は,担当声優さんのそれになっているという裏話もあるらしい。

 ゲームの主要キャスト4人が歌ったり踊ったり焦ったりするさまを間近に見られるという,ファンにはたいへん中身の濃いものとなったであろう今回のイベント。ゲーム本編のプレイはもちろんのこと,主題歌のシングルCDやキャラクターイメージソングCDといった関連製品を通じて,彼女達のさらなる活躍に触れてみるのも楽しいかもしれない。近年の工画堂スタジオ作品を楽しむファン層の,カルチャーの一端に触れられたという意味でも,たいへん興味深いイベントだった。(Guevarista)

  • 関連タイトル:

    ブルーブラスター

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/07/17)
ブルーブラスター
Software
発売日:2006/06/30
価格:¥5,500円(Amazon) / 8126円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月01日〜08月02日
タイトル評価ランキング
68
2021年02月〜2021年08月