オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/16 11:00

ニュース

「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売

 ゲーマー向け製品ブランド「Logicool G」(日本以外ではLogitech G)を代表するマウス「G502」シリーズが,ついにワイヤレスとなって登場だ。
 2019年5月16日,Logitech Internationalの日本法人であるロジクールは,新型ゲーマー向けマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless Gaming Mouse」(型番:G502WL,以下 型番表記)を5月30日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価は1万8380円(税込1万9850円)となっている。

G502WL
画像(007)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売

 G502シリーズといえば,2014年に初代となる「G502 Proteus Core Tunable Gaming Mouse」が登場したのを皮切りに,2016年には約1677万色対応のカラーLEDを採用した「G502 Proteus Spectrum RGB Gaming Mouse」が,2018年10月には,Logitech独自の第2世代光学式センサー「HERO 16K」を採用して刷新した「G502 HERO Gaming Mouse」(以下,G502 HERO)が登場するといった具合に,改良を加えられながらもリリースされ続けていた人気のマウスである。

 今回のG502WLは,G502 HEROをベースにワイヤレス化を実現した製品だが,単にワイヤレスになっただけには止まらない。「G900 Chaos Spectrum Professional Grade Wired/Wireless Gaming Mouse」(以下,G900)で採用され,今ではLogicool Gのワイヤレスマウスで広く使われているワイヤレス通信技術「LIGHTSPEED」を採用することで,ワイヤレス部分の遅延を約1msまで短縮しているのが見どころだ。

G502WLの底面と錘,付属のLIGHTSPEEDワイヤレスアダプターの構成が分かるCG
画像(006)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売
 もう1つの見どころは軽さだ。バッテリーやワイヤレス機能を内蔵しながら,ワイヤードマウスであるG502 HEROの約121gよりも軽い約114gを実現しているのである。G502シリーズの伝統的な仕様である錘(おもり)によるウェイト調整機能も備えており,6つの錘を組み込むと総重量は約130gになるそうだ。

 さらに,G502WLの充電機能は,マウスパッド状のワイヤレス自動充電システム「POWERPLAY Wireless Charging System」(以下,POWERPLAY)に対応しているので,POWERPLAYの上に置いて使う限り,バッテリー残量を気にすることなくワイヤレスマウスを使い続けられるのである。

 マウスとしての基本的な仕様はG502 HEROと変わっておらず,12ボタン仕様の右手用で,最大トラッキング速度400IPS,最大加速度40Gといったスペックはそのままだ。G502シリーズを使い慣れたユーザーであれば,何の違和感もなしに使えそうである。

左メイン脇や左サイドに多数のボタンを配置するデザインは,G502 HEROとまったく変わっていない。Logicool Gのロゴマーク部分には,カラーLEDが埋め込まれている
画像(003)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売 画像(005)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売

俳優のケイン・コスギ氏
画像(010)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売
 5月16日にロジクールが開催した製品発表会には,Logicool Gオフィシャルストリーマーである俳優のケイン・コスギ氏がゲストとして登壇。幼い頃に友達の家で遊んだATARIのゲーム機で始まったゲーム遍歴を披露したうえで,現在も肉体的なトレーニングと同じくらいの毎日3時間ほど,休みの日には8〜9時間ほどを「League of Legends」などのプレイに費やしているという。

 そんなコスギ氏だが,据え置き型ゲーム機を中心にゲームをプレイしていたため,PCゲームに挑戦し始めたのは3年ほど前とのこと。ゲームに適したマウスを選ぶなかでG502シリーズと出会い,手にフィットすることから使い始めたそうだ。
 国内では重量の軽いマウスが好まれる傾向にあるが,コスギ氏は,重いマウスのほうが好みだそうで,G502 HEROも錘をフルに入れた状態で使っているという。多数のボタンを柔軟にカスタマイズできる点も好んでいるそうで,今では常に2台を用意しているとのことだった。

画像(008)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売
 さて,これまではワイヤードのG502シリーズを使っていたコスギ氏だが,評価用に渡されたG502WLを使ってみて,「やっぱりワイヤレスは最高」(コスギ氏)と実感したという。ワイヤードマウスでは,どうしてもケーブルが何かに引っかかってプレイに支障を来すことがあるもの。「ちょっとでも引っかかるのがなくなるのはありがたい」と,コスギ氏は率直な感想を述べていた。
 多くのゲーマーが,ワイヤレスマウスで懸念点として挙げる遅延の問題も,プレイ中はまったくなかったと,コスギ氏は明快に述べている。LIGHTSPEEDの低遅延や安定性は4Gamerで掲載したG900のレビューでも実証済みなので,コスギ氏のサービストークというわけではないだろう。

発表会では,G900と他社製ワイヤレスマウスの計4製品で,無線の干渉具合を調べたというスライドが示された。円を描くようにマウスを動かした結果を画像として記録したもので,いずれも左端がワイヤード接続,中央がワイヤレス接続で,右はワイヤレスかつ電波干渉を受けた状態での計測となっている。G900は,干渉を受けた状態でも結果がワイヤードとほとんど変わらず,安定した通信が可能であると,ロジクールは主張しているわけだ
画像(011)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売

画像(009)「G502」がついにワイヤレスに。Logicool Gから新型ワイヤレスマウス「G502 LIGHTSPEED Wireless」が5月30日に国内発売
 税込で約2万円前後という価格がハードルとなる点は否めない。しかし,Logicool G自慢のセンサーとワイヤレス技術を組み込んだ多ボタンマウスが,ワイヤードマウスよりも軽い製品として登場したという点に惹かれる人は少なくないだろう。

●G502WLの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:「HERO 16K」
  • 主要ボタン数:12個(左右メイン,チルト&センタークリック機能付きスクロールホイール,スクロールホイール手前×2,左メイン脇×2,左サイド×3)
  • メインボタンスイッチ耐久性:5000万回
  • トラッキング速度:400IPS
  • 最大加速度:40G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜16000 DPI
  • レポートレート(ポーリングレート):1000Hz
  • データ転送フォーマット:16bit/axis
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • オンボードフラッシュメモリ:搭載(容量未公開)
  • LEDイルミネーション:搭載(LIGHTSYNC対応)
  • 公称本体サイズ:75(W)×132(L)×40(H)mm
  • 公称本体重量:約114g(※錘含まず)
  • マウスソール:PTFE
  • 公称ケーブル長:確認中
  • 対応OS:Windows 7以降,OS X 10.11以降,Chrome OS
  • メーカー想定売価:1万8380円(税別)
  • 保証期間:2年間

ロジクールのLogicool G公式ページ

  • 関連タイトル:

    Logitech G/Logicool G

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月