オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Razer,ゲーム実況者向けのLEDリングライト付きWebカメラとスタンドマイクを発表。汎用性重視のヘッドセット2製品も
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/10/23 16:10

ニュース

Razer,ゲーム実況者向けのLEDリングライト付きWebカメラとスタンドマイクを発表。汎用性重視のヘッドセット2製品も

 北米時間2017年10月20日,Razerは,ゲーム実況配信者向けの周辺機器として,Webカメラ「Razer Kiyo」(以下,Kiyo)とUSB接続型のマイク「Razer Seirēn X」(以下,Seiren X)を発表した。

KiyoとSeiren XをノートPCと組み合わせて使用しているイメージ
Razer

 Kiyoは,話者の顔を明るく照らすLEDリングライトをカメラの周囲に円を描くように配置したのが特徴の製品。一方のSeiren Xは,既存のRazer Seirēnシリーズよりもシンプルなデザインと機能を採用した廉価版と言うべき製品だ。
 両製品とも,Razer直販ページ「RazerStore」においては99.99ドル(税別)で発売済み。世界市場では2017年第4四半期中の発売予定となっている。


Kiyo


 Kiyoは,ディスプレイ上に取り付けるときにはクリップになるスタンドを備えるWebカメラで,液晶ディスプレイやノートPCのの液晶パネル上部にある額縁部へ取り付けられる仕組みになっている。

Kiyoの左側面(左)。机上で使うときはスタンドをそのままスタンドとして,ディスプレイの上に取り付けるときは,右のようにスタンドをクリップとして使い,挟み込んで使うことになる
Razer Razer

 カメラの周囲に配置されたLEDリングライトは全部で12個あり,色温度は5600K,明るさは1mの距離で10ルクスとのこと。LEDを囲むリング部分は調光スイッチとなっており,照明オフと合わせて12段階に明るさを調整できるそうだ。

カメラの周囲には,明るさを調整可能な12個のLEDリングライトを装備する
Razer

 内蔵するカメラは720pで60fps,1080pの場合は30fpsの映像を記録できるとのこと。Webカメラ自体はシンプルなもので,Razerが2016年1月に発表した「Razer Stargazer」のように,話者の背景を自動で切り抜いたり,ジェスチャを認識したりといった機能は備えていない。
 配信ソフトウェアは「XSplit」および「Open Broadcaster Software」を利用可能とのことだ。


●Kiyoの主なスペック
  • 基本仕様:USB接続ワイヤードタイプ
  • LED:白色LED×12,色温度 5600K,輝度 10ルクス@1m
  • 接続インタフェース:USB×1
  • 搭載ボタン/スイッチ:LED輝度調整ダイヤル
  • 本体サイズ:未公開
  • 重量:未公開
  • ケーブル長:1.5m
  • 主な付属品:USB 2.0ケーブル,プロダクトインフォメーションガイド
  • 対応OS:Windows 7以降
《カメラ部》
  • 視野角:81.6度
  • 画素数:約400万画素
  • 録画解像度:1080p/30fps,720p/60fps,480p/60fps,360p/60fps
  • 対応映像コーデック:H.264,Motion JPEG
  • フォーカス:オートフォーカス
《マイク部》
  • 録音音声周波数:48kHz
  • サンプリング周波数:16bit
  • 感度:−38dB
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:未公開
  • 指向性:無指向性
  • ノイズキャンセリング機能:未公開


Seiren X


 Seiren Xは,USB接続タイプのスタンド付きマイクであるが,従来のRazer Seirēnが,大きめのマイク本体と金属製でガッシリしたスタンドで構成されていたのに比べると,だいぶシンプルな外観となっている。

Seiren X。1本足のスタンド上にマイクが載ったデザインになった
Razer

 スタンド部分は根元が稼動する仕組みで,話者の声を拾いやすい角度に調整できるという。

スタンド部分は根元が稼動して,角度を調整できる
Razer Razer

ショックマウント構造のイメージイラスト。集音器の下にあるカップ状のものがそれだろう
Razer
 Seiren Xの特徴としてRazerがアピールしているのは,マイクの内部にショックマウント機構を内蔵したという点だ。既存のRazer Seirēnシリーズでは,標準スタンドと交換して取り付けるショックマウントがオプションとして用意されていたのだが,この仕組みをマイクに内蔵しているのがポイントという。
 机上に置いて使うマイクだと,プレイが白熱したときに,キーボードやマウスを叩く衝撃が振動としてマイクに伝わってしまうが,ショックマウントを内蔵することで,そうした騒音をマイクが拾ってしまうことを避けようということだろう。実際にどの程度の効果があるのかは分からないが,ゲーム実況用途を志向した製品らしい特徴ではある。

 マイク本体には,直径25mmのカプセルを1基内蔵しており,実況配信向けに,マイク前方にいる話者の声を拾いやすいように,カージオイド型をさらに最適化した「Super cardioid」型の指向性を採用しているとのこと。既存のRazer Seirēnシリーズは,指向性を4種類から選択できるのが特徴であったが,廉価版のSeiren Xは,話者方向に特化したということのようだ。
 スペック面でも,Seirēnがサンプリング周波数192kHz,ビットレート24bitという,いわゆるハイレゾ品質に対応していたのに対して,Seirēnはサンプリング周波数44.1〜48KHz,ビットレート16bitと,CD-DA並みの品質となっている。

 なお,製品写真ではどこにあるのか判然としないのだが,3.5mmミニピンのヘッドフォン出力端子も備えており,マイクに入力した音声をヘッドフォンでモニタリングできるとのことである。

 米ドルでも179.99ドル,国内価格は2万5000円前後で販売中のSeirēnと比べれば,100ドル程度のSeiren Xは手の届きやすい価格になったともいえ,収録環境のアップグレードを検討している実況配信者にとっては,興味深い製品となるかもしれない。

●Seiren Xの主なスペック
  • 基本仕様:USB接続ワイヤードタイプ
  • サンプリング周波数:44.1〜48kHz
  • ビットレート:16bit
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • 感度:17.8mV/Pa
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:110dB
  • 指向性:カージオイド(Super cardioid)
  • 接続インタフェース:USB×1,3.5ミニピン入力×1
  • 搭載ボタン/スイッチ:マイク入力音量調節ダイヤル,マイクミュートボタン
  • 本体サイズ:未公開
  • 重量:未公開
  • ケーブル長:未公開
  • 主な付属品:サポートロッド,デスクスタンドベース,USB Micro-Bケーブル
  • 対応OS:Windows 10/8.x/7,Mac OS X 10.8以降

RazarのKiyo 製品情報ページ(英語)

RazarのSeiren X 製品情報ページ(英語)


 またRazerは,北米時間2017年10月19日付けで,アナログ接続型のワイヤードヘッドセット「Razer Electra V2」(以下,Electra V2)と,USB接続型ワイヤードヘッドセット「Razer Electra V2 USB」(以下,Electra V2 USB)の2製品も発表している。
 Electra V2は,汎用性を重視したゲーマー向けヘッドセットで,4極3.5mmミニピンタイプの接続端子により,PCだけでなく据え置き型ゲーム機やモバイルデバイスでの使用も可能であるという。一方のElectra V2 USBは,Electra V2のUSB接続型モデルで,PCとMac,PlayStation 4対応とされている。
 Razer直販サイトでの価格は,Electra V2が59.99ドル,Electra V2 USBは69.99ドル(いずれも税別)。国内での発売時期や価格は発表されていない。

Electra V2(左)とElectra V2 USB(右)。Electra V2 USBは,側面にあるRazerのシンボルマークが緑色に光る仕組みだ
Razer Razer

付属のブームマイクは着脱可能である(左)。Electra V2 USBは,PS4にも対応するUSB接続型ヘッドセットというのがポイントだ
Razer Razer

 両製品とも,長時間使用を想定し,快適さと耐久性を重視した革製イヤークッションを採用し,左右エンクロージャをつなぐアーム部分は,軽くて柔軟なアルミニウム合金製であるのが特徴とのこと。
 左右のエンクロージャには,40mm径のネオジム磁石をスピーカードライバーとして内蔵する点も明らかになっている。

●Electra V2,Electra V2 USBの主なスペック
  • 基本仕様:アナログ接続ワイヤードタイプ(Electra V2),USB接続ワイヤードタイプ(Electra V2 USB)
  • 本体サイズ:未公開
  • 重量:未公開
  • ケーブル長:1.3m
  • 接続インタフェース:4極3.5mmミニピン×1(Electra V2),USB Type-A(Electra V2 USB)
  • 搭載ボタン/スイッチ:音量調整ボタン,マイクミュートボタン
  • 主な付属品:未公開
  • 対応ハードウェア(Electra V2):PC,Mac,PlayStation 4,Xbox One,Nintendo Switch,モバイルデバイス
  • 対応ハードウェア(Electra V2 USB):PC,Mac,PlayStation 4
《ヘッドフォン部》
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • 感度:105±3dB
  • インピーダンス:32Ω
  • 許容入力:50mW
  • スピーカードライバー:40mmネオジムドライバー
《マイク部》
  • 周波数特性:100Hz〜10kHz
  • 感度:−41dB±3dB
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:50dB未満
  • 指向性:単一指向性
  • ノイズキャンセリング機能:未公開

RazarのElectra V2 製品情報ページ(英語)

RazarのElectra V2 USB 製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月19日〜05月20日