オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Razerの新型ワイヤレスマウス「Lancehead」が7月28日に国内発売。「100%の通信安定性を確保」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/07/21 11:18

ニュース

Razerの新型ワイヤレスマウス「Lancehead」が7月28日に国内発売。「100%の通信安定性を確保」

 2017年7月21日,Razerは,ゲーマー向けの新型ワイヤレスマウス「Razer Lancehead」(レイザー ランスヘッド,以下 Lancehead)を7月28日に国内発売すると発表した。税別のメーカー想定売価は1万6800円なので,単純計算した税込価格は1万8144円となる。

Lancehead
Razer

Lanceheadの付属充電用ケーブルと変換アダプター,無線モジュール。充電ケーブルで接続した状態では,ワイヤードマウスとして動作する
Razer
 Lanceheadは,2017年4月に世界市場で発表となった製品だ。「100%の通信安定性を確保」(Razer)したという独自の無線技術「Adaptive Frequency Technology」(以下,AFT)を採用することで,一般的な無線LANやBluetoothと同じ2.4GHz帯の電波を使いつつも,ワイヤレス操作における遅延(lag,ラグ)の発生を極限にまで抑えることに抵抗しているとのことだ。要するに,Logitech G(日本ではLogicool G)の「G900 Chaos Spectrum Professional Grade Wired/Wireless Gaming Mouse」へ対抗する製品である。

 ボディはRazer伝統の左右対称形状で,ボタン構成は左右メインとセンタークリック機能付きスクロールホイールのほか,ホイール手前×2,左サイド×2,右サイド×2の計9個。メインボタン用のスイッチには,オムロン スイッチアンドデバイスのと共同開発による「Razer Mechanical Mouse Switches」を採用して,約5000万回のクリック耐久性を誇っている。
 搭載センサーは,最大トラッキング速度210IPS,最大加速度50Gという仕様の「True 16,000 DPI 5G laser sensor」を採用するとのことだ。

ボディは左右対称形状で,サイドボタンは両側面に2個ずつある(左)。ホイールと側面,およびパームレスト部分にあるロゴマークのLEDイルミネーションは,Razer Chroma対応で色や発光パターンをカスタマイズできる
Razer Razer

 また,現時点ではβ版となっている新しい統合設定ソフトウェア「Razer Synapse 3」を使うと,ボタンやLEDイルミネーションのカスタマイズ設定を,従来からあるクラウド保存だけでなく,マウス内蔵のフラッシュメモリにも保存できるようになるという。

 独自の無線機能やハイスペックなレーザーセンサーを搭載するだけあって,マウスとしては高めの価格がハードルとなるのは否めないが,ハイエンドのワイヤレスマウスを求めている人には,有力な候補の登場と言えそうだ。


RazerのLancehead 製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

RAZER、左右対称の形状の高性能ワイヤレスゲーミングマウス
「Lancehead」を日本国内で発売

True 16,000 DPI の高性能5Gレーザーセンサー搭載
新技術アダプティブ・フリークエンシー・テクノロジー採用
オムロン製スイッチ採用により5,000万回のクリックをサポートする高耐久性を実現
Razer Synapse 3 (Beta)により、オンボード/クラウド両方への設定保存が可能に

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 Razer.(本社: 米国 カリフォルニア州、共同創業者兼CEO : Min-Liang Tan) は、高性能ゲーミングマウス「Razer Lancehead」(レーザーセンサー/ワイヤレス・有線兼用)を2017年7月28日(金)に日本国内で発売します。メーカー希望小売価格は、16,800円(税抜)です。

同製品は、Razer社の国内正規流通代理店MSY株式会社を通じて、全国の家電量販店、PCショップ、オンラインショップ等で販売されます。

Lanceheadは、独自の新技術Adaptive Frequency Technology(AFT/アダプティブ・フリークエンシー・テクノロジー)を採用したゲーミングマウスです。無線LANやBluetoothなど混雑する2.4GHz帯域における混信を避け、正確なデータの転送を高速で行う事を可能にし、ゲーミングにおけるワイヤレスマウス操作でのラグの発生を極限まで抑える事に成功しています。また、同製品は、True 16,000 DPIの5Gレーザーセンサーを採用し、対スピード性能で、210インチ/秒(IPS)、50Gの加速性能を実現しています。

Lancehead付属のケーブルを使用すれば、マウス本体の充電だけでなく有線マウスとしてLanceheadを使用することもできます。その他Lanceheadには下記の特長があります。

■高性能オムロン社製スイッチ
オムロン社製のスイッチパーツをメインボタンに採用し、5,000万回のクリック耐久性と、高速で正確なクリック入力を実現しています。

■オンボード/クラウド両方への設定保存
新しいRazer Synapse 3(現時点ではベータ)ソフトウェア対応により、マウスボタンの割当変更やマクロなどのプロファイルを、クラウドまたはマウス本体内部のオンボードメモリーへの保存を行う事ができます。これにより、ユーザーは自分の設定をどこにでも持ち運ぶことができ、友人の家やLANイベント、トーナメント大会などでも普段通りの設定でプレイすることが可能です。

■Razer Chroma対応
1,680万色のカラーオプションから好みの色、パターンでバックライトを制御できるほか、他の対応デバイスとの同期したイルミネーションも可能です。また、対応ゲームタイトルでは、ゲーム内状況に合わせたカラー、タイミングによるバックライトのシンクロが楽しめます。

製品PRビデオリンク
https://www.youtube.com/watch?v=oP0i6R99c9E

製品Webページ
https://www2.razerzone.com/jp-jp/gaming-mice/razer-lancehead

Razer
  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月15日〜06月16日