オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Razer BlackWidow Ultimate 2013」を試す。青軸採用のゲーマー向けキーボードは,2013年モデルで何が変わったか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/03/25 00:00

レビュー

Cherry青軸の採用がウリのキーボードは,リニューアルで何が変わったか

Razer BlackWidow Ultimate 2013

Text by 米田 聡


Razer BlackWidow Ultimate 2013
メーカー:Razer
問い合わせ先:MSY(販売代理店)
実勢価格:1万3500〜1万5000円程度(※2013年3月25日現在)
Razer
 Razer初のメカニカルキースイッチ採用キーボードとして2010年11月に国内発売され,話題を集めたゲーマー向けキーボードシリーズ,Razer BlackWidow(以下,初代BlackWidow)。そのリニューアル版が,2012年第4四半期に,Razer BlackWidow 2013(以下,BlackWidow 2013)シリーズとして発売された。
 初代BlackWidowは,ZF Electronics(旧Cherry)のキースイッチ,俗にいう“Cherry青軸”採用するという,当時としては極めて珍しい特徴を持つゲーマー向けキーボードシリーズだったが,2013年モデルでは何がどう変わったのか。最上位モデル「Razer BlackWidow Ultimate 2013」(以下,BlackWidow Ultimate 2013)で細かくチェックしてみよう。


賛否分かれるCherry青軸の採用を継承

非光沢になった筐体と緑色LEDがデザイン上の特徴に


 さて,いきなり核心の話からだが,BlackWidow 2013シリーズでも,初代BlackWidowシリーズから引き続き,Cherry青軸キースイッチを採用している。

BlackWidow Ultimate 2013はCherry青軸キースイッチを採用
Razer
 青軸は,キースイッチにクリック感があり,押しこむ量でバネ圧が変化したりしないのが特徴だ。Razer公称の押下圧は50gで,錘(おもり)を用いた実測では45g強といったところだったが,押し込んでいってもバネ圧が変化しないことから,タイプ感はかなり軽い
 国内に関して言うと,ゲーマー向けキーボードのスイッチでは,公称押下圧45gの“Cherry赤軸”が最近のトレンドだが,赤軸は押し込む量に応じてバネ圧が高まるのに対し,青軸は「スカッ」と底に達するので,指にかかる抵抗感が少ないのだ。これが,押下圧以上の軽さを感じさせてくれる理由だろう。
 しかもキースイッチは,ストロークが1.5mm程度のところで反応するようになっており,端的に述べてかなり浅い。そのため,慣れてしまえば,軽い力で素速く操作していける。これが青軸,そしてそれを採用するBlackWidowシリーズ全般のメリットということになる。

 ただし,手放しで褒められるわけではない。
 いまストロークは1.5mm程度と述べたが,ここでは指に軽いクリック感があり,「カチッ」という音がする仕組みになっている。よく言えば小気味いいのだが,クリック音はやや大きめだ。また,キーが底打ちしたときには,「チッ」という割と大きめの音がする。打鍵時のタイプ音は全体的に大きめで,同居人がいると気が引けるレベルである。


 付け加えると,キーが簡単に底に着くことから,強めにキーをタイプすると指への衝撃が大きく,場合によっては指を痛めてしまう可能性も否定できない。「表面を軽く撫でるように操作すると最大の速度性能が得られる」という意味では,ほかのZF Electronics製キースイッチと同じながら,押し込んでいくと押下圧が大きくなる赤軸や,あるいは昔からゲーマーの間で人気のある“Cherry茶軸”などと比べると,力の加減が難しく,慣れるのに時間がかかる
 その意味では,初代BlackWidowシリーズから引き続き,BlackWidow 2013シリーズも,かなり尖った仕様になっているといえるだろう。

BlackWidow Ultimate 2013
Razer

 引き続きの仕様という意味では,フルキーボードに[m1]〜[m5]という追加のキー――詳細は後述する――を搭載したレイアウトと,LEDバックライトおよびキーボード右側面に用意されるUSBとヘッドセット接続端子の有無でUltimateと“無印”の2モデルが用意される点も挙げられるだろう。BlackWidow 2013シリーズと合わせて,Razerは10キー部を廃したコンパクトキーボード「Razer BlackWidow Tournament Edition」という製品もリリースしているが,こちらには製品名に「2013」がなく,[m1]〜[m5]キーも省かれていたりするので,別系統の製品と考えておいたほうがいいと思われる。

Razer
本体向かって右側面には,USB端子×1と,ヘッドセット接続用の3.5mmミニピン端子×2が用意される。どちらもパススルー式
Razer
布巻ケーブルの先にはUSB×2と,マイク入力用およびヘッドフォン出力用の3.5mmミニピン端子が用意される。キーボードとして使うだけならUSB×1をPCと接続するだけでいい

2011年2月10日掲載の記事より,BlackWidow。表面加工が光沢というのが,外観上の大きな違いとなる。写真で青色LEDバックライトが光っていないのは,当時取りあげたのがBlackWidow Ultimateではなかったためだ
Razer
 では何が初代BlackWidowシリーズから変わったのか。外観上,最も大きな違いは,初代BlackWidowシリーズで光沢加工されていた表面がBlackWidow 2013では非光沢のブラックとなり,ぐっと落ち着いた印象になった点だ。触った感触もなかなかいい。
 また,Ultimateモデルで採用されるLEDバックライトも,初代BlackWidow投入当時のRazerが好んで使っていた青から,BlackWidow Ultimate 2013では,同社のコーポレートカラーでもある緑へと変更され,ブランドの一貫性が生まれている。

10キー部の上に配された各種インジケータが,光っていないと存在が分からない仕上げになっているのも,初代BlackWidowシリーズと同じ。ただ,筐体が非光沢仕上げになったことで,より「隠れていたものが光ると浮かび上がる」感が強くなっている。なお右の写真の「G」は,後述する「Gaming mode」中に店頭するLEDだ
Razer Razer


基本的な製品デザインも初代BlackWidowから変わらず

やや大柄なキーボードである点は要注意か


日本語配列版のRazer BlackWidow Ultimate 2013 - JP
Razer
 ただ実のところ,外観上の違いはその程度である。今回の主役たるBlackWidow Ultimate 2013について言えば,USB接続のワイヤード接続である点や,日本市場には104キー配列準拠の英語版と,109キー配列準拠の日本語版「Razer BlackWidow Ultimate 2013 - JP」の2モデルが用意される点,バックライトの光量変更や,後述する「Gaming mode」の有効/無効,音量調整にミュートといった機能を実現するための[Fn]キーが右[Alt]キーと[コンテキストメニュー]キーの間に置かれている点などは,初代BlackWidow Ultimateから何一つ変わっていない。

バックライトの光量は[Fn]+[F11]/[F12]キーにより,ほぼ無段階に調整可能。写真は最小(左)と最大(右)を含む4段階を切り出したものだが,かなりの幅から選択できる。キーリピートが効かないため,調整時にキーを連打しなければならないのはちょっと面倒かも
Razer

左端に縦1列5個が用意されるMacro Key
Razer
 前段で後述するとした[m1]〜[m5]キーは「Macro Key」(マクロキー)とされており,文字どおり,マクロを割り当てるためのキーなのだが,BlackWidow 2013シリーズでは,「Macro Keyだけでなく,[Fn]キーを除くすべてのキーにマクロを登録できる」という仕様も初代BlackWidowシリーズから引き継がれている。なのでむしろ理解としては,「左[Shift]や左[Ctrl]といったキーの左に汎用のキーを5個追加した仕様を引き継いだ」という感じのほうが正しい。

 ともあれ,フルキーボードにMacro Keyが縦1列分追加されているため,BlackWidow Ultimate 2013の横幅は実測で470mmに達する。一般的なフルキーボードは450mm前後なので,20mmほど幅が広い計算である。
 一方,奥行きは実測で約180mmあった。BlackWidow Ultimate 2013には,幅は35mmほどと狭いながらも,パームレストとして使える傾斜部が前側にある。そのため奥行きも,標準的なキーボードより30mm前後大きくなっているわけだ。

Razer
高さを除くサイズは約470(W)×180(D)mm。フルキーボードとしてはやや大柄なので,その意味では設置場所を選ぶ
Razer
パームレストの中央にはRazerロゴ。先ほど光量調整の写真で示したとおり,バックライトの明るさと連動して光る

 本体の高さは,手前側のスペースキー部分で机面から約20mm,奥側が約33mmだった。底面後部にあるチルトスタンドを立てると,さらに約10mmほど後方が持ち上がる。標準状態でもキーボード面は傾斜しているが,より後部が高く上がったキーボードを好む人にも対応できるわけだ。
 ステップスカルプチャ方式が採用されているため,列によってキートップには異なる傾斜が採用されている。たとえば[Space]キーのある手前側だと7mmあるので,最も手前側でも設置面からキートップまでの高さは27mmある計算になるが,先述した,長めになっているパームレストのおかげで,キー入力は行いやすい。

Razer
高さは奥側が約33mm,手前側が[Space]キー周辺部分で約20mm。標準でも傾斜は相応にある
Razer
チルトスタンドを立てると奥側が約10mmほど持ち上がり,かなりきつい傾斜が付けられる

滑り止めゴムは手前側3か所,奥側が2か所の計5か所に貼られている。手前側に3枚のゴムを貼っていることもあり,チルトスタンドを立ててもキー本体が簡単に動いてしまうようなことはない
Razer
 大型のキーボードだけに重量もそれなりにあり,ケーブル込みの実測で約1.18kg,参考までにケーブルを除いた状態では約1.08kgだった。大きさがあるため,「手に持つとずっしり重い」という印象は感じないものの,手前側3か所と背面に2か所ある滑り止めゴムの効果と合わせて,ゲームプレイ中にキーボード本体がガタガタと動いてしまう心配はない。


10キーまでの同時押しに対応し

ゲーマー向けキーボードとしての完成度が上がる


 ここまでの説明だと,ほとんど「デザインが細かく変わっただけ」に思えるかもしれないが,実のところ,BlackWidow 2013シリーズにおける最大の進化は,目に見えないところで達成されている。具体的には,ロールオーバーと同時押し周りだ。

 初代BlackWidowシリーズは,キーの同時押しが6キーまでに留まり,かつ,複数のキーを同時に押すと一部で認識されない場合があるという,ゲーマー向けキーボードとしては看過できない問題を抱えていた。それに対してBlackWidow 2013シリーズでは,10キーロールオーバーが謳われているのである。

 そこで今回は「4Gamer Keyboard Checker」(version 1.0.0)で実際のところを確認してみたわけだが,結論から言うと,10キーまでならロールオーバーだけでなく,同時押しも可能だった。
 USB接続のキーボードでは一般に,修飾キーを除くと6キーまでしか同時押しできないという制限がある。初代BlackWidowシリーズが6キーまでの同時押しに対応していたのは,この制限を受けてのものだったわけだが,BlackWidow 2013シリーズでは,最近のゲーマー向けキーボード市場でトレンドとなっている「PCから2台のHIDキーボードデバイスとして認識させる」というテクニックにより,この制限をクリアしてきているのだ。

「4Gamer Keyboard Checker」で[Q]から[P]まで10個のキーを押した様子。このように10キーまでの同時押しが可能だった。順番に押していっても,同時にどんと押しても,10キーまでなら認識できる
Razer

 ただ,同時に押すキーが11個以上になると,BlackWidow Ultimate 2013は,やや面白い挙動を見せるようになる。Razerの名誉のために強調しておくと,実害はまずないので,重箱の隅をつつく話になるのだが,11キー以上を押下すると,ゴーストが現れるようになるのだ。ゴースト出現のパターンはやや変わっているので,「やや変則的なキーマトリックスを使うことで,10キーまでの同時押しをサポートしたのではないか」と筆者は推測している。

先の[Q]〜[P]に続いて[]キーを押すと,無関係な[S]キーと[-]キー,[Del]キーが入力される。枠で囲ってみたが,見事なゴーストっぷりだ
Razer


Razerの最新モデルらしく,設定ツールはSynapse 2.0に

条件次第では[m1]〜[m5]キーの使いでもある


 Razerは最近,設定内容をクラウドに保存することで,一度設定すれば(インターネット接続環境なら)どこからでも読み出せるように統合ツール「Razer Synapse 2.0」(以下,Synapse 2.0)を,各ジャンルの新世代製品で横断的に採用している。そしてもちろん,BlackWidow 2013シリーズもSynapse 2.0対応だ。

 すでにSynapse 2.0を導入済みであれば,BlackWidow 2013シリーズはそのまま認識される。そうでない場合は,Synapse 2.0の入手と,Razerのアカウント登録と,メールアドレスを利用したアクティベーションが必須だ。
 クラウド機能に魅力を感じない人からすると,ただキーボードの設定を行うためだけに,アカウントを登録してアクティベーションまで行わねばならないというのは大変面倒だが,一度登録してしまえば,以後,Razer製デバイスの管理がラクになるので,ここはぐっと堪えたい。

Synapse 2.0。初代BlackWidow時代の「Configurator」と比べると,外観がずいぶん洗練された。操作性も良好だ。なお,画面の左下には認識されたRazer製デバイスが表示される仕掛け
Razer

キーボードショートカットだけでなく,Synapse 2.0からもバックライトの明るさは変更可能。スライダーを動かすだけで調整できる
Razer
 Synapse 2.0で設定できる主な機能は,LEDバックライトの光量調整と,キーアサインの変更だ。ここまで紹介してきたように,BlackWidow 2013シリーズでは,[m1]〜[m5]のMacro Keyだけでなく,全キーの割り当てを変更可能だが,単一キーの割り当てやマクロの作成&割り当てはいずれもSynapse 2.0から行うことになる。また,序盤で後述するとしたGaming modeの設定もSynapse 2.0から行える。

メイン画面に表示されているキーボードのイメージ上で任意のキーをクリック。するとプルダウンメニューからキーへの機能割り当てを変更できるようになる
Razer
 順に見ていこう。全キーに対するキー割り当て機能は,基本的に初代BlackWidowシリーズのそれを踏襲したもので,変更したいキーを選んで,プルダウンから機能を割り当てると有効になる。「プルダウンから選べる機能」の選択肢は,単一のキーやマウスボタン,プログラムの起動用ショートカット,マクロなどだ。
 割り当てた内容はまとめてプロファイルとしてクラウド上に保存しておけるので,別の場所でも(Synapse 2.0の利用が許可されるなら)自宅と同じ設定をすぐに再現できる。

 マクロと聞くといろいろ気になる人もいると思うが,最近のRazer製品らしく,BlackWidow 2013シリーズでもマクロはソフトウェアベースだ。オンラインゲームのアンチチートツールをすり抜けてマクロを利用できるようにするような,“品の悪い”挙動は示さない。
 なお,搭載されているマクロ登録機能そのものはそこそこ強力で,マウスカーソルの移動以外はたいてい登録可能だという認識でいい。また,キーボード上から[Fn]+[F9]キーを押すとその場で(=on-the-flyで)マクロを登録できるが,キーボードショートカットから登録したマクロも,Synapse 2.0から登録したマクロと同様,後から編集できる。

Razer
[Fn]+[F9]キーでマクロ登録のモードに切り替えると,キーボード右上にマクロのインジケータが点灯し,キー操作がマクロとして記録される
Razer
登録したマクロはSynapse 2.0で編集可能。ディレイもきめ細かく設定できるなど,編集機能自体は充実している

Gaming mode時には,[Windows]キーの無効化以外にも,2種類のキーコンビネーションを無効化できる。なお,ここでの「Windowsキー」には,[Windows]キーと[コンテキストメニュー]キーの両方が含まれる
Razer
 次にGaming modeだが,これは端的に述べると,ゲーム中の誤動作を防ぐためのモードだ。ゲーマー向けキーボードでよくある[Windows]キーの無効化機能という理解でいい。BlackWidow 2013シリーズの場合は[Fn]+[F10]で有効/無効を切り替えられるようになっており,[Windows]キーだけでなく,[コンテキストメニュー]キーもセットで切り替わるのだが,Synapse 2.0を使うと,追加で[Alt]+[Tab]キー(=タスク切り替え)や[Alt]+[F4]キー(=アクティブウインドウの終了)といった,ゲーム中に致命傷となりかねないキーの組み合わせも合わせて無効化できるようになる。

 なお,一点注意が必要なのは,[Windows]キーと[コンテキストメニュー]キーの有効/無効はハードウェアレベルで実装されている機能なので,Synapse 2.0が導入されていないPCでも利用可能だが,[Alt]+[Tab]キーと[Alt]+[F4]キーの有効/無効はソフトウェアレベルだということだ。
 ほとんどの場合,意識することなく使っていけるはずだが,ごく一部のオンラインゲームでは機能しなかったり,アンチチートツールのチェック対象となったりする可能性があるので,ここは憶えておくといいかもしれない。


2013年モデルとして完成度は確実に上がった

あとは「青軸が好みかどうか」


製品ボックス
Razer
 BlackWidow Ultimate 2013と初代BlackWidowを並べて,FPSをプレイしながら使い比べてみたが,やはり10キー同時押しがサポートされているBlackWidow Ultimate 2013のほうがはるかに使いやすい。青軸が持つ最大の特徴である「タイプ感の軽さ」は当然ながら共通だが,左手でFPSのようなゲームをプレイしていくときに,どんなキーの組み合わせでも入力に不安がないというのは,思った以上に操作時の安心感を与えてくれる。

 実勢価格は1万3500〜1万5000円程度(※2013年3月25日現在)と,ZF Electronics製キースイッチ採用モデルとしてやや高価な部類だが,非光沢の表面加工や,浮かび上がるインジケータ,ムラなく光るLEDバックライトといった具合に,価格なりの高級感はあるので,「高すぎる」ということはないだろう。そもそも,より安価なものが欲しければ,基本性能の同じBlackWidow 2013が9100〜1万円程度(※2013年3月25日現在)で用意されているので,ここは大きなマイナスポイントにならないはずだ。

 BlackWidow 2013シリーズで最大のハードルとなるのは,やはり,青軸のもたらす大きめでクセのあるタイプ音と,キーが底打ちしないような操作を身につけようと思ったときに,ほかのZF Electronics製キースイッチよりも慣れにくいことだと思う。従来モデルと比べて完成度は目に見えて上がっているので,あとは「青軸が好みかどうか」。取捨選択のポイントはこの一点と述べて過言ではない。

BlackWidow Ultimate 2013をAmazon.co.jpで購入するをAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

BlackWidow Ultimate 2013 - JPをAmazon.co.jpで購入するをAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

RazerのBlackWidow 2013シリーズ製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日