※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
MSY,Razer製のゲーマー向けヘッドセット「Carcharias」を8980円で27日に発売。Lachesisの赤色LED搭載版も
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/03/13 12:00

ニュース

MSY,Razer製のゲーマー向けヘッドセット「Carcharias」を8980円で27日に発売。Lachesisの赤色LED搭載版も

 Razer USAの販売代理店であるMSYは,アナログ接続タイプのゲーマー向けワイヤードヘッドセット,「Razer Carcharias」を,2009年3月27日に8980円(税込)で国内発売すると発表した。

Razer Carcharias。北米では2009年1月9日に発表されていたので,3か月弱遅れての国内発売となる
Razer

 Razer USA製のヘッドセットは,伝統的にサメ科の名前を冠するが,今回のCarcharias(カルカリアス)は,学名「Carcharodon carcharias」ことホホジロザメ。映画「Jaws」(ジョーズ)のモデルになったサメだ。

Razer
 オーバーヘッド&オーバーイヤー型を採用するヘッドフォン部はごくごく一般的な印象だが,これは,長時間に亘(わた)るゲームプレイのためのデザインだという。具体的には,エンクロージャ部の通気性を確保したり,イヤーカップから耳にかかる圧力を最低限にしたり,あるいは無段階式のヘッドバンドアジャスターを採用したりすることで,「最も楽なヘッドセット」(※MSYのリリースより原文ママ)になっているとのことだ。イヤーパッドは取り外して水洗いすることもできる。

 このほか,アナログケーブルがいわゆるファブリック加工されることで耐久性が増している点や,リモコンを搭載する点など,ある意味,Razerらしくないほど,基本に忠実なアナログ接続ヘッドセットに仕上がっているといっていいだろう。このほか主なスペックは本稿の最後にまとめたので参考にしてほしい。

Razer Lachesis Wraith Red。ちなみに「wraith」というのは,生霊とか亡霊,死霊といった意味である
Razer
 なお,MSYは同じく27日に,ゲーマー向けワイヤードマウス「Razer Lachesis」の“色違い”モデルとなる,「Razer Lachesis Wraith Red」も発売する。従来の「Razer Lachesis」では,内蔵LEDの色が白か青だったが,新製品では(その名称から想像がつくように)赤色LEDを搭載するのが特徴だ。
 価格は1万290円(税込)。最高4000dpiのトラッキング解像度を持つレーザーセンサー,「Razer 3G Laser Sensor」を搭載する点などは,従来製品と同じである。

 両製品とも,Razer Eliteプログラムに加盟するショップでの限定販売となる。遅かれ早かれ動作デモ展示なども行われると思われるので,近所に加盟店があるという人は,発売日が近くなったら,店頭へ見に行ってみるといいかもしれない。


●Razer Carchariasの主なスペック
  • 基本仕様:アナログ接続ワイヤードタイプ
  • 本体サイズ:未公開
  • 重量:未公開
  • ケーブル長:3.3m
  • 接続インタフェース:ステレオミニジャック×2
  • 搭載ボタン/スイッチ:ミュートスイッチ,マイク感度調整ボリューム
  • 対応OS:OS問わず使用可能
  • 価格:8980円(税込)
  • 発売予定時期:2009年3月27日
《ヘッドフォン部》
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • 感度:105dB±4dB
  • インピーダンス:32Ω(1kHz)
  • スピーカードライバー:直径40mm,ネオジムマグネット
《マイク部》
  • 周波数特性:50Hz〜16kHz
  • 感度:-37dBV/Pa
  • S/N比:50dB
  • 指向性:単一指向性
  • ノイズキャンセリング機能:搭載

●Razer Lachesis Wraith Redの主なスペック
  • 基本仕様:Razer 3G Laser Sensor(光学センサー搭載)ワイヤードタイプ
  • ボタン:ボタン:左右メイン,左サイド×2,右サイド×2,センタークリックボタン機能付きスクロールホイール,解像度設定変更専用ボタン×2,
  • トラッキング解像度:125〜4000dpi(125dpi単位で切り替え可能)
  • フレームレート:7080fps
  • トラッキングスピード:60〜100ips
  • 画像処理能力:30×30Pixel/s
  • ポーリングレート:125/500/1000Hz
  • データ転送フォーマット:16bit
  • 本体サイズ:71(W)×129(D)×40(H)mm
  • 重量:132g(ケーブル含む)
  • ケーブル長:1.95m
  • インターフェイス:USB 1.1
  • 価格:1万290円(税込)
  • 発売予定時期:2009年3月27日

※2009年3月15日追記:初出時に,Razer Lachesis Wraith Redは,国内製品名が「Razer Lachesis Red」となり,価格は9980円(税込)としていましたが,その後,MSYから,国内製品名は海外と同じになり,また,価格は1万290円(税込)になると修正の連絡が入りましたので,本文をアップデートしました。
  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月