オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Catalyst 15.5 Beta」公開。「The Witcher 3」と「Project CARS」への最適化がトピックに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/29 11:20

ニュース

「Catalyst 15.5 Beta」公開。「The Witcher 3」と「Project CARS」への最適化がトピックに

 北米時間2015年5月28日,AMDから,公式最新β版グラフィックスドライバ「Catalyst 15.5 Beta」が公開になった。「The Witcher 3: Wild Hunt」と「Project CARS」への最適化が謳われている。
 というわけで,すぐに入手したい人は下に示したリンクを利用してほしい。なお,AMDの日本法人である日本AMDによれば,同日発表になった「A10-7870K with Radeon R7 Graphics」はサポート対象とのことだ。

Catalyst 15.5 Beta
※対応OSはWindows 8.1とWindows 7+SP1。リンク先ではOSごとに異なるインストーラが用意されています

 「Display Driver」のバージョンは14.502.1014.1001(1505262350-14.502.1014.1001-150526a-184425E)。「Catalyst 15.4 Beta」の同14.502.1014.0000(1505071508-14.502.1014-150410a-183324E.3)なので,バージョン表記上はわずかな変更になるが,最適化対象となる2タイトルでは,比較対象こそ不明ながら,Radeon R9およびRadeon R7シリーズで最大2桁パーセントの性能向上が得られるとされているのは見逃せないところだ。アップデートの規模は小さいものの,効果は大きい,といったところか。

 AMDは,β版ドライバの導入をゲーマーに勧める一方,現状渡しの無保証版であるという姿勢も崩していない。また,本稿の最後に英文リリースハイライトの和訳をまとめたとおり,CrossFire構成時にはいくつか注意すべき事項がある。その点は注意が必要だが,それでも,RadeonやAPUでThe Witcher 3: Wild HuntやProject CARSをプレイしているなら,自己責任での導入を検討する価値がありそうだ。


#### 以下,英文リリースハイライトまとめ ####

●Catalyst 15.5 Betaにおける性能向上
  • Radeon R9&R7シリーズのシングルGPU構成において,「The Witcher 3: Wild Hunt」で最大10%
  • Radeon R9&R7シリーズのシングルGPU構成において,「Project CARS」で最大17%


●Catalyst 15.5 Betaの新要素
・CrossFireの拡張
  • 「The Witcher 3: Wild Hunt」に向けたCrossFireプロファイルのアップデート


●Catalyst 15.5 Betaを利用するにあたっての推奨事項
  • CrossFire構成時に「The Witcher 3: Wild Hunt」で最大の性能を得るには,ゲーム側のポストプロセス関連オプショからアンチエイリアシングを無効化する必要がある。詳細はAMDが公開している英文ドキュメントを参照のこと
  • CrossFire有効時に「The Witcher 3: Wild Hunt」に画面がちらつき,ゲームプレイに影響が出る場合は,CrossFireの無効化をすべき(※AMDではこの問題を認識しており,CD Projekt REDとともに解決へ向けて取り組んでいる)
  • CrossFire構成時に,「Project CARS」でアンチエイリアシング設定を「D2SM」とすると,画面表示がおかしくなることがある。その場合はCrossFireの無効化をすべき
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    The Witcher 3: Wild Hunt

  • 関連タイトル:

    Project CARS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日