オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,「A10-7870K」を発表。Godavariと呼ばれていた新型APUは1万9000円弱で発売に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/28 21:01

ニュース

AMD,「A10-7870K」を発表。Godavariと呼ばれていた新型APUは1万9000円弱で発売に

A10-7870Kの製品イメージ。ただし,AMDから提供されたこの画像,ファイル名は「54125A_Kaveri_Chip_Angled Pair_ASeries_BE.png」だったりする。見た目は何も変わっていないということなのだろう
AMD A-Series(Kaveri)
 日本時間2015年5月28日21:01,AMDは,AMD A-Series APUの新モデルとなるデスクトップPC向けプロセッサ「A10-7870K with Radeon R7 Graphics」(以下,A10-7870K)を発表,発売した。少し前までは「Kaveri Refresh」(カヴェリリフレッシュ),最近になって「Godavari」(ゴダヴァリ)という開発コードネームで呼ばれるようになっていた製品だ。
 2014年1月14日にリリースされた「A10-7850K with Radeon R7 Graphics」(以下,A10-7850K)以来,A10シリーズの最上位モデルが更新されるのは今回が初めてである。

AMD A-Series(Kaveri)

 そんなA10-7870Kだが,モデルナンバーの数字が20増えただけということから想像できるとおり,A10-7850Kと比べ,仕様の大枠に変更はない。2基の整数演算ユニットで1基の浮動小数点演算ユニットを共有する「Steamroller Module」を2基,「Graphics Core Next」アーキテクチャに基づいく演算ユニットを8基統合した「12 Compute Core」搭載プロセッサという点で,A10-7870KとA10-7850Kはまったく同じだ()。

表 A10-7870KとA10-7850Kの主なスペック
A10-7870K A10-7850K
開発コードネーム Godavari(Kaveri Refresh) Kaveri
製造プロセス技術 28nm
物理/論理コア数 4基 / 4基
CPUコアモジュール数 2基
L2キャッシュ容量 2MB×2
CPU定格/最大動作クロック 3.9GHz / 4.1GHz 3.7GHz / 4.0GHz
CPUコア動作倍率 ロックフリー
GPUコアアーキテクチャ Graphics Core Next
(GCN 1.1?)
Graphics Core Next
(GCN 1.1)
DirectXサポート 12.0
シェーダプロセッサ数 512基
GPU演算ユニット数 8基
テクスチャユニット数 32基
ROP数 16基
GPUコア最大クロック 866MHz 720MHz
メモリコントローラ デュアルチャネルDDR3-2133
(※AMD Memory ProfileによりDDR4-2400も対応)
TDP(熱設計消費電力) 95W

 開発コードネームがKaveriからGodavariに変わっている以上,半導体として何らかの最適化が入ったことは間違いないが,発表されているスペック上の違いは,A10-7850KのCPUコアが定格3.7GHz,最大4GHzで,GPUコアが最大720MHzとなるところ,A10-7870Kで順に3.9GHz,4.1GHz,866MHzになっている点のみという理解でいい。

A10-7870KとA10-7850K,A10-7700Kの主なスペック。A10-7870KとA10-7850Kの違いは基本的に動作クロックのみだ。メモリコントローラはDDR3-2133対応ながら,「AMD Memory Profile」によってDDR3-2400をサポートするのも,A10-7850Kから変わっていない
AMD A-Series(Kaveri)
AMDが示した「150ドル以下のプロセッサによる性能比較」(左)。A10-7850Kは「Core i5-4670K」の対抗馬だったのが,いつの間にやら「Core i3-4370」との比較になってしまったのはちょっとアレだが,A10-7850KのGPUクロックが720MHzのところ,A10-7870Kで866MHzへと約20%向上していることもあり,3DMarkでA10-7850Kより約15%高いスコアを示すとされている点は見どころだろう。右はCore i3と「GeForce GT 740」を組み合わせたシステムより,A10-7870Kのほうがゲーム性能は高いすとするスライド
AMD A-Series(Kaveri) AMD A-Series(Kaveri)

北米市場におけるメーカー想定売価は129.99ドル(税別)。単純計算でドル円換算すると1万6100円(税別)という計算だ
AMD A-Series(Kaveri)
 気になる価格は1万7480円(税別)とされているので,単純計算すると,税込価格は1万8900円前後。北米市場におけるメーカー想定売価は129.99ドル(税別)なので,国内の“初値”はやや高めということになるだろう。
 ただ,既存のFM2+プラットフォーム対応マザーボードで使えるのは魅力といえるのも確かだ。低価格なAPUからのアップグレードパスとしては,相応に価値があるのではなかろうか。

AMD公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    AMD A-Series(Kaveri)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月