オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Battlefield 4」βテスト版への最適化を果たした「GeForce 331.40 Driver Beta」公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/10/01 12:18

ニュース

「Battlefield 4」βテスト版への最適化を果たした「GeForce 331.40 Driver Beta」公開

 北米時間2013年9月30日,NVIDIAは,Release 331世代初の公式最新β版グラフィックスドライバ「GeForce 331.40 Driver Beta」を公開した。日本時間10月1日17:00に「限定βテスト」が開始予定となっている「Battlefield 4」のPC版に向け,性能の最適化とシステムの安定化を図ったものという位置づけのリリースだ。

関連記事:「バトルフィールド 4」の限定βテストが本日スタート。ダムが決壊する新マップ「Flood Zone」を紹介するムービーも公開


 というわけで,βテストに参加する資格のあるGeForceユーザーには,下に示したリンクからダウンロードのうえ,自己責任でアップデートするのを勧めておきたい。ちなみに統合される「HD Audio Driver」と「PhysX System Software」のバージョンは順に1.3.26.4,9.13.0725で,これらはいずれも現時点における公式最新版ドライバ「GeForce 327.23 Driver」から変わらずである。

32bit版Windows 8.1・8・7・Vista用GeForce 331.40 Driver Beta(187MB)
64bit版Windows 8.1・8・7・Vista用GeForce 331.40 Driver Beta(241MB)
Windows XP用GeForce 331.40 Driver Beta(164MB)

ノートPC向けの32bit版Windows 8.1・8・7・Vista用GeForce 331.40 Driver Beta(191MB)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.1・8・7・Vista用GeForce 331.40 Driver Beta(245MB)

 もっとも,GeForce.com内のRelease 331.40 Betaドライバ紹介で,より多くの文字数を使って説明されているのは「Horizon Based Ambient Occlusion plus」(以下,HBAO+)のサポートについてだったりもする。いわく,アンビエントオクルージョンにネイティブ対応していないゲームタイトルにおいても,NVIDIAコントロールパネルの「Manage 3D Settings」(3D設定の管理)にある「Ambient Occlusion」(アンビエントオクルージョン)の設定項目を「Quality」(クオリティ)に手動設定すれば,より精度が高く高速なHBAO+を適用できるとのことだ。

 なお,アップデート内容としてはそのほか,SLIプロファイルのアップデートや,いくつかバグフィックスなども挙げられている。Battlefield 4のβ版をプレイする気満々という人達以外にとっても,今回のβドライバは相応に意義があると述べていいのではなかろうか。


## 以下,GeForce.comの関連記事および英文リリースノートまとめ ##

●GeForce 331.40 Driver Betaの新要素
・Horizon Based Ambient Occlusion plus(HBAO+)新規対応
  • HBAO+のサポートによって,アンビエントオクルージョンにネイティブ対応していないゲームに対するアンビエントオクルージョン処理の高精度化と高速化を実現したとされる

・OpenGL 4.4新規対応

・SLIの拡張
  • 「Assassin's Creed IV: Black Flag」「Batman: Arkham Origins」「Battlefield 3」「Battlefield 4」「F1 2013」「Space Hulk」「Tom Clancy's Splinter Cell: Blacklist」に向けたSLIプロファイルの刷新
  • 「Crisis」「Dirty Bomb(のDirectX 9モード)」「Dying Light(のDirectX 11モード)」「FIFA 14」「Naural Selection(のDirectX 11モード)」「Outlast(のDirectX 9モード)」「State of Decay(のDirectX 9モード)」「Watch_Dogs(のDirectX 11モード)」に向けたSLIプロファイルの追加

・そのほかプロファイルの拡張
  • 「Crysis 3」に向けたアンビエントオクルージョンプロファイルの追加
  • 「FIFA 14」に向けた「O」プロファイルの追加(※「O」はオクルージョンのことではないかと思われるが詳細は不明。アンビエントオクルージョンの略称である「AO」の誤記という可能性もある。原文は「FIFA 14 - added O profile」)


●GeForce 331.40 Driver Betaで解決した問題(Windows 8・7・Vista)
  • OpenGLモードにおいて,Solidworks製プラグイン「Flow Simulation」に含まれるプラグインのいくつか動作しない問題
  • GeForce 600&700シリーズ搭載環境でGPUクロックが405MHzより上に上がらない問題(※原文は「[GeForce 6/7 Series]: GPU clock speed does not get higher than 405 MHz.」だが,「GeForce 6/7 Series」は「GeForce 600/700 Series」の誤りだとNVIDIAに確認が取れたので,そのように記載する)
  • SLI構成時に「Tom Clancy's Splinter Cell: Blacklist」でTXAA関連のオプションが表示されない問題
  • NVIDIA Surroundが有効になっていると,ドライバのインストールに失敗する問題
  • 「Tom Clancy's Rainbow Six 3: Raven Shield」で,3D Visionによる3D立体視がウインドウモードでないと機能しない問題
  • マルチGPU搭載環境で,タスクバーからポップアップしたマルチGPU関連バルーンをクリックしてNVIDIAコントロールパネルを開くと,[F1]キーを押してもヘルプが開かない問題
  • NVIDIAコントロールパネルからディスプレイのリフレッシュレートを120Hzへ変更し,3D立体視対応アプリケーションを起動すると,当該アプリケーションを終了したときに,リフレッシュレートも変更前の状態に戻る問題
  • GeForce 500・400シリーズのグラフィックスカードを3枚用いた3D Vision Surround環境で,サラウンドグループと別に4台めのディスプレイを接続すると,サラウンド設定が無効化され,シングルディスプレイ相当の解像度に切り替わる問題
  • GeForce GTX 295のQuad SLI構成時に,ブリッジコネクタが取り付けられているにもかかわらず,「SLI connector is missing」のエラーバルーンがポップアップする問題


●GeForce 331.40 Driver Betaで解決した問題(Windows XP)
  • リリースノートに記載なし
  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • 関連タイトル:

    バトルフィールド 4

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日