オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
シアター・オブ・ウォー公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
66
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
WWII戦車の装甲厚やプロポーションも再現。「シアター・オブ・ウォー」SS集
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/06/04 11:54

画像集

WWII戦車の装甲厚やプロポーションも再現。「シアター・オブ・ウォー」SS集

シアター・オブ・ウォー
 「Men of War」「IL-2 シュトルモヴィク」シリーズなど,WWIIものを多くパブリッシングする(前者はまだ開発中だが……)ロシアの1Cと,「コンバットミッション」シリーズを開発してきたBattlefrontが手を組んで開発した,戦闘特化型のWWII RTSが「シアター・オブ・ウォー」だ。戦車各部の装甲厚や傾斜角,砲の貫徹力はもちろん同軸機銃の存在意義にまでこだわった,「コンバットミッション」シリーズ譲りのゲームデザインにふさわしく,本作では各車両のディテールが徹底的に作り込まれている。

 光と影の緻密な再現やら,高度なパーティクル表現やらといった派手なギミックこそないものの,第二次世界大戦における戦車と対戦車兵器,歩兵と対地支援機,そしてそれら同士の熾烈な戦いぶりをビジュアル込みで堪能したい人には,断じて避けて通れない作品だと思う。まずは画面で確認してみてほしい(※新画像は008〜043)。

シアター・オブ・ウォー シアター・オブ・ウォー

「シアター・オブ・ウォー」画像集へ


シアター・オブ・ウォー
 戦場のシチュエーションや部隊の隊形,そしてそれぞれの軍のドクトリンまで再現したというこの作品,実はたいへんスクリーンショットが撮りにくかったりする。というのも,WWIIにおける開豁地での戦車戦は,互いに1.5kmも離れたところから撃ちあえるものなのであって,一方をアップにすれば他方は豆粒が普通である。そこでなるべく遠距離から敵のシルエットを見極め,頭を押さえるか背後に回るべきかと知恵を絞るのが醍醐味なのだ。

 閑話休題。そんなわけで,各種陸戦兵器/兵科の勇姿を可能な限り戦闘時の姿で押さえてみた。冬期迷彩でうっすら白いIII号戦車や,マキシム機銃を構えるソ連兵,いましもドイツの装甲車を仕留めようとする英軍のクロムウェル戦車の勇姿などをお楽しみいただきたい。

シアター・オブ・ウォー シアター・オブ・ウォー

「シアター・オブ・ウォー」画像集へ

  • 関連タイトル:

    シアター・オブ・ウォー

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2012/06/03)
Theater of War 日本語マニュアル付
Software
発売日:2008-05-30
価格:6880円(Amazon) / 6867円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月20日〜01月21日