オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
シヴィライゼーション4【完全日本語版】公式サイトへ
読者の評価
91
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Sid Meier’s Civilization IV」,オープニングテーマ曲がグラミー賞にノミネート。ゲーム楽曲としては史上初
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/07 14:02

ニュース

「Sid Meier’s Civilization IV」,オープニングテーマ曲がグラミー賞にノミネート。ゲーム楽曲としては史上初

 2005年にリリースされた2K Gamesの「Sid Meier’s Civilization IV」のオープニングテーマ「Baba Yetu」が,2011年2月13日(現地時間)に開催される予定の第53回グラミー賞の受賞候補作の1つとなったことが明らかにされた。

シヴィライゼーション4【完全日本語版】

 Baba Yetuは,ゲーム開発元のFiraxis Gamesの依頼によって,独立系ミュージシャンのChristopher Tin(クリストファー・ティン)氏が作曲した楽曲だ。
 壮大な文明の構築をイメージさせる力強く幻想的なメロディと,スワヒリ語を使った合唱が非常に印象的で,ゲーマーの間でも名曲と呼ばれることが多い。Civファンであれば,ゲームを起動させてしばらくはオープニングムービーと一緒に聞き入ったり,「ババエットゥ,ララ〜,ララ〜ラ」などと口ずさんだ経験があるだろう。

シヴィライゼーション4【完全日本語版】
 Sid Meier’s Civilization IVがリリースされたのは今から5年も前のことだが,そのオープニングテーマであるBaba Yetuは,現在でもアメリカやヨーロッパで合唱団や交響楽団などによって演奏されている。
 このように,世界各地で認知度が上昇していく流れの中,ティン氏がBaba Yetuを含めた自身のデビューアルバム「Calling All Dawns」を2009年末にリリースしたことから,今回グラミー賞のBest Instrumental Arrangement Accompanying Vocalists部門にノミネートされたのだ。

 カリフォルニア州で生まれたティン氏は,イギリスの王立音楽院で作曲を学び,現在はロサンゼルスに戻って音楽活動を続けている。ゲーム業界とのつながりも深く,Sid Meier’s Civilization IVのほかに「Pirates Of The Caribbean Online」などにも自身の楽曲を提供している。

 グラミー賞と言えば,ポップミュージックから映画のテーマソングまで,幅広い部門を持つことで世界的に知られる音楽の祭典だが,果たしてBaba Yetuが受賞することになるかどうか,2月13日の発表を待ちたいところだ。

 下のムービーは,ティン氏のYouTube公式ページにて公開されている,2009年にドバイで行われた噴水ショーの様子だ。Baba Yetuが流れていることがお分かりだろう。このほかにも,YouTubeを検索すれば高校生のアカペラからピアノアレンジまで,Baba Yetuが広く認知されているのがわかる。



「シヴィライゼーション4【完全日本語版】」公式サイト

  • 関連タイトル:

    シヴィライゼーション4【完全日本語版】

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2015/07/03)
シヴィライゼーション4 完全日本語版 価格改定版
Software
発売日:2007-12-07
価格:8980円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日