オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
プロジェクトEGG公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
プロジェクトEGGに「リザード(PC-6001mkII版)」が登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/05/11 12:53

リリース

プロジェクトEGGに「リザード(PC-6001mkII版)」が登場

プロジェクトEGG
配信元 D4エンタープライズ 配信日 2021/05/11

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』2021年5月11日『リザード(PC-6001mkII版)』をリリース

2021年5月11日、レトロゲーム関連の復刻・配信ビジネスなどを行なっている株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区 代表取締役・鈴木直人)は、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』において、新規コンテンツ『リザード(PC-6001mkII版)』のリリースを開始しました。

画像集#001のサムネイル/プロジェクトEGGに「リザード(PC-6001mkII版)」が登場
ゲーム画面3

画像集#002のサムネイル/プロジェクトEGGに「リザード(PC-6001mkII版)」が登場
ゲーム画面1

画像集#003のサムネイル/プロジェクトEGGに「リザード(PC-6001mkII版)」が登場
ゲーム画面2

タイトル:リザード(PC-6001mkII版)
ジャンル:RPG
メーカー:クリスタルソフト
配信サイトURL:
http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?product_id=1627
発売日:2021年5月11日
価格:330円
(※キャンペーン終了後は550円での配信となります。)
権利表記:
(C)2021 D4Enterprise Co.,Ltd. / (C)2021 MSX Licensing Corporation.

「姫に呪いがかけられた!」、国中はおおさわぎでした。大リザードと呼ばれる邪悪な心を持った者が、「真実の書」に記された魔法を悪用したのです。遠い昔に魔法の奥義が記され、この国をはるか離れた塔の中にまつられているという、この「真実の書」は、決して邪悪な心を持つ者が使ってはならないのです。しかし、今恐ろしいできごとは起こってしまいました。もはや伝説の中でしか語られることのなかった「真実の書」を、今いちど正しき心を持つ者の手に返さなければなりません。大リザードは、その伝説の古い塔に自らの分身として恐ろしい怪物を放ち、数々の魔法のワナを仕掛け、正しき心を持つ者をはばもうとしています。姫のために立ち上がった若者、つまりこの物語の主人公であるあなたは数々の困難を打ち破り、みごと「真実の書」を手にし、姫にかけられた恐ろしい呪いを解くことができるでしょうか。
本作は1984年にリリースされたRPG。プレイヤーは冒険者となって「真実の書」を探し出し、姫の呪いを解くことになります。ゲームは能力の異なる3種のクラス(戦士、泥棒、商人)から一つを選んで主人公を作成し、10階建て塔(3Dのダンジョン)を攻略することになります。戦闘はランダムエンカウントのコマンドバトルとなっており、遭遇時には「たたかう」「にげる」「はなしをする」を選択できます。怪物相手に話をすると情報がもらえる場合もありますが、もしも襲われた場合は先手を取られてしまうので注意が必要です。
戦闘では近接戦闘やアイテムを駆使して戦うことになり、戦闘で勝利して経験値をためればレベルアップ。ただし、レベルアップ時に上昇するのは基本ステータスのみ。HPの最大値(LIM)だけは病院でお金を払って上げるので覚えておくといいでしょう。
国産RPGとしては黎明期の作品ではありますが、3Dの移動時には背景が進むようにズルッとアニメーションしたり、アイテムに耐久力が設定されていたりと、今でも見られるような要素をいち早く表現しています。シンプルながらも3DダンジョンRPGの基本を抑えた本作、国産RPGを語るなら、おさえておきたいタイトルといえるでしょう。

※PDF特典のマニュアルは一部落丁しております。
※何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!


「プロジェクトEGG」公式サイト

  • 関連タイトル:

    プロジェクトEGG

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ