オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/08/20 17:26

業界動向

「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益

 日本では「荒野行動」iOS / Android「Identity V」iOS / Android)などで有名なNetEaseの,2020年第2四半期(4月〜6月)業績報告が公開された。例によって原稿執筆時点ではUnaudited(未監査)なので正式な財務情報ではなく,さらに抜粋版となるが,いくつかのトピックを抜粋してみよう。

画像集#002のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益

外部サイト:NetEase Announces Second Quarter 2020 Unaudited Financial Results


外部サイト:NetEase 2Q 2020 Investor Presentation


 中国では今でも「フリーメールの会社」というイメージの強いNetEaseだが,2001年にオンラインゲームに注力するようになり,もはや中国最大のゲーム“専業”会社と呼んでも差し支えないレベルになった。「荒野行動」「Identity V」「ライフアフター」など,日本ではスマホゲームの会社として認識されているが,そもそもはPCゲームの会社であり,PCオンラインゲームにおいてもその存在感は大きい。
 あらゆるゲーム会社に投資を行いグループ化して,プラットフォームとしての巨大化を目指しているTencentに対しては,こちらはいくつもの開発チームやスタジオを内部に抱えて,割と正面からゲームそのものに向き合っている会社だといえる。

 そんなNetEaseの2020年Q2(第2四半期)の総売り上げは,181.85億元(約2791億円)で,YoY+26.6%という好調さだ。比較するものでもないが,売り上げの規模を数字感として見せると,ざっくりスクウェア・エニックスの3倍,任天堂の8割近くにも達している。なお売り上げ総利益としては97.92億元(約1504億円)が計上されており,こちらはYoY+26.6%だ。

画像集#003のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益

関連記事:スクウェア・エニックス・ホールディングス,令和3年3月期 第1四半期決算を発表


関連記事:任天堂が経常利益6.8倍と大幅な増益。「あつ森」は1063万本を販売し,累計販売本数は2240万本に


 総売り上げ2791億円のうち,80%近い約2123億円を「オンラインゲーム」が叩き出しており,NetEaseが業態として完全にゲーム会社であることはここからもうかがえる。ざっくりした概要しか公開されていないので,このうち日本での売り上げが占める割合がどれくらいかなどは分からないのだが,ハイライトとして

「荒野行動」と「ライフアフター」(iOS / Android)が,日本市場で引き続きよいパフォーマンスを出している
「Fantasy Westward Journey H5」(夢幻西遊),「King of Hunters」(iOS / Android),「ウイニングイレブン クラブマネージャー」(iOS / Android,代理パブリッシング)などの新作を,次々とローンチ
上半期において,中国でのWorld of Warcraftの同接者数の記録を更新(※NetEaseは,中国でのBlizzard作品運営会社)

などが挙げられている。

画像集#004のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益

「Chinajoy 2019」のときの,NetEase×Blizzardのステージ
画像集#005のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益
 いつもと比べて,全体的に今回のハイライトは記事として抽出するような要素が少ないという意味ではやや地味なのだが,それは裏を返せば“全体的に調子が良い”ということであって,むしろ企業としてはそのほうが凄いのではないだろうかと思う。
 昨年,大手ECサイトだった「コアラ」(網易考拉)をアリババに売却し,自社音楽配信サービスにもアリババの資本を受け入れるなど,ゲーム事業以外がやや小休止モードに入ったように見えたNetEaseだが,それはすなわちゲームに本腰を入れるということ。全社売り上げの80%を叩き出すゲーム事業は,このあとも世界レベルの新作が次々と発表される予定で,攻勢の手を緩めるつもりは毛頭なさそうだ。

 4Gamer読者の皆さんもちょっと期待して待っているであろうスマホ版ディアブロである「Diablo Immortal」iOS / Android)(ディアブロ イモータル)をはじめ,つい先日海外配信がスタートした「EVE Echoes」iOS / Android),あの“指輪物語“を原作としたモバイルストラテジーゲーム「The Lord of the Rings: Rise to War」,これもまた世界に轟くIP”ハリー・ポッター“の世界観の上に作り上げられているデジタルカードゲーム「ハリー・ポッター:魔法の覚醒」など,大作が目白押しだ。

画像集#006のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益 画像集#007のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益
画像集#008のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益 画像集#009のサムネイル/「荒野行動」「Identity V」のNetEase,2020年第2四半期の売り上げは2791億円で,1504億円の利益

 中国国内でのゲームに対する規制は,いまのところ緩まる気配がない(まぁそれでも唐突に,予告もなく変わったりすることもあるが)。
 昨年以降,ゲーム事業をメインにすべく舵を切って世界へ打って出ようとしているNetEaseのアクションが,吉と出るのか凶と出るのか分からないが,少なくとも現時点では良い方向へと動いているように見える。今後のさらなる動向に注意を払っておきたい。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月01日〜12月02日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
巨神と誓女 (BROWSER)
2020年06月〜2020年12月