オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
あの名作RPGの精神的後継作がついに登場。業界の重鎮ポール・ニューラス氏が新会社を結成して「Underworld Ascension」を開発へ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/07/02 14:44

ニュース

あの名作RPGの精神的後継作がついに登場。業界の重鎮ポール・ニューラス氏が新会社を結成して「Underworld Ascension」を開発へ

 北米のゲーム業界でも最大功労者の1人に数えられるポール・ニューラス(Paul Neurath)氏が,自身の開発スタジオとなるOtherSide Entertainmentの設立を発表するとともに,その新作となるダンジョンクロール型のロールプレイングゲーム「Underworld Ascension」の制作をアナウンスした。その詳細については触れられていないものの,どこか懐かしいデザインのロゴが公表されるとともに,「1992年にリリースされた名作RPGの精神的な後継作品となる,Underworldフランチャイズの最新作」と説明されている。


 ここ最近は,Zyngaでクリエイティブディレクターの役職にあったポール・ニューラス氏だが,ゲーム業界では1990年にLooking Glass Technologies(その後,Looking Glass Studiosに社名変更)を創設し,「Ultima Underworld」や「System Shock」「Flight Unlimited」,そして「Thief: The Dark Project」といった数々の名作を世に送り出してきた人物として知られる。その背景は,「奥谷海人のAccess Accepted第413回:Irrational GamesとLooking Glass」にあるので,そちらを読んでもらえると,Looking Glassのすごさが分かるはずだ。

 1992年にOrigin Systemから販売された「Ultima Underworld」は,テクスチャマッピング技法という当時としては珍しいテクノロジーを擁した作品として,多くのRPGファンを魅了した。そのデモを見たid Softwareが,「Ultima Underworld」より2週間ほど早くリリースした「DOOM」でテクスチャマッピングを採用させたことから,“史上初”の冠は付いていないものの,そのゲームシステムは「The Elder Scrolls」や「Deus Ex」シリーズなどにも強い影響を与えている。

 「ウルティマ」シリーズのリチャード・ギャリオット(Richard Garriott)氏や,「System Shock」のウォーレン・スペクター(Warren Spector)氏といった当時の関係者達も,ニューラス氏の旗揚げには賛同の意を表しており,今後の動向に注目していきたいところだ。

OtherSide Entertainment 公式サイト

  • 関連タイトル:

    Underworld Ascendant

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日