オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Galaxy Note9」や「Xperia XZ3」などが登場。auの2018年秋冬モデル新型スマートフォンは4機種展開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/11 10:00

ニュース

「Galaxy Note9」や「Xperia XZ3」などが登場。auの2018年秋冬モデル新型スマートフォンは4機種展開に

 2018年10月11日,KDDIは,auの2018年秋冬モデルとなる新型スマートフォン計4機種を発表した。専用スタイラスによるペン入力が特徴であるGalaxyブランドの大型スマートフォン「Galaxy Note9 SCV40」(関連記事)や,Xperiaブランド初の有機ELパネル搭載スマートフォン「Xperia XZ3 SOV39」(関連記事)など,魅力的なハイエンド端末を冬商戦に向けて揃えてきたのが見どころだ。

KDDIの2018年秋冬モデル新製品スマートフォンのラインナップ

 発売日順に並べた製品ラインナップは以下のとおりとなる。

  • Galaxy Note9 SCV40:10月下旬
  • Xperia XZ3 SOV39:11月上旬
  • AQUOS sense2 SHV43:11月上旬
  • LG it LGV36:11月上旬

※2018年10月11日16:10頃追記
製品写真などを追加し,情報をアップデートしました。



Galaxy Note9 SCV40


 2018年8月に,Samsung Electronics(以下,Samsung)が米国で行った独自イベントで発表となったGalaxy Note9が,KDDIから国内向けに投入されることとなった。

Galaxy Note9 SCV40
Android端末本体

 基本的には,2017年冬モデルで登場した「Galaxy Note8 SCV37」を踏襲しつつ,Qualcomm製のハイエンドSoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)の採用や内蔵ストレージ容量の倍増といったスペック面で強化を図った製品だ。

Galaxy Note9付属のS Pen。Bluetooth対応でリモコンとして使える機能がついた
Android端末本体
 それに加えて,本体に収納可能な専用スタイラス「S Pen」をBluetooth LEに対応させたのも見どころである。これにより,S Penをリモコン的に使うことが可能になって,S Pen上のボタンを押すことでカメラのシャッターを押したり,Android版「PowerPoint」のプレゼンテーション進行に使ったりできるようになった。

 専用スタイラスによるペン入力対応という唯一無二の特徴を備えたスマートフォンの最新モデルなだけに,Galaxy Noteシリーズを使ってみたいと思っていた人には,喜ばしい新製品の登場となるだろう。

カラーバリエーションは左からラベンダーパープル,オーシャンブルー,ミッドナイトブラック(左)。KDDIでは,Galaxy Note9の予約,または購入で,Harman International製のネックピロー型Bluetoothスピーカー「SOUNDGEAR」(※実勢価格2万円前後)をもらえるキャンペーンも行っている(右)
Android端末本体 Android端末本体

●Galaxy Note9 SCV40の主なスペック
  • メーカー:Samsung Electronics
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:6.4インチ有機ELパネル「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,516ppi,アスペクト比 9:18.5,HDR対応
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」
    ・CPUコア:Kryo 385 Gold(最大2.8GHz)×4+Kryo 385 Silver(最大1.7GHz)×4
    ・GPUコア:Adreno 630
    ・モデム:Snapdragon X20 LTE
  • メインメモリ容量:6GB
  • ストレージ:内蔵128GB+microSDXC 最大512GB
  • アウトカメラ:有効画素数約1220万画素(※広角)+有効画素数約1220万画素(望遠)
  • インカメラ:有効画素数約800万画素
  • 対応SIM:nanoSIMカード
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • バッテリー容量:4000mAh(Qiワイヤレス充電対応)
  • 待受時間:約440時間(LTE)
  • 連続通話時間:最大2750分
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0+LE
  • FeliCa対応:○
  • USBポート:USB Type-C
  • スピーカー:ステレオ
  • 公称本体サイズ:約76(W)×162(D)×8.8〜9.3(H)mm
  • 公称本体重量:約201g
  • 本体カラー:ラベンダーパープル,オーシャンブルー,ミッドナイトブラック


Xperia XZ3 SOV39


 Xperia XZ3 SOV39は,2018年8月に世界市場へ向けて発表となったXperia XZ3のKDDI向けモデルである。

Xperia XZ3 SOV39
Android端末本体

 冒頭でも触れたとおり,Xperia XZ3 SOV39は,Xperiaブランド初の有機ELパネルの搭載が最大の特徴で,ソニー製テレビシリーズ「ブラビア」でつちかった高画質化技術を組み合わせることで,HDR映像を美しく表示できるとKDDIはアピールしている。

4K解像度のブラビアと同じHDR映像を,手前のXperia XZ3 SOV39にも表示するデモ
Android端末本体

右写真は背面側を撮影したもので,カラーバリエーションは左からボルドーレッド,ブラック,ホワイトシルバー,フォレストグリーンとなっている
Android端末本体
 搭載SoCにSnapdragon 845を採用し,メインメモリ容量は4GB,内蔵ストレージ容量は64GBといったスペックは,2018年夏モデルの「Xperia XZ2 SOV37」と変わっていない。ただ,ディスプレイパネルが5.7インチサイズで解像度1080×2160ドットから,6インチサイズで解像度1440×2880ドットに変わったことで,本体の幅と奥行きサイズも若干大きくなっている。一方で,厚みはXperia XZ2 SOV37の約11.1mmから,9.9mmに薄くなったので,前機種のボテっとした印象はなくなった。

 そのほかに,プリインストールOSが最新のAndroid 9.0になっているのは,見どころの1つかもしれない。

●Xperia XZ3 SOV39の主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 9.0(Pie)
  • ディスプレイパネル:6インチ有機ELパネル「トリルミナスディスプレイ for Mobile」,解像度1440×2880ドット,アスペクト比 9:18,HDR対応
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」
    ・CPUコア:Kryo 385 Gold(最大2.8GHz)×4+Kryo 385 Silver(最大1.8GHz)×4
    ・GPUコア:Adreno 630
    ・モデム:Snapdragon X20 LTE
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC 最大512GB
  • アウトカメラ:有効画素数約1920万画素
  • インカメラ:有効画素数約1320万画素
  • 対応SIM:nanoSIMカード
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • バッテリー容量:3200mAh(Qiワイヤレス充電対応)
  • 待受時間:約520時間(LTE)
  • 連続通話時間:最大2240分
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0+LE
  • FeliCa対応:○
  • USBポート:USB Type-C
  • スピーカー:ステレオ2ch
  • 公称本体サイズ:約73(W)×158(D)×9.9(H)mm
  • 公称本体重量:約193g
  • 本体カラー:ブラック,ホワイトシルバー,フォレストグリーン,ボルドーレッド


AQUOS sense2 SHV43


 AQUOS sense2 SHV43は,シャープが10月3日に発表したエントリー市場向けスマートフォンのKDDI版となる。

AQUOS sense2 SHV43。カラーバリエーションは左からアイスグリーン,ピンクゴールド,シルキーホワイト,ニュアンスブラック
Android端末本体

 本製品は,エントリー市場向け端末としては珍しく,5.5インチサイズで解像度1080×2160ドット,アスペクト比 9:18という縦長アスペクト比のIGZO液晶パネルを採用しているのが最大の特徴だ。
 Qualcomm製のエントリー向けSoC「Snapdragon 450 Mobile Platform」を採用していることもあり,ゲーマーが積極的に選ぶ端末とはならないだろう。

AQUOS sense2 SHV43の前面(左)。エントリー市場向けではまだ珍しい縦長アスペクト比の液晶パネルを採用する。液晶パネル下側のベゼルに,指紋認証センサー兼ホームボタンを備えているのもポイントだ。右写真は背面側。アウトカメラはシングルレンズ式だが,AI処理によって被写体を識別して最適な撮影モードを自動で選ぶ「AIオート」機能を備える
Android端末本体 Android端末本体

●AQUOS sense2 SHV43の主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5.5インチIGZO液晶パネル,解像度1080×2160ドット,アスペクト比 9:18
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 450」
    ・CPUコア:Cortex-A53(最大1.8GHz)×8
    ・GPUコア:Adreno 506
    ・モデム:Snapdragon X9 LTE
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵32GB+microSDXC 最大512GB
  • アウトカメラ:有効画素数約1200万画素
  • インカメラ:有効画素数約1320万画素
  • 対応SIM:nanoSIMカード
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • バッテリー容量:2700mAh
  • 待受時間:約650時間(LTE)
  • 連続通話時間:最大1910分
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.2+LE
  • FeliCa対応:○
  • USBポート:USB Type-C
  • スピーカー:モノラル
  • 公称本体サイズ:約71(W)×148(D)×8.4〜9.4(H)mm
  • 公称本体重量:約155g
  • 本体カラー:アイスグリーン,シルキーホワイト,ピンクゴールド,ニュアンスブラック


LG it LGV36


 最後に紹介するLG it(エルジー イット) LGV36は,LG Electronics製のエントリー市場向けスマートフォンだ。
 スマートフォン初心者が初めて使う端末となることを想定して,スマートフォンの使い方を初歩から分かりやすく説明するという学習アプリ「auかんたんガイド」を搭載するのが特徴で,ホーム画面も初心者向けにシンプルなものとなっている。

LG it LGV36
Android端末本体

 搭載SoCは,Qualcomm製のエントリー市場向け「Snapdragon 425 Mobile Platform」で,内蔵ストレージ容量も32GBに留まるなど,ゲーマーが選ぶべき端末ではないが,身近なスマートフォン初心者に勧める製品としてなら,選択肢の1つとなるかもしれない。

LG it LGV36の前面(左)。ホーム画面はシンプルで,中央にauかんたんガイドを起動するウィジェットが置かれている。背面は中心線上にアウトカメラとフラッシュ,指紋認証センサーが並ぶ。なお,LG it LGV36はおサイフケータイに対応していないので,NFCのマークもない
Android端末本体 Android端末本体

●LG it LGV36の主なスペック
  • メーカー:LG Electronics
  • OS:Android 8.1(Oreo)
  • ディスプレイパネル:5インチIPS液晶パネル,解像度720×1280ドット,アスペクト比 9:16
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 425」
    ・CPUコア:Cortex-A53(最大1.4GHz)×4
    ・GPUコア:Adreno 308
    ・モデム:Snapdragon X6 LTE
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵32GB+microSDXC 最大400GB
  • アウトカメラ:有効画素数約1300万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • 対応SIM:nanoSIMカード
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • バッテリー容量:2500mAh
  • 待受時間:約330時間(LTE)
  • 連続通話時間:最大910分
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.2+LE
  • FeliCa対応:×
  • USBポート:USB Micro-B
  • スピーカー:モノラル
  • 公称本体サイズ:約72(W)×145(D)×8.0〜8.4(H)mm
  • 公称本体重量:約140g
  • 本体カラー:メタリックレッド,パールホワイト,モロッカンブルー

KDDIのauスマートフォン・携帯電話情報ページ

KDDIの当該プレスリリース

  • 関連タイトル:

    Android端末本体

  • 関連タイトル:

    Xperia

  • 関連タイトル:

    Galaxy

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月