※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ソニー,「Xperia XZ3」を発表。シリーズ初となる有機ELパネル搭載スマートフォン
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/30 20:25

ニュース

ソニー,「Xperia XZ3」を発表。シリーズ初となる有機ELパネル搭載スマートフォン

 ドイツ時間2018年8月30日,ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下,ソニーモバイル)は,ドイツ・ベルリンで開催中の家電総合展示会「IFA2018」に合わせた,同社の報道関係者向けイベントで,ハイエンド市場向けスマートフォン「Xperia XZ3」を世界市場に向けて発表した。Xperiaとして初めて有機ELをディスプレイパネルに採用する製品だ。

Xperia XZ3
Xperia

 ソニーモバイルは,2018年夏モデルとなる現行フラグシップの「Xperia XZ2」で,アスペクト比9:18の縦長液晶パネルをXperiaに初めて採用した。その点はどうかだが,有機ELパネルを採用する今回のXperia XZ3もディスプレイパネルのアスペクト比は変わらずだ。ただ,Xperia XZ2だと5.7インチサイズ,解像度1080×2160ドットだったのに対し,Xperia XZ3は6インチ,1440×2880ドットと,より大きく,高精細になっている。

 一方,画面周り以外の基本仕様はあまり変わっておらず,搭載するSoC(System-on-a-Chip)がQualcommの「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)である点や,メインメモリ容量が4GBとなる点,内蔵ストレージ容量が64GBな点はそのまま据え置きとなっている。2018年モデルとしての分かりやすい違いはAndroid 9 Pieプリインストールである点くらいだろうか。

 カラーバリエーションはブラック,ホワイトシルバー,フォレストグリーン,ボルドーレッドの4色。ただ,販売地域によって取り扱うカラーバリエーションは異なるそうだ。

Xperia
ブラック
Xperia
ホワイトシルバー
Xperia
フォレストグリーン
Xperia
ボルドーレッド

 そのほか,原稿執筆時点で明らかになっているXperia XZ3のスペックは以下のとおりだ。

●Xperia XZ3の主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 9.0 Pie
  • ディスプレイパネル:6.0インチ有機EL,解像度1440×2880ドット,HDR表示対応
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」(CPUコア Kryo 385×8,最大CPU動作クロック2.8GHz,GPUコア Adreno 630)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵64GB+microSDXC(最大容量512GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1900万画素
  • インカメラ:有効画素数約1300万画素 F1.9
  • バッテリー容量:3330mAh
  • 対応LTEバンド:5CA対応 4×4 MIMO LTE Cat.18(※市場により異なる)
  • 対応3Gバンド:未公開
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:USB 3.1 Type-C
  • 公称本体サイズ:73(W)×183(D)×9.9(H)mm
  • 公称本体重量:約193g
  • 本体カラー:ブラック,ホワイトシルバー,フォレストグリーン,ボルドーレッド


サイズ感はXperia XZ2とほぼ同じ。エッジAIやカメラといったアップデートも


 先述したとおり,Xperia XZ3のディスプレイパネルサイズはXperia XZ2に比べて対角で0.3インチ(約7.62mm)大きくなった。しかし,左右のベゼル幅がより狭くなり,またパネル面の左右端がカーブしたこともあって,実際に手で持ち比べたときに「サイズが大きくなった」という印象はほとんど受けない。付け加えると,公称本体サイズの横幅はXperia XZ3が約73mm,Xperia XZ2が約72mmなので,おおむね同じサイズ感なのも納得とは言えるだろう。
 ソニーモバイルは,ベゼル幅を狭くできた理由として,筐体のフレームとして採用するアルミニウム合金,そしてディスプレイパネルを覆うCorning製化学強化ガラス「Gorilla Glass 5」がいずれもXperia XZ2時代より高い剛性になっていることなどを上げていた。

 エッジAI(端末上で動作するAI)を活用したUI面での新機能も見どころだ。
 スマートフォンのスタイルとして,大画面の縦長アスペクトデザインが普及する一方で,片手操作では画面上のアイコンやプルダウンメニューのすべてをカバーできないことが往々にしてあるわけだが,その解決策としてXperiaはエッジAIベースの新しいユーザーインタフェース「Side Sense」を搭載したのである。
 Side Senseは,ディスプレイパネル左右端のいずれかを横から2度タッチすることで立ち上げられるランチャーなのだが,このランチャーに並ぶアプリケーションアイコン9個と設定アイコン3個はいずれもエッジAIが「これからユーザーが使う可能性が高いもの」を自動選択した結果になるという。
 自動選択にあたっては,使用頻度の高いアプリケーションや設定を優先するだけでなく,「特定のアプリを起動したその次に起動する可能性が高いもの」や,それこそ「現在地」のような関連性を吟味して提案するようになっているそうだ。

 Side Senseは,ユーザーの操作を随時学習することで,より精度の高いものになっていくとのこと。また,3個までは任意のアプリアイコンをランチャー上に表示させることも可能だという。

 なお,日本では7月後半から8月上旬に発売となったばかりの「Xperia XZ2 Premium」は,アウトカメラにデュアルレンズカメラを搭載していたが,Xperia XZ3のリアカメラは,基本的にXperia XZ2と同じスペックの単眼カメラとなっている。
 つまり,アウトカメラにめぼしい変更はないというわけだが,一方でフロントカメラは強化された。Xperia XZ2は,有効画素数約500万画素でF2.2というスペックのフロントカメラを搭載していたが,Xperia XZ3ではこれが,それぞれ約1300万画素,F1.9となったのだ。また,自撮り用途を考慮して,背景をボカして撮る機能や美肌効果を適用する機能「ビューティーモード」などを備えるという。

 プレスカンファレンス後には,ソニーブースの公開と端末のハンズオンが予定されているので,実機の様子と展示の詳細は追ってレポートしたい。

ソニーモバイルのXperia公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Xperia

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月