オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/05/25 20:40

ニュース

わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始

 インディーゲームクリエイターのヤマダ氏は本日(2024年5月25日),PC向けアドベンチャーゲーム「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」をSteamでリリースした。価格は389円で,リリースから1週間は10%オフの350円で購入できる(価格はいずれも税込み)。
 この発表は,本日配信された「Indie Live Expo」で行われたもの。


 本作は,ChatGPTの利用によって,プレイヤー自身の言葉で容疑者(AI)を尋問できるアドベンチャーゲーム。7回以内の尋問でAIを自白させることが目的となるが,そこから本当の「AIとの対話」が始まるという。

画像集 No.008のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始

 タイトル名に「完全版」とあるが,オリジナルの「ドキドキAI尋問ゲーム」は,2023年3月に1度リリースされたものの,想定を遥かに上回る利用でChatGPT APIの利用料が許容値を超えてしまったため,わずか3日で配信が中止されたという,いわくつきのタイトル。
 完全版は,初公開時に2Dだったグラフィックスが3Dに進化し,ハードモードも追加されたとのことで,すでに体験済みの人もプレイする価値がありそうだ。

画像集 No.002のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始
画像集 No.007のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始

関連記事

ChatGPTが演じる容疑者を尋問する。ブラウザで遊べる「ドキドキAI尋問ゲーム」無料公開中

ChatGPTが演じる容疑者を尋問する。ブラウザで遊べる「ドキドキAI尋問ゲーム」無料公開中

 インディーズゲームクリエイターのげーむくりえいたーねこ氏が,OpenAIの人工知能チャットボット・ChatGPTが演じる容疑者を尋問するというブラウザゲーム「ドキドキAI尋問ゲーム」を公開している。プレイヤーは警察官となり,自由に選んだ言葉で,無限の返答パターンを持つAIを尋問するのだ。※2023年3月30日11:15追記。現在は公開を停止しています

[2023/03/29 11:14]





わずか3日で公開停止。ChatGPTを使った幻のAI取り調べゲーム
『ドキドキAI尋問ゲーム』が完全版になってSteamでリリース!


インディーゲーム開発者のヤマダは、ChatGPTを活用したPC向けAI取り調べゲーム『ドキドキAI尋問ゲーム 完全版』を5月25日(土)にSteamでリリースすることを発表いたします。
通常価格は389円(税込)のところ、リリースから一週間は10%オフの350円(税込)での提供を予定しております。

本作は2023年3月に初公開したものの、あまりにアクセスが集中したためわずか3日間で公開を停止した幻のゲームです。
この度、グラフィックの大幅な強化とハードモードの追加、そして全12言語へのローカライズを行い、Steamで全世界向けに復活いたします。

「AIを本格活用するとどんなゲーム表現が可能なのか?」を体験していただける、今の時代にこそ遊んでいただきたい作品となっています。

YouTube リリースPV:https://www.youtube.com/watch?v=Us-J9qy80YQ


なぜあなたはAIを尋問するのか? 謎に満ちたストーリー


画像集 No.006のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始
画像集 No.003のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始

物語の冒頭、あなたは謎のゲームに参加させられます。

「ドキドキAI尋問ゲームにようこそ。あなたは【有能な警察官】です。
 7回以内の尋問で【AI】を自白させてください」

尋問の言葉はあなたの自由。
【AI】の反応は「ChatGPT」がリアルタイムに生成します。
さらに【AI】には感情回路が埋め込まれており、あなたの尋問によって心拍数が上がり、徐々に自白に近づいていきます。

そして、AIを自白させることに成功したところから、本当の「AIとの対話」が始まります。

話題のAIをゲームシステムに組み込んだだけでなく、それがストーリーの中でも重要な意味をもつ……という二重構造が本作の大きな特徴です。


プレイするたびに変化する、あなただけの物語


画像集 No.004のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始

あなたがAIに伝える言葉も、AIからあなたへの返答にも、無限のパターンがあります。
ドラマチックなやり取りが生まれることもあれば、はたまた笑ってしまう返答が届くことも。

AIをどんな風に尋問するかは完全にあなたの自由。
証拠を積み重ねて緻密な尋問をするもよし。
感情に訴えかける情熱的な取り調べをするのもいいかもしれません。
はたまた、まったく関係ない話題でAIと雑談してみても?

あなただけの物語を作り出してみてください。

本作はゲーム実況・配信にも適した作品です(本作は個人・法人を問わず自由に実況・配信していただけます)。?


グラフィックは3Dに進化。そして新たにハードモードが追加。プレイ済みの人ももう一度楽しめます


画像集 No.001のサムネイル画像 / わずか3日で配信中止になった話題作が復活! 「ドキドキAI尋問ゲーム 完全版」,Steamで配信開始

初公開時に2Dだったグラフィックはリアルな3Dに進化。
臨場感あふれる尋問をお楽しみいただけます。

さらに、新しく「ハードモード」を追加。
指定されたキーワードを入れて尋問を行わなければならず、高難易度かつ工夫を求められる新たな尋問にチャレンジできます。

過去の公開時にプレイした人も新鮮な気持ちで楽しんでいただくことができます。


本当に同じ開発者…? 『ウーマンコミュニケーション』とのギャップ&共通点を楽しもう


本作は、昨年10月に発売されて3万本以上のセールスを記録したPCゲーム『ウーマンコミュニケーション』と同じクリエイターが開発しています。

『ウーマンコミュニケーション』は会話に潜む「センシティブワード」を発見する知的ことば探しゲーム。

「本当に同じ人が作っているのか……?」と疑わしくなるくらい雰囲気の異なる作品ですが、驚きと心に残る物語には共通点もあります。

『ウーマンコミュニケーション』を気に入ってくださった方には『ドキドキAI尋問ゲーム』も気に入っていただけるかもしれません。

『ウーマンコミュニケーション』関連URL:
・トレーラー:https://www.youtube.com/watch?v=h_Y4yt_0_w8
・Steam https://store.steampowered.com/app/2095090/
・DLsite(Windows版)https://www.dlsite.com/home/announce/=/product_id/RJ01104618.html
・DLsite(Mac版)https://www.dlsite.com/home/announce/=/product_id/RJ01104667.html

◆製品情報

タイトル:ドキドキAI尋問ゲーム 完全版
ジャンル:AI取り調べゲーム
対応言語:日本語 / 英語 / 中国語(簡体字) / 中国語(繁体字)/ 韓国語 / ポルトガル語 / スペイン語 / ロシア語 / ドイツ語 / フランス語 / ポーランド語 / トルコ語
開発・販売:ヤマダ https://x.com/GameCreatorNeko
プラットフォーム:Steam(Windows, Mac)
ストアページURL:https://store.steampowered.com/app/2844700/
発売予定日:2024/5/25
予定価格:389円(税込)
トレイラー:https://www.youtube.com/watch?v=Us-J9qy80YQ (日本語版)
      https://www.youtube.com/watch?v=nmZ8pEXGCBc(英語版) 
配信ガイドライン:https://docs.google.com/document/d/1XeLgVUyLIKNN5fNFaRI3YTvxRHLGtPwbK-Wfo10w2BI/
  • 関連タイトル:

    ドキドキAI尋問ゲーム 完全版

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月19日〜06月20日