パッケージ
Salt and Sacrifice
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/05/20 13:29

プレイレポート

2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 2022年5月10日,アメリカのシアトルに拠点を置くインディーズスタジオ,Ska Studiosが手掛けた新作タイトル「Salt and Sacrifice」PC/PS5/PS4)がリリースされた。

画像集#001のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 「Salt and Sacrifice」は,2016年にリリースされた2Dソウルライクアクション「Salt and Sanctuary」の続編にあたるタイトルだ。退廃的な世界を美しく表現する手描き風の2Dグラフィックスと,歯ごたえのある高難度アクションはそのままに,オンライン機能など多数の新要素が追加されている。

 本稿では,そんな本作のプレイレポートをお届けしていこう。YouTubeの4GamerSPチャンネルでは,序盤の流れと攻略に役立つ一振りを紹介する動画も掲載しているので,合わせて見てほしい。なお,今回はEpic Games Store版をXboxコントローラを用いてプレイしている。


「Salt and Sacrifice」公式サイト



ガードや武器の使い分けがより重要に
事前の準備と,状況判断が生死を分ける


 本作の舞台となるのは,混沌を世界に顕現させる危険な存在“魔導司”の侵略によって危機に瀕する王国だ。これに対抗するため,王国は不死の呪いをかけた死刑囚“刻印の審問官”(以下,審問官)を生み出し,魔導司を殲滅する任務に送り出した。

 プレイヤーもまた,そうして死地に足を踏み入れた審問官の一人だ。強大な力を持つ魔導司を狩りつくし,罪をぬぐいさる戦いに身を投じることになる。

画像集#002のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 ゲームを開始すると,さっそくキャラクタークリエイトが始まる。ステータスに影響を与える要素は,初期スキルと初期装備を決定する“クラス”と,ゲーム開始時の所持アイテムとストーリーが少しだけ変化する“罪”の項目だけ。

 クラスは全8種類で,それぞれ特化しているステータスが異なる。まずは目指すプレイスタイルを決めてクラスを選び,それに合わせて罪や外見を設定していくといいだろう。筆者は体力と装備重量の上限が高く,片手剣と盾をセットにした武器種「バンガード」を扱えるパラディンを選ぶことにした。

画像集#003のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#004のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる 画像集#005のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 初期地点から先に進むと,さっそく敵が出現。操作システムは前作とほぼ同じで,ガードとローリング回避で敵の攻撃をいなしつつ,弱攻撃と強攻撃を使い分けながら差し込んでいく。

 敵の攻撃力は高めで,ガードも固い。しっかりスキを見極めて攻撃しなければ,モブ兵士が相手でも勝つのは難しいだろう。どんな敵でも油断すれば負けてしまう緊張感は,しっかり前作から引き継がれている。

初期装備には飛び道具も用意されている。弓のような射撃武器だけでなく,手斧のような投擲武器も同じカテゴリの装備品として扱われる
画像集#006のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#007のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 ステージの各所には「オベリスク」が置かれており,敗北しても直前に触れたオベリスクで即座に復活できる。ソウルライクの死にゲーらしく,何度も挑んでコツを体に染み込ませていこう。

 そのほかにも,一度倒れた後は特殊なアイテムを使うまで体力の上限が減るシステムや,オベリスクで休むことで回復アイテム「暖心のフラスコ」が補充されるシステムなど,ソウルライク作品でお馴染みのシステムが多数採用されている。同系統の作品に触れてきた人であれば,基本的な仕様はすぐに理解できるはずだ。

「暖心のフラスコ」を補充する際には素材が自動で消費される。必要な素材は各所で拾えるので,見つけたら忘れずに拾っておきたい
画像集#008のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#009のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

「潔白の欠片」を使うことで,減ってしまった体力の上限を戻せる。体力の残り割合はそのまま維持されるので,満タンのときに使った方が効率が良い
画像集#010のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる 画像集#011のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 しばらくキャラクターを動かしてみて,本作は前作よりもアクション全般が硬派な仕上がりになっているように感じられた。特にその傾向が強いのは,ガードに関連するシステムだ。

 本作では敵の攻撃を弾く共通のアクション「パリィ」がなくなり,武器を使って敵の攻撃をタイミング良くガード(以下,ジャストガード)することで敵の攻撃を弾けるようになっている。弾かれて体勢を崩した敵に接近すれば,致命の一撃を叩き込める。

 前作のパリィはそこまで難しくなかったのだが,本作のジャストガードはやや難度が高く,安定して決めるのは難しい。早めの入力を意識すれば失敗しても普通のガードになるのでリスクは低めだが,強力な攻撃を受けた場合は一気にスタミナを削られてしまう。

 本作では,装備している武器がガード時の消費スタミナに大きく影響を与えるため,バンガードをはじめとするガード能力の高い武器も有力な選択肢のひとつとなっている。

画像集#012のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#013のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 とはいえ,ガード能力の高い武器が常に有利なわけではない。巨大なボスに対してはジャストガードでの反撃が難しく,どんな装備でも大きくスタミナを削られてしまう。

 そんな場面では,ジャストガードを狙うタイミングは最小限にとどめ,単純に攻撃力の高い武器や状態異常,飛び道具などを駆使して戦うのが有効だ。

敵からの強力な攻撃をガードすると,1回で4割近いスタミナを削られてしまうことも。素直に攻撃力の高い武器を装備して,ローリングで回避するのが無難だろう
画像集#014のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#015のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 また,各武器には「ルーンスキル」と呼ばれる特殊能力が備わっており,対応するスキル(グリフ)を取得することで利用可能になる。単純に高威力の攻撃を放つものから,自身にバフを与えるものまで効果はさまざまで,使いこなせば戦いを有利に進められる。

 ルーンスキルが武器に紐づいているため,本作では特定の戦い方を極めるというよりも,敵との相性を見極めて武器を切り替えながら戦うスタイルが推奨されているように感じられた。こだわりの武器一本で攻略していくことも可能だが,進行に詰まったら武器を持ち替えてみるだけでも攻略がスムーズになるはずだ。

ルーンスキルには,ダメージの応酬で累積するゲージを使う「レイジスキル」と,知力によって上限が決まるゲージを使う「フォーカススキル」が存在する
画像集#016のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる


素材をドロップする魔導司討伐を中心に据えた
メリハリのある死にゲー体験を味わえる


 主人公と同じ審問官が集まる「免罪の谷」と呼ばれる場所では,敵を撃破した際に得られるソルトを使ったレベル上げ,装備品の強化,素材を使っての新たな装備の作成など,冒険前の準備を行える。

画像集#017のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#018のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 成長システムについてはほぼ前作と同様で,レベルによって直接上昇するステータスはライフ(体力)のみ。レベルが上がるごとに「黒い星石」が手に入り,これを使ってスキルツリーのノードを解禁することでステータスが上昇していく。

 特定カテゴリの武器,防具を装備可能にするノードや,前述したスキルを利用可能にするためのノードもあるので,使いたい装備やスキルを決めてツリーを伸ばしていこう。

一定レベルごとに「黒い星石」と同時に得られる「灰色の星石」を使えば,1度解禁したノードを未解禁状態に戻し,使ったぶんの黒い星石を獲得できる
画像集#019のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#020のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 拠点には魔導司が待ち受ける各ステージに通じるポータルがあり,特定のルーンを組み合わせることで新たなステージを発見できる。発見したステージを探索し,ソルトやアイテムを獲得したら拠点に戻ってキャラクターを成長させ,また探索に挑んでいく……。こうした流れが本作の基本となる。

画像集#021のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 また,攻略の中で“審問官の道具”を入手すると新たなアクションが追加され,行動の幅が広がっていくという要素も用意されている。各ステージでの行動が楽になるだけでなく,拠点でも素早く行動できるようになるので,まずは道具の入手を目指すと良いだろう。

ハイライトされた場所にフックを投げて特殊な移動ができる「鈎付きのフック」。入手後には進める場所が広がるので,新たな道具を手に入れたら探索済のステージをもう一度確認してみよう
画像集#022のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#023のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 探索関連で特徴となっているのは,素材集めとクラフトに関する要素だ。ステージの奥地に待ち構えている魔導司とその配下は,特殊な素材をドロップし,それらを収集することで新たな装備をクラフトできる。

 審問官が追う存在だけあって,魔導司と配下は強大な力を持っているが,それだけに素材からクラフトできる装備品は強力なものばかり。強敵を倒した先に豪華な装備品が待っているとなれば,そのハードルを超えるモチベーションもわいてくるというものだ。

画像集#024のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#025のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる
画像集#026のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 また嬉しいことに,素材のドロップ率はかなり緩めで,装備を1種類クラフトするだけなら何度も挑戦する必要はない。さらに,一度撃破した魔導司は以降もステージにランダムで出現するようになるので,少し足りなかったとしても集めるのにさほど苦労はしないだろう。

 再戦時にもソルトはしっかり得られるので,装備のために魔導司を探して撃破していくだけで,装備とステータスの両面を同時に強化できる。強力なボスに出会って行き詰まってしまったときは,引き返して装備の充実を目指せば,自然とボスにも対抗できるようになっているというわけだ。

 レベルを上げるためだけに敵を狩り続けるのではなく,常に目的を持ってプレイできるので,行き詰まってしまっても「今度はあれを作ってみよう」「別の装備も試してみよう」と,モチベーションを高く保ちながら遊ぶことができる。

画像集#027のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 ただ,素材関連では少し気になる点もあった。素材は装備だけでなく,消費アイテムを作成するためにも必要になるのだが,回復に必要な「暖心のフラスコ」や,飛び道具の弾丸になる「矢弾」など,足りなくなれば攻略に支障が出る必須級アイテムにも素材を要求されるのだ。これにより,攻略中の素材採取が半ば義務化してしまっている。

 一部のアイテムは素材から直接作成が可能だが,暖心のフラスコはオベリスクで休息した際にのみ補充(自動作成)されるため,単に素材を収集する手間が掛かるだけの要素になってしまっているように感じられた。

画像集#028のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 オベリスク間のワープ機能もなく,マップ機能なども用意されていないので,素材が足りなくなってしまったらステージを駆け回って回収しなければならない。

 これらの素材は攻略の中で容易に入手可能で,採取する際のアニメーションは短くスッキリしたものになっているが,やはり義務的に何度も何度も繰り返していると面倒に感じられてしまう。道中で採取を行うことで即座に得られる恩恵があれば喜んで採取するので,何かしら意味のある要素として調整が行われることを期待したい。

必要な素材を用意すれば,暖心のフラスコをはじめとする各種アイテムの所持上限を増やすことも可能だ
画像集#029のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 最後に,本作から追加されたオンライン要素についても軽く触れておこう。ゲームを進めると入手できる「金色のろうそく」を使用するとホストとしてプレイヤーを呼び込み,「白色のろうそく」を使用するとホストのゲームにゲストとして参加できる。また,パスワードを設定して特定のプレイヤー同士でマッチングを行うことも可能だ。

 このとき,参加時にゲスト側のプレイヤーが所属する“派閥”によって,ホストとのCo-opになるか,ホストとゲストのPvPになるかが決定される。ゲストとして参加する前に,自分がどの派閥に属しているのかはしっかり確認しておく必要がある。

画像集#030のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 こうしたオンライン要素はゲームに深みを与えてくれるのだが,個人的に一番嬉しかったのは,これらのオンライン要素を一切使わなくとも問題なくゲームをプレイできる点だ。

 ゲーム全体の難度は高めであるものの,Co-opやPvPを前提に難度調整がなされている印象はなく,1人用のゲームとしてしっかりと完結している。とりあえず各要素に触れてみて,自分に合った遊び方を選ぶのが良いだろう。

ステージの各所にメッセージを残し,それらを共有するシステムも用意されている。たまに罠を教えてくれたりするが,アテにしすぎると痛い目を見るかも
画像集#031のサムネイル/2Dソウルライク「Salt and Sacrifice」プレイレポート。ガード関連システムの刷新により,正統進化した硬派アクションが楽しめる

 システム面の調整によって緊張感あるバトルが楽しめるようになり,ルーンスキルと素材収集システムでゲーム全体にメリハリが生まれ,さらにオンライン要素によって遊びの幅が大きく広がった本作は,まさに「Salt and Sanctuary」の正統進化作品と言える。

 多彩な武器やスキルを試しながら戦い方を模索し,強力な敵に挑む高難度アクションを求めている人や,退廃的な世界での厳しい戦いに魅力を感じる人であれば,きっと気に入るはずだ。

「Salt and Sacrifice」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Salt and Sacrifice

  • 関連タイトル:

    Salt and Sacrifice

  • 関連タイトル:

    Salt and Sacrifice

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月29日〜06月30日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
54
ELDEN RING (PC)
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
2021年12月〜2022年06月