オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/07/25 14:20

イベント

「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 セガは2020年7月23日,アーケードレースゲームの最新作「頭文字D THE ARCADE」の特別体験会を,セガ秋葉原5号館イベントスペースAkib@koにて開催した。
 同作が初めて一般のプレイヤー向けに披露されたこの体験会は,消毒,マスク着用,検温,ソーシャルディスタンシングが徹底されたうえでの実施となった。
 このイベントに先駆けてメディア向けの体験会が行われたので,本稿ではその模様をお届けする。

体験会の会場に用意された「頭文字D THE ARCADE」の筐体
画像(001)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 人気コミック「頭文字D」を原作とし,2002年稼働の「頭文字D ARCADE STAGE」から続くシリーズの記念すべき10作目となる本作。これまでの作品は峠のコースで2人のプレイヤーがレースを繰り広げるという,原作に則ったルールのもとに展開されてきたが,今作ではファンも驚く最大4人での店舗内対戦モードが実装された。

プレイヤーが座るシートの間には感染症対策用のついたてが設置され,プレイ後に消毒も行われていた
画像(002)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

筐体は「頭文字 D ARCADE STAGE Zero」と基本的に同じものを使用。42インチディスプレイ,新6速シフト,クイックステアリングなどが搭載されている
画像(003)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 体験会では,4人対戦ができる「店内バトルモード」に加えて,「オンラインバトルモード」「タイムトライアルモード」を,それぞれ決められた時間の中でプレイすることができた。なお4人対戦は「店内バトルモード」でのみ楽しめる。

 ゲームは従来通りの峠を走るレースでありながらも,4台のマシンがひしめく展開はかなりの緊張感がある。自分の前を走るマシンを追うだけではなく,後ろから来るマシンにも気を配る必要があり,この感覚は従来のシリーズでは味わえなかったものだ。

曲がりくねった峠のコースを4人で走る緊張感はかなりのものだ
画像(004)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 また本作では「バトルスコア」というシステムが導入されている。これはコースをミスせずにうまく走ることでスコアが上がっていき,それによって画面のキャラクターにオーラが表示されると,相手を抜きやすく,逆に相手から抜かれにくくなるもの。このシステムが,レース終盤の運で勝敗が決まってしまう展開をできる限り抑え,走りでの勝負を演出している。

画面のキャラクターにオーラが出ているのが分かるだろうか。オーラの色はスコアによって変わるという
画像(005)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 また,ゲーム画面には,コーナーリング時の「ギャアアアア」や,対戦相手に接触したときの「ドン」など,原作ではおなじみの擬音を表す文字が画面に表示されるようになった。「ギャアアアア」はうまくコーナーリングできているときに表示されるとのことなので,見た目が「頭文字D」らしいだけでなく,攻略にも使えそうだ。なお,この演出はプレイヤーごとにオン/オフが設定できるとのこと。

擬音の演出は観戦する人へのアピールにもなりそう
画像(006)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 今回の体験会では12台の車種を使用可能で,コースは4種用意されていた。製品版ではストーリーモードを通したチューンナップ要素もあり,やり込んだプレイヤー同士のレースがさらに激しくなることは間違いない。

今回使用できた12台の車種。製品版で採用される車種はまだ未定とのこと
画像(011)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 会場で,本作のプロデューサーである新井健二氏に話をうかがうことができた。新井氏は「頭文字D ARCADE STAGE 8 インフィニティ」以来,5年ぶりに同シリーズのプロデューサーに復帰ということで,「5年経つと『頭文字D』もずいぶん変わって,浦島太郎状態でした」とコメント。作品からしばらく離れ,自分とは別の開発者が手がけるシリーズにはいい意味で驚かされることが多かったとも語り,それを踏まえて,自身がいいと考えるシリーズの方向性で本作を手がけていることを明かした。

体験会のプレイ特典及びアンケート特典としてプレゼントも用意された
画像(008)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

 今回初めて実装された4人対戦については「技術的にオンラインの4人対戦も可能ですが,対面で遊ぶのがゲームセンターのいいところなので,今回はあえて店内のみでワイワイとあそんでもらえるようにしました」とのこと。現在のゲームセンターが厳しい状況にありながらも,対面で遊んでコミュニティを作ることに注力したという。


 稼働に向けて新井氏は「まだ具体的な稼働日は決まっていませんが,今までの『頭文字D』とはまた違った心機一転の気持ちで作っていますので,ぜひ楽しみにしていただければと思います。またオペレーターさんには,ぜひ4人対戦ができる4台を買ってほしいなと思っています!(笑)」とアピールした。“次の寒い時期”の稼働を目標に開発を進めているということなので,期待しよう。

当日現地で関連ハッシュタグ(#頭文字DAC または #頭文字D特別体験会)をつけてツイートした人に抽選でプレゼントされた,スタッフ手作りの筐体ミニチュア
画像(009)「頭文字D THE ARCADE」の体験会レポート。注目の店内4人対戦モードは一瞬たりとも気が抜けない

「頭文字D THE ARCADE」公式サイト

  • 関連タイトル:

    頭文字D THE ARCADE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月06日〜08月07日
タイトル評価ランキング
92
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
2020年02月〜2020年08月