パッケージ
KYUB公式サイトへ
  • NextNinja
  • 発売日:2019/02/07
  • 価格:500円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/16 11:00

プレイレポート

「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

 Nintendo Switch向けアクションパズルゲーム「KYUB」が2019年2月7日にNextNinjaから発売された。「KYUB」は,サイコロ型の物体を操作してコースを進み,チェックポイントを通りつつゴールを目指すというシンプルなルールのゲームだ。しかし,当然ながらコース上には様々なギミックが用意されており,時にはパズルを解き,時には素早い操作でトラップを回避する,といったステージが全80以上用意されている。本稿では,そんな「KYUB」のプレイレポートをお届けする。

画像集#002のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

 本作は,「SUMMER」「AUTUMN」と残り2つ(恐らくWINTERとSPRINGだろう)のワールドで構成されており,そのワールド内に20ずつのステージが用意されている。最初は「SUMMER」の数ステージしか開放されていないが,ステージ内に設置されているスターを集めると,次のステージ,次のワールドと開放されていく仕組みだ。今回筆者は,ワールド「AUTUMN」開放までをプレイしてみた。

ワールドは四季がモチーフになっているようだ。ステージ内もそれに合わせて様相が変化する
画像集#003のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート 画像集#004のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

アクション要素もなかなかの手応え。しかしあくまで“パズルゲーム”


 本作はその名の通り“キューブ”を操作していくゲームだ。立方体をカタコトと転がし,ブロック状の地形で構成されたステージのゴールを目指していく。道中には,複雑な地形や正しい手順で解除しなければならないギミックが存在し,その多くがアクション要素を含んでいるので,タイミングや速度を適切に対処しないとミスとなってしまい,チェックポイントまで戻されてしまう。難しい部分だと,いわゆる“死にゲー”のように何度もやりなおすこととなってしまった。

ギミックだけがミスの要因では無い。柵のないステージからは一歩踏み外しただけで落下してしまう
画像集#005のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

 ここまでの説明だと「パズルゲームというよりはアクションゲームなのでは?」と思う人もいるかもしれないが,実際にはそうではない。あくまで本作は“パズルゲーム”であり,複雑な謎解きが要求されるときのアクション要素は控えめに設定されている。基本的にはアクションを交えつつ簡単なパズルをサクサクと攻略し,時折関門のように待ち受ける難題を,画面とにらめっこしながらじっくり解くといった形だ。

 そして肝心のパズルの難度は,あくまで筆者の体感になってしまうが,高難度と言っていいレベルに感じた。筆者はパズルゲームが得意というわけではないが,それを踏まえてもワールド1「SUMMER」の全ステージををクリアするのにはそれなりに苦労した。今後ステージが進んで順当に難度が高くなっていくことを考えると,やりごたえは充分にあるだろう。

パッと見では解けないパズルも多い。試行錯誤して答えを探そう
画像集#006のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート 画像集#007のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

パズルを構成する数々のギミック


 ワールド1のパズルを構成するギミックは「押すと別のギミックが作動するスイッチ」「プレイヤーのキューブにくっつけて持ち運ぶことができる箱」「対応したボタンを押すことで張り付くことができる特殊な壁」が主なものだった。この3種類に加え,踏むと爆発する爆弾や,触るとミスになってしまうレーザーなど細かいギミックが加わり,様々なタイプのパズルとして登場する。

スイッチ+レーザーや,箱+張り付き壁など,本作に登場するギミックは様々な組み合わせで登場する
画像集#008のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート 画像集#009のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

 さらに,軽くワールド2「AUTUMN」の1ステージ目を覗いてみたが,また新たなギミックが増えていた。もちろんワールド1のギミックと合わせて出てくるので,全ワールドを合わせるとパズルのバリエーションはかなりの数となりそうだ。

謎を解くだけではない「KYUB」のやり込み要素


 パズルゲームは,一度クリアしてしまうとやることが無くなってしまうものが多い。しかし,本作において謎が解けたステージというのは,謎を解く時間が不要になったステージ,つまり“タイムアタックに挑戦できるようになったステージ”となる。攻略に行き詰まってしまったときや,全ステージをクリアした後に改めて挑戦してみるのも一興だろう。

ステージ開始時に表示されるパネル。タイムのほかにもミス回数に目標が設定されている
画像集#010のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

 その他にも本作のやり込み要素として,スター集めがある。スターを集めるとワールドが開放されると前述したが,実はそれだけではない。スターを集めた数に応じて,自身の操作するキューブの見た目,いわゆるスキンを変えられるのだ。ちなみに,ワールド開放に必要なスターの数が最大53個なのに対して,スキン開放は最大130個スターを集める必要がある。こちらもかなりやり込みがいがある。

スターは面倒な位置に設置されていることが多い
画像集#011のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

最初に開放できるスキン「Sumo」。残念ながら性能の変化は無い
画像集#012のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート 画像集#013のサムネイル/「頭脳」と「技術」,両方のセンスが求められるアクションパズルゲーム「KYUB」プレイレポート

 「KYUB」は,パズルもアクションもなかなかの難度であり,ゲーム中に攻略に関わるヒントは一切無いので,どちらかというと他のゲームである程度経験を積んだ人におすすめしたい作品だ。あまりゲームをやらない人や,パズルアクションが苦手だと言う人は,このゲームには少し苦労するかもしれない。とはいえ価格は500円(税込)とだいぶお手頃なので,歯ごたえのあるアクションパズルゲームに興味があるという人には,ぜひ挑戦してほしいタイトルだ。

「KYUB」販売ページ

  • 関連タイトル:

    KYUB

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
61
54
ELDEN RING (PC)
53
48
2022年02月〜2022年08月