オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2018]「アサシン クリード オデッセイ」は,前作オリジンズをベースにさらに進化。1対多の歯ごたえある戦闘も健在だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/13 18:25

プレイレポート

[E3 2018]「アサシン クリード オデッセイ」は,前作オリジンズをベースにさらに進化。1対多の歯ごたえある戦闘も健在だ

 E3 2018のUbisoft Entertainmentブースで,同社が2018年10月5日に発売を予定している「アサシン クリード オデッセイ」PC / PS4 / Xbox One)がプレイアブル出展されていた。

アサシン クリード オデッセイ

 本作の舞台となるのは,古代ギリシャ。スパルタとアテナイが激突するなか,プレイヤーはスパルタの傭兵となり戦いに加わっていくことになる。主人公は男性のアレクシオス,または女性のカサンドラが選択可能だ。どちらの主人公も,装備の外見からしてスパルタ兵という印象で,試遊の範囲をプレイしている限りでは,アサシン要素ゼロである。

アサシン クリード オデッセイ アサシン クリード オデッセイ

本作の試遊ブースでは,プラスチックでできたスパルタ兵の兜が配布されていた。これがやたらと作りこまれていて,販売されても納得できるクオリティだったため,すぐに配布が終わるほどの大人気に。Ubisoft Entertainmentブース付近には,これを被ったスパルタ兵が大量発生していた
アサシン クリード オデッセイ

 基本的なシステムは,前作「アサシン クリード オリジンズ」を踏襲しているが,オデッセイで大きく変わったのは,クエストの進行だ。本作では,プレイヤーが選んだ選択肢によってクエストの展開が大きく変化するのである。例えばAという選択肢を選べば,すんなり目的地に到着できるのに,Bを選んでしまったばかりに,余計な回り道をすることになるなど,プレイヤーの選択が重要になっているのだ。
 中には,あえて「嘘をつく」選択をすると,良い結果に終わるようなクエストもあり,どのように進めていくか,頭を悩ませることになるだろう。

アサシン クリード オデッセイ

 今回の試遊では,何度か戦闘も体験できたが,前作同様,ゴリ押しができないバランスだ。基本的に敵の数が多く,1人で何人も同時に相手をしなければならないうえ,敵の攻撃をきっちり回避しないとすぐに倒されてしまう。
 そこで重要になるのは,敵を攻撃したり,回避したりすると溜まるゲージを消費して,さまざまなスキルを駆使することだ。スキルは,敵の盾を奪い取ってぶん殴るものや,敵を蹴り飛ばして強制的にダウンさせるものなどがあり,どれも強力な効果を持っている。さらに,発動中は周りの敵から攻撃されない効果もあるので非常に便利だ。いかにゲージを溜め,スキルを使って敵の数を減らせるかが,生死を分けることになるだろう。
 なお,スキルは,ハンター,ウォリアー,アサシンの3カテゴリに分かれていて,主人公のレベルアップで得られるアビリティポイントを使うと習得できる。

アサシン クリード オデッセイ
アサシン クリード オデッセイ

 前作は,それまでのアサシン クリードシリーズとは異なる方向に進化した意欲作で,オープンワールドの広大なマップやさまざまなクエストを,プレイヤーが自由に探索でき,キャラクターの成長やアイテム収集などのRPG要素も盛り込んでいた。本作は,それらをさらに強化してきた印象だ。また,古代ギリシャの地が,アサシンとどのように関わってくるのかも気になるところ。さらなる情報を楽しみに待ちたい。

アサシン クリード オデッセイ

4GamerのE3 2018記事一覧

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード オデッセイ

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード オデッセイ

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード オデッセイ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月