オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
実況パワフルプロ野球2018公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2018/04/26
  • 価格:通常版:7980円(税抜)
    デジタルデラックス版:9980円(税抜)
  • Yahoo!で買う
読者の評価
30
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/05 17:41

イベント

「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

画像(001)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
 2019年8月31日,一般社団法人日本野球機構(NPB)とKONAMIは,「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンのプロテスト2次選考の東日本オフライン選考会を東京・KONAMIホールにて開催した。

 eBASEBALL プロリーグは2018年より開始された,「実況パワフルプロ野球」のプロeスポーツリーグで,選ばれたプレイヤーがセ・パ12球団の登録選手となり,実際のプロ野球と同様に各リーグのペナントレースや日本シリーズを戦う,まさに「eスポーツの日本プロ球界」といった様相のプロリーグである。
 本塁打王など選手の活躍に応じた各個人タイトルにも報酬もあり,その総額は1200万円というビッグさでも話題を呼んだ。

 登録選手は実際のプロ野球と同じようにドラフト会議を経て選ばれる。2019年度のeBASEBALL プロリーグ「eドラフト会議」選考会は2019年9月16日に開催され,28人がプロ選手として登録されるが,その前に「プロテスト」を東京と大阪で行い,eドラフト会議候補者を約40人に選抜する。東京でのプロテストとなる「東日本オフライン選考会」の様子をレポートする。

画像(002)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

「eBASEBALL プロリーグ」公式サイト

「実況パワフルプロ野球2018」公式サイト


 東日本オフライン選考会ではまず,5〜6人で結成したグループ内で総当たり戦を行い,各グループの上位2名が勝ち残る「実技試験」を経たのち,実技試験を突破した選手と個別にヒアリングをして人柄や熱意を判断する「面接試験」が行われるという二段構えだ。

 今回の実技試験は,参加者がA〜N組の14グループに分けられ,総当たり戦が行われた。各グループには「昨年のプロリーグに参加した元選手(再契約を狙う選手)」や「オンライン予選での上位選手」が別のブロックになるよう配置され,これにより強者ばかりが揃った「死のグループ」や,強敵がいない「ラッキーなグループ」が起こりにくい仕組みが取られていた。

 実技試験は,PS4版「実況パワフルプロ野球2018」で行われた。事前に発表済みの「オフライン選考用チーム」を使用,規定イニング5回,延長ナシなどといった統一レギュレーションだ。
 実技試験の結果,各グループ上位2名(計28名)と主催者推薦2名の合計30名が試験を突破し,続けて面接試験に臨むことに。
 面接の内幕は非公開なので詳細は不明だが,最終的なプロテスト選考会の結果は,2019年9月5日に発表が行われるとのこと。西日本と東日本で行われたオフライン選考会の実技と面接の結果を踏まえ,さらに「eBASEBALL 全国中学高校生大会 -共同通信デジタル杯-」の優勝チームの選手も加え,選抜が行われるとのことである。

総当たり戦なので長時間におよび実技試験だが,プレイ中の選手は真剣そのもの。中には下履きを脱いでプレイしたり,お気に入りのタオルを用意して挑む選手もいた。普段,自宅でプレイしていると同じ状況を作って,リラックスする狙いがあるのだとか
画像(003)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる 画像(004)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

数少ないプロ選手の枠を争うライバル同士ではあるが,試合後は和気あいあいと語り合う場面も。有力選手同士の試合では自然にギャラリーができるなど,本当にパワプロが好きな人達が集まり,楽しんでいるのが感じられた
画像(005)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる 画像(006)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

試合終了後,結果は即座にプリントアウトされて順位がすぐに判明するため,ライバルとの得失点差や持ち点の計算をしながら試合を進めていける
画像(007)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる 画像(008)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

 プロテスト会場では実技試験の終了後,特別ゲストとして元プロ野球選手の高木 豊さんが登場。プロ野球選手のOBとして,これからプロに選ばれるプロテスト参加者へ「勝負とは戦略,戦術が必ず必要になる」「勢いを出すには時間短縮,一気に攻め込むのが鉄則」「プロとしての自覚,プライドをもってほしい」とアドバイスを贈った。なお高木さんは,eBASEBALL プロリーグの解説も担当されるとのことだ。

特別ゲストの高木さんは,事前に開催されたオフライン予選にも参加したという。「パワプロ歴は長いのですが,予選ではコテンパンにやられました。僕はいまYouTuberなのでプロ戦術の詳細はチャンネルにて(笑)」と笑いを交えたトークで会場の緊張をほぐしていた
画像(009)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

 東日本オフライン選考会で勝ち残った28名+推薦選手2名のeドラフト選抜候補生は,全員がパワプロの強者でありつつ,個性的なキャラクターや戦略性をもつバラエティ豊かなメンバーとなった。以下,候補生達の顔ぶれとコメントを掲載し,記事の結びとしたい。

画像(011)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Aグループ 1位 tell選手 (前ソフトバンク)
緊迫感があり,昨年より遥かにレベルが高かったです。私はグループ内の最終戦,最終回の2アウトまで同点だったのですが,勝ち越せないとこの場に立てていませんでした。土壇場での勝負強さをプロリーグでも発揮できるように頑張りたいです
画像(012)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Aグループ 2位 ゆさ選手 (eBASEBALL中学高校生大会優勝)
途中までは自分のプレイができましたが,打撃が湿ってきたので修正したいです。前回の中高生大会のときはお客さんの視線のなか楽しくプレイできましたが,今回は「ライバルの視線」を感じて,雰囲気が違うというか,プレッシャーでした
画像(013)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Bグループ1位 くや選手(前楽天予備登録)
正直,厳しい戦いの連続で,楽な試合がありませんでした。練習では速い球に慣れるため試合数をこなしてきました。回数だけでなく,苦手なコースを重点的に練習するなど効率のよさも考えてきました。昨年は予備登録選手だったのでリベンジを果たせて良かったです
画像(014)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Bグループ 2位 ルービット選手
今まで対戦してきた相手のデータをすべて記録しているので,それを活用したデータ野球ができました。データ集めは昨年から始めて,今ではワードで130ページ分くらいあります(笑)。相手がどこに投げるか分からない状態よりも,打てる球が多くなります
画像(015)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Bグループ 主催者推薦 JOY戦士選手 (前日本ハム)
昨年プロリーグ化されて参加者のレベルが上がってきた。3位通過なのでホッとしています。緊張で最初のほうは手が震えながらプレイしていましたが,終盤でしり上がりに調子が上がってきました。ファイターズファンですが,どの球団でも必死にプレイしてきたい
画像(016)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Cグループ 1位 ころころ選手 (前巨人)
プレッシャーよりも手がちゃんと動くかどうかの「自分との戦い」です。自分にできる事をちゃんとこなせば結果は自ずとついてくるので,普段どおりのプレイができるように心がけました。自分は人と隣り合うオフライン練習を重視していて,練習会に多く参加しました
画像(017)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Cグループ 2位 みーちょ選手
昨年はプレイオフまで進んだのですが一歩届かず,その雪辱を晴らせました。自分は場の状況を考えてプレイするのが得意で,今回は読みも当たってラッキーでした。パワプロや野球に興味がない人でも興奮できるようなプレイをしていきたいです
画像(018)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Dグループ 1位 フサマント選手
私は投球が得意で,本予選は全試合1失点以内で抑えられたのは自分の強味を出せたと思います。昨年のプロ選手とのオンライン対戦できた機会では私が勝てた試合もあったので,実力的にも同じプロとしてやってやるぞ! という気持ちです
画像(019)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Dグループ 2位 KOCO選手
昨年と同じ2位通過という結果はリベンジを果たせずちょっと悔しいです。打撃が苦手なのでオンライン対戦で数をこなしてきました。まだまだうまくなれるし,実績は全然ないですがプロリーグでは新しい風を吹かせられたらなぁ,と思います
画像(020)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Eグループ 1位 拳王選手
一言でいうとワクワクしました! オンライン対戦が主流なので,人か集まって対戦する機会はなかなかないので童心に戻れて幸せですね。自分の強みは粘り強さ。オンライン予選でもサヨナラ勝ちが9試合あり,本予選でも5回2アウトからの逆転の試合で勝ち抜けました!
画像(021)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Eグループ 2位 ばやし選手
あまりゲームの大会に出たことがないのですが,昨年のプロリーグを見て楽しそうだったので今年は参加してみました。パワプロは対戦以外のモードばかりで遊んでいたので大変でした。野球は接戦が面白いので,諦めない姿勢をみせる面白い試合をしていきたいです
画像(022)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Fグループ 1位 けいてぃ選手
昨年の予選では1勝もできなかったので,本予選の最初の1勝がとても嬉しかったです(笑)。 今回,靴を脱いで素足でプレイしていたのは「自宅と同じ環境に持っていきたい」のが理由ですが,プロの試合では許されるか判りませんのでルールに合わせます!
画像(023)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Fグループ 2位 ねお選手 (前楽天)
去年と比べてレベルが高いなと感じました。グループ2位は悔しいが1敗もしなかったの良かった。僕はホームランを恐れず,強気にインコースにガンガン攻めていくプレイスタイルです。元プロなので「そういう目」で見られるのが,メンタル的にしんどかったです
画像(024)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Gグループ 1位 すん選手
めちゃ緊張しました。各対戦の最終回,5回の攻防は手が震えましたね。僕はリアルでも野球をしているので,ピッチャー心理や配球を読んで打撃につなげるなど,常に考えています。パワプロはリアルの野球と近い部分がすごく多く,野球人生が活きていますね
画像(025)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Gグループ 2位 マツ選手(前ロッテ)
知人とオフライン戦の練習を十数日してきた内容が今日できなかったです。まだまだすべての精度が足りないので練習で底上げしていきたい。不完全燃焼です。昨年のプロリーグ選手なので挑戦を受ける立場でしたが,ほかの選手のレベルが上がっているのを実感しました
画像(026)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Hグループ 1位 マエピー選手 (前ヤクルト)
独特の緊張感があり,相手の甘い球を打てなかった場面が何度もあるなど,プレイには納得いかない部分もありました。普段の練習は日によりますが,できれば毎日2〜3時間はやっていきたい。今年,結婚したので応援してくれてる妻に喜びを伝えたいです!
画像(027)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Hグループ 2位 ガブ選手
全勝するつもりで来たのですが,今年も2位追加なので悔しいです。自分はえぐりこんでいく強気のピッチングで押さえていくの強味ですが,それでも敗退した試合があるのが悔しいですね。一切点を取られないような試合をしていきたいです
画像(028)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Iグループ 1位 えぞひぐま選手 (前ヤクルト)
目標は4勝1敗でしたが,全勝という120点の結果でした。自分の強味は読みと心理戦で,相手より精神的に優位に立つことで強気の配球ができ,読みを外すことができます。えぞひぐまという選手名ですが,出身は北海道ではなく沖縄です(笑)
画像(029)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Iグループ 2位 夕詩選手 (eBASEBALL中学高校生大会準優勝)
3勝2敗は不本意ですが突破できてホッとしています。全体的にナイスピッチ率が高くて打ちづらく,自分もロースコアゲームの厳しい試合が多かったですね。プロへの自信はあります。選ばれるために一年ずっと掛けてきたのでビビるような事を言ってられませんよ(笑)
画像(030)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Jグループ 1位 めし原選手 (前ヤクルト予備登録)
全勝が目標だったので嬉しいです。本調子が出ない可能性を考えたので,調子が悪くても勝てる戦術を組み立てました。精度を極端に求めずに,盗塁を決めたり,ナイスピッチでなくても打ち込まれたりしない配球ですね。自分の調子のイイトキ基準で考えないことです(笑)
画像(031)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Jグループ 2位 Mionman選手
去年は予選で負けてしまったので,今年は必ず本線突破する気持ちでいました。練習ではナイスピッチ率を高めるのを意識しました。その結果,失点は最小限に収まったかなと。投球には自信があるので,見ている人が面白いプレイができればいいなと思います
画像(032)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Kグループ 1位 TAKU選手
無敗で突破したので安心しました。バッティングが得意で,とくに1イニングに集中打で複数点を取るのが持ち味です。本予選でも11点,9点と大量得点できたのが2試合ありました。プロ相手の試合でも負けず,全勝するつもりでやっていきたいです
画像(033)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Kグループ 2位 はる選手
緊張しましたがメチャ楽しかったです。人と一緒に対戦するのは楽しいですね! 自分のテンションが高いときは止められないけど,落ち込んでると(友人でも)余裕で勝てるそうです。ノったら強いですよ(笑)。プロになってパワプロの楽しさを伝えていきたいですね
画像(034)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Kグループ 主催者推薦 高科選手
昨年の結果が振るわず,この一年ずっと苦しい想いがありましたが,ここで終わりじゃない。次のリベンジをずっと考えてきました。去年の事で考えすぎる部分があるので,あまり力まないようにしていますが,やっぱり負けられないプレッシャーはありました
画像(035)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Lグループ 1位 ひらD選手 (前西武予備登録)
緊張感はありましたが,いい刺激になりました。状況に応じた打撃が持ち味なので,確実に1点を取りに行き,チャンスに強い野球ができました。昨年プロになる前は大学野球もしていたのですがプロリーグとの両立は難しいので,パワプロ一本に専念しました
画像(036)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Lグループ 2位 リョウ選手
楽しく試合できました。自分はなるべく強振100%を目指していて,強振を多用して外野の間を抜くとか,ホームランを狙う作戦が活かせました。同じ強振スタイルのプロ継続選手であるジャイアンツ・舘野選手と,ライオンズ・緒方選手を打撃で倒して日本一になりたい
画像(037)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Mグループ 1位 紫庵選手
予選は1位通過なのでよかったです。自分のプレイは積極性の良さ。チャンスならば思いっきりいく,ピンチでも動じない所です。先の事はドラフト会議候補に突破しないといけませんが,自分をドラフトで選んでもらえば……絶対に勝ちます!
画像(038)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Mグループ 2位 どぅーけん選手
1位突破ができなかったのが悔しい。自分は読売巨人軍の営業企画部で仕事をしておりまして,着用中のジャイアンツ「状態イイネ」Tシャツにあやかりたかったのですが,ゲレーロ選手に申し訳ない。会社も応援してくれてますが,ジャイアンツ以外に選ばれたら考えます(笑)
画像(039)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Nグループ 1位 あんちもん選手
甘い球を逃さずに全勝できたので,100点満点の試合ができました! 自信は現状ではないところもありますが,本番までには実力をつけてプロリーグでは全勝していきたいです。バッティングが得意なのでホームランを打つ華のある試合展開していければと思います
画像(040)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる
Nグループ 2位 さたり選手
いやぁ緊張しましたね……ですが,自分としては結果を残せたと思います。ジャイアンツ志望なので,できたらジャイアンツに選んでもらって,全勝できるようなプレイヤーになりたい。自分は考えてプレイするのが強味だと思っております

画像(010)「パワプロ」の強豪30名が選抜された,「eBASEBALL プロリーグ」東日本オフライン選考会レポート。元プロや大会上位者による激戦が繰り広げられる

「eBASEBALL プロリーグ」公式サイト

「実況パワフルプロ野球2018」公式サイト

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球2018

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月