オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/01/04 02:00

テストレポート

Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ

第7世代Coreプロセッサの製品ボックス
画像(002)Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ
 日本時間2017年1月4日,Intelは「Kaby Lake-S」(ケイビーレイクS)という開発コードネームで呼ばれていた,Kaby Lake世代のデスクトップPC向けCPUを第7世代Coreプロセッサとして発表した。

 1月4日に発表となったKaby Lakeの製品ラインナップや概要は別記事にまとめているので,参照してもらえればと思うが,Skylake世代と比べて,アーキテクチャ上の変更や改善点のアピールがとくにない点は強調しすぎてもしすぎることはないだろう。
 Skylake世代と比べた場合,Kaby Lake世代が持つ最大の特徴は,改良版14nmプロセス技術である「14nm+」を用いて製造される点だ。Intelによると,14nm+プロセス技術の採用により,CPUの絶対性能や消費電力対性能比の向上を実現しているとのことである。
 つまり,採用する製造プロセスの改良を除くと,基本的にはSkylake世代の直線的な後継製品であって,実際,既存のLGA1151パッケージと互換性を持ち,従来のIntel 100シリーズチップセット搭載マザーボードでもBIOS(UEFI)をアップデートすれば利用可能だ。

i7-7700Kの性能評価用エンジニアリングサンプル。ヒートスプレッダ上の表記は製品版と異なる
画像(003)Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ
 4Gamerでは,そんな第7世代Coreプロセッサの発表時点における最上位モデル「Core i7-7700K」の性能評価用エンジニアリングサンプルを独自に入手することができた。また,対応チップセットである「Intel Z270」(以下,Z270)搭載のマザーボード「ROG MAXIMUS IX FORMULA」はASUSTeK Computerから別途入手できたので,今回はこれらを用いて基礎検証を行い,デスクトップPC向けの4コアKaby Lakeで,従来のデスクトップPC向け4コアSkylake(=Skylake-S)から何が変わったのかを調べてみたいと思う。

 なお,4Gamerでは別途,Kaby Lake-Sがゲーマーに何をもたらすのか,ゲームを軸にしたレビュー記事も掲載している。「ゲーム用途でどうなるのか知りたい」場合は,そちらを参照してもらえれば幸いだ。

「Core i7-7700K」レビュー。最大クロック4.5GHzの倍率ロックフリー版Kaby Lake-Sはゲーマーに何をもたらすか?



クロックが高くなり,DDR4-2400に対応したKaby Lake-S


画像(004)Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ
Kaby Lake-Sのダイ写真と各ブロック
画像(005)Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ
Kaby Lake世代の倍率ロックフリー(Unlocked)版プロセッサではオーバークロック周りに強化が入って,コア電圧設定を行いやすくなり,AVX Offset Ratio設定も行えるようになった
 Kaby Lake-S,そしてi7-7700Kのスペックは別記事が詳しいのだが,テストに先立って,本稿でも紹介しておきたい。
 i7-7700Kは4コア8スレッド対応で,動作クロックは定格4.2GHz,「Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)有効時に最大4.5GHz,共有L3キャッシュ容量は8MBというスペックである。今回,比較対象に用意したSky Lake-S世代の最上位モデル「Core i7-6700K」(以下,i7-6700K)と比べると定格クロックで200MHz,最大クロックで300MHz高くなっているわけだ。

 末尾Kのプロセッサナンバーを持つことから想像できるとおり,i7-7700Kは,倍率ロックフリー版である。プロセッサの基本的な特性を見ることが目的の本稿で,倍率変更によるオーバークロックについて深く触れるつもりはないが,Intelは,Kaby Lake-Sで,オーバークロック耐性の強化も謳っている。
 具体的には,コア電圧の最適化により,コア電圧の調整が行いやすくなっているとのこと。また,オーバークロックに対してクリティカルなAVX命令実行時のクロック比を個別に設定する「AVX Offset Ratio」を設けたのも特徴だ。AVX命令実行時のクロックを落として高い動作クロックを設定することで,非AVX命令のアプリケーションにおける性能を引き上げたり,逆にAVX命令を使用するアプリケーションに向けて性能を最適化させるといった,柔軟なオーバークロックが可能になるわけだ。

 ちなみに,AVX Offset Ratioは2016年7月発表の「Broadwell-E」ことCore i7-6900&6800番台における倍率ロックフリー版が先行して採用していた。それがLGA1151環境にももたらされたことになる。

 そしてメモリコントローラがDDR4-2400に対応した点も特筆できる。Skylake-SはDDR-2133までの対応だったので,メモリアクセスの高速化によって,性能向上を期待できるようになるわけだ。

 Kaby Lake-Sが統合するグラフィックス機能(以下,iGPU)は「HD Graphics 630」。i7-6700Kは「HD Graphics 530」なので,型番は100上がったわけだが,HD Graphics 630に関して,Intelは原稿執筆時点でほぼ何も語っていない。ただ,GPUの動作クロックが最大1150MHzだと判明しているだけだ。
 シェーダプロセッサに改良が入っているとか,「Execution Unit」の数が増えたとかいった情報は皆無なので,iGPUが変わったか否かは,実際に試してみるほかない。

画像(006)Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ
 そんなi7-7700Kをテストするために用意したマザーボード,ROG MAXIMUS IX FORMULAは,Intel 200シリーズの最上位モデルとなるチップセット「Intel Z270」(以下,Z270)を搭載している。
 Intel 200シリーズチップセットのラインナップ自体は別記事で紹介しているが,Z270は,Kaby Lake-Sの倍率ロックフリー版を用いた倍率変更をサポートする,シリーズ唯一の製品で,要は,Skylake-S