オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
LINE 英雄乱舞
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第283回「リメイクに心躍らせるガンマニアの英雄乱舞」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/08 12:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第283回「リメイクに心躍らせるガンマニアの英雄乱舞」


アニゲラ,次回のゲストは史上最年少。実写映画版「コープスパーティー」でサチコ役を務めた内藤穂之香ちゃんです。マジ天使なので必聴ですぞ
 リメイク版「FINAL FANTASY VII」(以下,FFVII)の新たなトレイラーが公開されましたね。俺は初めてプレイした「ファイナルファンタジー」が“VII”だったので,本作には特別に思い入れがあります。そのせいか,自分の中では「FF」ってファンタジーよりもサイバーパンクな印象の方が強いんですよね。
 長いことリメイクの可能性についてファンの間で囁かれていた「FFVII」ですが,それがいよいよ本当に出ちゃうということで……待ち遠しくて,ソワソワしてしまいます。
 もちろん,不安がまったくないわけではありませんが,トレイラーでキャラクター達が実際に動いているところを見ると期待しちゃいますよね。この世界観,やっぱりツボですわ。
 モノがモノなだけに,発売はいつになるやらという感じですが……とても楽しみです。



 4GamerSPチャンネルにて好評配信中の「マフィア梶田のYouTuber始めました(仮)」。直近の更新では,LINEが今冬に配信を予定している「LINE 英雄乱舞」iOS / Android)をプレイしたほか,おれっちが「白猫プロジェクト」iOS / Android)で武器ガチャ110連に挑戦しました。



 「LINE 英雄乱舞」は織田信長やジャンヌ・ダルク,孫悟空といった世界各国の“英雄”が登場するアクションRPG。史実とファンタジーが融合したかのような世界観が実にユニークです。戦闘がオートプレイに対応しており,レベリングやアイテム集めが快適なのも嬉しいですね。

「LINE 英雄乱舞」公式サイト



 そして「白猫プロジェクト」では,おれっちがアニゲラとのコラボ武器である「オブシダンシリーズ」のガチャでとんでもないフィーバーっぷりを見せています。アジルスの時といい……ちょっとあり得ない出方をしているので,是非ともチェックしてみてください。

「白猫プロジェクト」ダウンロードページ

「白猫プロジェクト」ダウンロードページ




 前回,前々回と美しい海や戦艦ミズーリの写真をお届けしてきたマフィア梶田のハワイ旅行記ですが,今回は「実弾射撃」の話題をお届けしたいと思います。
 昔から,「Fallout」「コール オブ デューティ」「バトルフィールド」など,銃撃戦を楽しめるタイトルをかなり遊んできており,最近でも,家ではもっぱら「Fallout 4」PC / PS4 / Xbox One)や「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」PC / PS4 / PS3 / Xbox One / Xbox 360)で,激しい銃撃戦に身を投じております。ゲーム内ではヘッドショットを決めるなど,その腕には自信があるのですが,これはまさにゲームだからこそ胸を張れる部分なんですよね。
 そんなことを以前から感じており,少し前に「実際の実弾射撃ってどうなの?」という好奇心から,タイまで足を運んで体験し,それ以来すっかりハマってしまいました。そして,今回のハワイ旅行でも事前にスポットを調べ,しっかりと実弾射撃を楽しんできました。

AK-47
LINE 英雄乱舞

 最初はホテルの近所にあった観光客向けの店へ行きまして。そこでは「AK-47」「トンプソン」「デザートイーグル.50AE」「S&W M500」などといった,ビジュアルが派手でフィクションの世界でも大人気の銃を一通り撃ってきました。
 観光客向けに火薬量を減らしていたりするんじゃ……と,ちょっと疑っていましたが,どうやらそんなことはなく一安心。特に50口径の銃では,凄まじい反動を体験できました。

LINE 英雄乱舞
トンプソン
LINE 英雄乱舞
デザートイーグル.50AE

 いつもゲームの世界で愛用している銃に触れてることは楽しいのですが……やはり観光射撃のため,銃のセッティングやリロードは係員任せなんですよね。それに,事故や犯罪防止のために銃はチェーンに繋がれた状態になっているんですよ。これでは,どうにも物足りない。

LINE 英雄乱舞
S&W M500
LINE 英雄乱舞
M4だかM16だかを50口径仕様に魔改造したもの。名称不明

 というわけで,観光射撃ではない,ガチの射撃を学べるところをネットで探して申し込んだんですわ。サイトに「観光目的の方はお断り」「本気でスキルアップしたい方のみ受け付けます」という説明書きがあったのにはちょっと怖気づきましたけれども。せっかくなら,一番硬派なとこに行っちゃおうと。
 これがまぁ,予約確定するまでがなかなか大変でして。まずメールで申し込んだ後,簡単なカウンセリングが必要だと言われたので動機をメールで説明し,それから実際に電話で会話してやっとOKをもらえました。
 ……まぁ,万が一にも頭のネジが外れた輩に銃を握らせてしまったら何するか分かったもんじゃないですし。考えてみりゃこのくらいは気を付けて当たり前なんですが。

 そして当日,ホテルまで車で迎えに来てくれたインストラクターの方と対面。ぱっと見だと普通のおじさんだったので「アレ?」と思ってしまったんですが……いやはや,人を見た目で判断するもんじゃない。射撃場へと向かう道中で経歴を聞いてみると,元は米海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」のメンバーで,さまざまな戦争を戦い抜いたという歴戦の勇士でした。

 これは正直,ちょっとヤベェなって思いましたね。いや,ガチの射撃を学びたかったから大当たりではあるんですけれども……それにしてもガチすぎる人が来ちゃったっていうか……。真面目に取り組まないと殺られる……。申し込みの時点でレッスン料,妙に高いなとは思ったんですよ。完全に納得しました。

 と,ここから長くなってしまいそうなので,続きはまた次回。ネイビーシールズ式・ガチンコ射撃訓練編をお楽しみに。

オマケ。観光射撃で使った的。これは糞エイムですわ……
LINE 英雄乱舞 LINE 英雄乱舞
  • 関連タイトル:

    LINE 英雄乱舞

  • 関連タイトル:

    LINE 英雄乱舞

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日