オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ロストキングダム公式サイトへ
  • Donuts
  • 発売日:2017/09/06
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】洋ゲーっぽいアクションRPGをスマホで味わいたいならコレだ。今夏にサービス開始予定の「ロストキングダム」の主な見どころを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/07/29 12:00

広告企画

【PR】洋ゲーっぽいアクションRPGをスマホで味わいたいならコレだ。今夏にサービス開始予定の「ロストキングダム」の主な見どころを紹介


ロストキングダム
 Donutsは,スマートフォン向けアクションRPG「ロストキングダム」iOS / Android)の正式サービスを,2017年夏に開始する。

 本作は,4:33 Creative Lab.が開発作業を行い,Donutsによる日本向けの“徹底的なカルチャライズ”が施された作品だ。先日実施されたクローズドβテストを通じて,その実力を確かめることができたので,本稿で主な見どころなどを紹介していこう。もし興味を持ったら,正式サービスに向けて忘れずに事前登録を済ませておこう。

ロストキングダム ロストキングダム

「ロストキングダム」公式サイト



人類の存続をかけた魔族との戦いに勝利せよ

主要キャラのCVは中村悠一さん/茅野愛衣さん/水瀬いのりさんが担当


 ロストキングダムの冒険の舞台となる世界では,人類と魔族が,太古の時代から戦いを繰り広げている。そして現在は,“ルーク”と呼ばれる神に選ばれた戦士が次々と倒され,またエルド王国の英雄バルバトスが消息を絶つなど,人類が窮地に立たされているという状態だ。
 そういったなかプレイヤーは,「リック」「マヤ」「セシル」という3体のプレイアブルキャラを操り,魔族に立ち向かうことになる。

●両手持ちの武器を振り回す「剣闘士 リック」(CV:中村悠一)
ロストキングダム ロストキングダム
ロストキングダム

●二刀流による連続攻撃を繰り出す「双剣士 マヤ」(CV:茅野愛衣)
ロストキングダム ロストキングダム
ロストキングダム

●遠距離から攻撃魔法を叩き込む「魔道士 セシル」(CV:水瀬いのり)
ロストキングダム ロストキングダム
ロストキングダム

 近年,スマホ向けのアクションRPGは人気のゲームジャンルだが,本作の基本システムは,それらの“お約束”の多くを採用している。端的に言って,非常に遊びやすいアクションRPGである。

 大筋のゲーム展開としては,拠点エリアで装備アイテムやスキルなどの準備を整えたうえで,人類と魔族の戦いを描くストーリーモードに挑んでいく。そしてストーリーモードの進行に応じてサブコンテンツが順次アンロックされ,プレイスタイルの幅が次第に広がっていくという形だ。

 現在3名が用意されているプレイアブルキャラは,拠点にいる間はいつでも変更できる。近接タイプ/遠距離タイプの違いはあれど,単純に見た目やCVの好みで決めてもいいし,気分転換にチェンジしてもまったく問題はない。

ロストキングダム


オートプレイに任せっきりではもったいない!

手動操作で“無双プレイ”をたっぷり味わおう


 バトル中の基本操作は,画面左下のバーチャルパッドで移動,画面右下の各種ボタンで通常攻撃/ガード/アクティブスキル/ポーションなどのアクションをそれぞれ行う。移動や通常攻撃に対応したオートプレイ機能も搭載しており,これに任せっきりでも,格下相手のバトルなら十分にクリアできるだろう。

難度の低いコンテンツならオートバトルでもクリアできる。太刀打ちできないときは,ゴールドと引き替えに各種バフが得られるので検討するのも手だ
ロストキングダム
ガードボタンには複数の役割がある。ロングタップし続けている間はガード,2回連続のタップで回避,そして攻撃を受ける直前にタップするとカウンター攻撃のチャンスが生じる
ロストキングダム

 ただ,本作ではオートプレイに対応していないアクションも多く存在する。この部分が,プレイヤーにとって腕の見せどころとなりそうだ。

 たとえば,敵から攻撃を受ける直前でのガードに成功すると,画面全体が一瞬スローモーションになり,その瞬間に攻撃ボタンを押すことでカウンター攻撃が繰り出せる。また,特定の条件を満たすと敵がグロッキー状態になり,このときはコンボを叩き込む絶好のチャンスだ。さらに,歩兵や弓兵のNPCを援軍として召喚でき,使用タイミング次第ではピンチをしのげたりもする。
 要するに,オートプレイでもそこそこ戦えるが,突き詰めると手動操作に軍配が上がるというゲームバランスというわけだ。

雑魚モンスターがグロッキー状態になると,画面右下にあるドクロマークのボタンが点灯する。これをすかさずタップすると,スタンやノックダウンを伴う範囲攻撃を繰り出せるのだ
ロストキングダム
ボスモンスターをグロッキー状態にさせると,このように画面が拡大される。攻撃ボタンを連打することで,ボスに大ダメージを与えられるという仕組みだ
ロストキングダム

 もうひとつ強調しておきたいのは,一般的なスマホ向けRPGと比較して,アクティブスキルで与えられるダメージ量が全体的に高めに設定されていることだ。どのスキルも体感としては,いわゆる超必殺技に近い感覚である。

 そのため,マイキャラの移動や通常攻撃をオートプレイに任せつつ,アクティブスキルやカウンター攻撃などを手動操作で行う使い分けが,実際に遊んでみてかなり楽しかった。このスタイルなら,たとえ画面が小さなスマホ端末でも,大勢の敵をなぎ倒す無双プレイの醍醐味を存分に味わえるだろう。

プレイヤーキャラの爵位(階級)を上げることで,戦闘中に援軍を要請できるようになる。歩兵タイプ/弓兵タイプの2種類があり,マイキャラやプレイスタイルに応じてチョイスできる
ロストキングダム

 本作の世界観も,なかなか興味をそそられるモノとなっている。背景やモンスターのグラフィックスはダークファンタジー然としており,“洋ゲー風”と説明すれば,気になる4Gamerの読者も多いのではないだろうか。
 また,ストーリー内容も思っていた以上にハードで,良い意味で期待を裏切られた。ネタバレになってしまうのでざっくりとした説明に留めるが,プレイヤーキャラは魔族との戦いを経て平行世界を冒険することになり,神に選ばれた戦士“ルーク”の秘密へと迫っていくのだ。

 一方,プレイヤーキャラのイメージイラストは日本のゲーマーにも親しみやすいデザインで,人気声優も起用されている。ゲーム全体として見ると,カジュアルとコアが程よくミックスされた印象だ。

ストーリーモードのステージを対象とした“ストーリークエスト”も用意されている。これを目標にプレイすれば着実にレベルアップできるので,同じコンテンツを繰り返すよりも楽しく育成できる
ロストキングダム
ロストキングダム ロストキングダム
ロストキングダム ロストキングダム


ストーリーを進めるとサブコンテンツが続々と登場

ギルドには専用エリアも完備


 上述したように,本作ではストーリーモードのステージを進めると,サブコンテンツが順次アンロックされる。これらの多くは“チャレンジモード”に含まれており,クリアすることでトレジャーボックス“悪魔の箱”などが入手可能だ。以下に,CBTで確認できた各コンテンツをざっくりと紹介しよう。

ロストキングダム

【証明の塔】(プレイ条件:ステージ10をクリア)
 証明の塔は,各階層で待ち受けるモンスターの大群をソロプレイで討伐していく,ステージクリア型のコンテンツだ。階層が上がると敵は手強くなるが,初回のクリア時はひときわ豪華な報酬が得られるので,腕試しにちょうどよいだろう。

ロストキングダム

【曜日ダンジョン】(プレイ条件:ステージ15をクリア)
 曜日ごとに変化するダンジョンを攻略する。1日に1回だけクリアできるので,日課にするとよさそうだ。ちなみにCBT時点では“EASY”の難度が実装されたが,今後は高難度のバージョンも実装される予定だ。

ロストキングダム

【乱闘場】(プレイ条件:ステージ20をクリア)
 最多で8名のプレイヤーキャラがバトルロイヤル形式でPvPを行うというもの。勝敗に応じてポイントが増減し,それをもとに1週間単位でランキングが集計される。

【リーグ戦】(プレイ条件:ステージ30をクリア)
 他のプレイヤーキャラと,1vs.1のPvPを行う。戦績に応じて4種類のリーグに振り分けられるため,自分と近い実力の相手と,スリリングなバトルを楽しめるだろう。

ロストキングダム

【レイド】(プレイ条件:ステージ60をクリア)
 4人編成のパーティで,強力なレイドボスに挑むというコンテンツ。マッチングを行うとき,仮にプレイヤーが4名集まらなかった場合は,AI操作のキャラが参戦してくれる。

ロストキングダム
ロストキングダム

 チャレンジモード以外では,ギルドシステムにも注目してほしい。本作ではギルドに加入(または設立)すると,専用のギルドタウン(専用エリア)を利用できるのだ。ギルドタウンには,ギルドミッション/ショップ/掲示板などの施設やコンテンツが用意されているほか,プレイヤーキャラの操作練習も行えるので,ぜひ参加してみよう。

ロストキングダム
ロストキングダム ロストキングダム

3体のプレイヤーキャラを,さまざまなエリアに“派遣”させることも可能。派遣しているキャラはしばらく使用できなくなるので,メインキャラも派遣したい場合は就寝前などに設定するといい
ロストキングダム
装備アイテムは,強化レベルを10まで上げるとランクアップが可能になる。低ランクのアイテムは強化コストが非常に低く,サブコンテンツに励んでいればコンスタントにマイキャラを育成できるだろう
ロストキングダム

 最後に余談になるが,本作の開発作業を行っている4:33 Creative Lab.は,過去にリリースした「BLADE」大韓民国ゲーム大賞 2014の大賞を受賞している。それだけの実力を持ったメーカーの最新タイトルが「ロストキングダム」であり,そのポテンシャルは今回のCBTでも十分に実感できた。

 スマホ向けのアクションRPGが好きな人は,試してみる価値がありそうな作品なので,興味を持った人は事前登録を行ったうえで,今夏の正式サービス開始を心待ちにしよう。


「ロストキングダム」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ロストキングダム

  • 関連タイトル:

    ロストキングダム

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月