オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/29 00:00

ニュース

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

※記事内の画面写真はすべてPS4版のものです。
画像(032)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
画像(031)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
 スクウェア・エニックスから2017年7月29日に発売予定の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」PS4 / 3DS)の第13報をお伝えする。
 本稿では,本作のPlayStation 4版ならではの要素を,既出情報のおさらいも含めて紹介していこう。「ボウガンアドベンチャー」や「マジックスロット」など,PS4版でのお楽しみコンテンツも紹介しているので,最後まで目を通してほしい。

画像(034)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(035)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介


画像(038)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
 PS4版の大きな特徴はそのグラフィックスであることは,購入を検討している人ならご存じのとおり。ジャンプをして屋根に登ったり,かがんで穴の奥に入ったり,蜘蛛の巣をかき分けたりと,主人公達の動作一つ一つがきめ細かく表現されている。
 また,高解像度グラフィックスで表現された街並みや風景も,冒険の気分を盛り上げてくれるだろう。

画像(036)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(037)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

画像(024)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
画像(029)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(025)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
画像(028)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(027)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
画像(030)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(026)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

ボウガンアドベンチャー


画像(017)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
 PS4版では「ボウガンアドベンチャー」というコンテンツを楽しめる。これは,世界各地に隠された「マト」を探してボウガンで壊すというもの。スクリーンショットを見れば分かるように,普通にプレイしていては気づかないような場所にマトが設置されていることもあるようだ。

画像(018)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(019)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

マジックスロット


 「こちら」の記事に掲載しているように,「ドラゴンクエストXI」には,冒険の合間に楽しめる寄り道要素として「ウマレース」や「カジノ」が用意されている。

画像(005)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
ポーカー
画像(006)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
スロット

 カジノではポーカー,スロット,ルーレットなどが遊べるのだが,ここではPS4版のお楽しみコンテンツ「マジックスロット」を紹介する。

画像(007)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
 マジックスロットは,従来のスロットとは別のもので,3つのリールを回すタイプのもの。
 リールの上では,スライムの「スラりん」がモンスターと戦ったり,アイテムを手に入れたりする“大冒険”が繰り広げられる。倒したモンスターが仲間になるなど,なかなか凝った演出になっているようだ。

画像(008)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(009)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

画像(011)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
 また,7が揃うとコインを稼げる“ボーナスゲーム”に突入する。ボーナスゲームでは最後にボスとの戦いがあり,勝利すれば再びボーナスゲームに突入できるという。
 そのほか,“合体チャレンジ”でボーナスゲームに入りやすくなったり,条件は不明だが“スーパーボーナス”が発生することもあるそうだ。

画像(010)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(012)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

モンスター達の生態に注目


 PS4版ではシンボルエンカウント方式を採用しており,非戦闘状態でもモンスター達の姿を確認できる。木にぶら下がるドラキーや草原で眠るキラーパンサーなど,戦闘中には目にできない光景を眺められることで,冒険の楽しみが増えるかもしれない。

画像(020)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(023)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
画像(021)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(022)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

広大な世界を旅するときに頼りになる「ウマ」


 ドラゴンクエストXIの世界は広いので,旅をするときは乗り物を活用することが大切だ。ウマに乗れば,長い道のりもスムーズに移動できる。PS4版では,ウマに乗った状態で体当たりすると,モンスターを吹き飛ばすことができる。

画像(002)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(001)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
画像(003)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(004)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介

フリー移動バトルとオートカメラバトル


画像(033)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
 以前紹介したように,PS4版の戦闘では,「フリー移動バトル」と「オートカメラバトル」のいずれかを選んでプレイできる。
 オートカメラバトルでは,視点が自動で切り替わり,臨場感あふれる演出を体験できる。
 フリー移動バトルでは,戦闘中に位置取りや視点を変えられる。敵の後ろに回り込むなどして,好みのアングルで戦えるとのこと。

画像(015)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(016)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
オートカメラバトル
画像(013)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介 画像(014)「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,PlayStation 4版ならではの要素を多数のスクリーンショットとともに紹介
フリー移動バトル

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」公式サイト


関連記事:
第1報:
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の主人公とその相棒「カミュ」,そして物語の舞台となる「ロトゼタシア」の詳細が公開
第2報:
「ドラゴンクエストXI」,旅の仲間となる天才少女「ベロニカ」とのんびり屋の癒し手「セーニャ」を紹介。そして“勇者”にまつわる衝撃的な話とは?
第3報:
「ドラゴンクエストXI」,新たな仲間「シルビア」や,多彩なフィールドやダンジョン,町の様子をスクリーンショットとともに紹介
第4報:
「ドラゴンクエストXI」,PS4版と3DS版での戦闘の流れを紹介。新たな仲間となる女武闘家のマルティナと謎の老人ロウの情報も
第5報:
「ドラゴンクエストXI」最新情報。デルカダール王国の国王と将軍「グレイグ」,軍師「ホメロス」のキャラクター情報が公開に
第6報:
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,キャラクター育成のカギとなるスキルパネルの概要と「ふっかつのじゅもん」の仕組みをおさらい
第7報:
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,“ゾーン”に入った仲間達が“れんけい”して最大4人で繰り出す強力な連携技を紹介
第8報:
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」ではモンスターに乗れる。モンスターの力を借りて壁を乗り越えたり,空を飛んだりして難所を突破
第9報
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,装備品の作成や強化ができる「ふしぎな鍛冶」のシステムを紹介
第10報:
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」新たなお楽しみ要素は「ウマレース」。おなじみのカジノや,ちいさなメダルももちろん登場
第11報:
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」,旅の仲間「ベロニカ」と「セーニャ」の人物像や能力,2人に関わってくる「ホムラの里」を紹介
第12報:
「ドラゴンクエストXI」,自由気ままな旅芸人であるシルビアの背景設定や能力が明らかに。曲芸を活かして多彩な武器や技を使いこなす


  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
93
68
60
VALORANT (PC)
58
LOST ARK (PC)
2020年03月〜2020年09月