お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/05/26 12:06

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」

画像集#001のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」

*「もし わしの みかたになれば せかいのはんぶんを だんでぃにやろう」

 はい
▶ いいえ

著者近影
画像集#002のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」
 ……子供の頃はあらがえた。というか,無意識に「いいえ」を選んでいた。りゅうおうは悪者で,自分はゆうしゃだからだ。だが,今実際にこの選択を強いられたら,私は「いいえ」を選べるだろうか。世界の半分って,けっこうなものだ。それが本当に手に入るとなったら?

 明日,5月27日は「ドラゴンクエストの日」だそうだ。シンプルに,シリーズ第1作「ドラゴンクエスト」が発売されたのが,1986年5月27日だったことにちなんでいるらしい。そしてDQシリーズは今年36周年である。
 思えば,私はDQシリーズに育てられたと言ってもいいだろう。世の中の大切なことはDQシリーズに教えてもらった。例えば,経験値がないと勇者でも強くなれない。人が強くなるには経験が必要なのだ。RPGを世に知らしめたDQシリーズは,全国の子供達にそれを教えてくれた。
 DQシリーズは特別だ。ゲイムの枠を超えて,社会現象になった。もちろんそれ自体はすごいことだけど,私が思うDQシリーズのすごさはそこだけじゃない。DQシリーズはゲイムであり続けた。ここがすごいと思っている。
 ファミコンで発売された当初は,当然ゲイムだった。「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」で社会現象となり,「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」で,国民的ゲイムの座を確固たるものにした。

Nintendo Switch版「ドラゴンクエスト」
画像集#003のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」 画像集#004のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」
画像集#005のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」 画像集#006のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」

 以降,時を経るにつれてゲイム機のスペックも上がり,ゲイムで表現できることの幅が広がっていった。それと同時に,リアリティを追求するゲイムも増えていった。そして今では,実写映像とそん色のない仮想現実を生み出すまでにゲイムは至った。
 でも,DQシリーズはゲイムのままである。主人公は原則として,しゃべらない。ただ「はい」や「いいえ」を選ぶことはできる。でも,人格が深く描かれることはない。なぜなら主人公は私であり,あなただからだ。いまだに,まったくもってリアルではない。そう。ゲイムはゲイムなのである。どこまでいってもゲイムはゲイムであり,現実は現実。DQシリーズはずっとそうなのだ。

 へんじがない。
 ただの しかばね のようだ。

 私が今のところ,この世で一番好きなフレーズである。ただのしかばねって。実際に死体が普通に転がっている世の中は異常だ。だが,DQシリーズの世界では当然で,しかもどこかよそよそしい。「ただのしかばねだ」ではなく「ただのしかばねの“ようだ”」ですって。きっと,――いちいち確認はしないけど,たぶん死体です。気にしないでください――とゲイムは言っているのだ。そういう世界なのだ。だってここはゲイムだから。同じ文脈で「おおだんでぃ! しんでしまうとは なにごとだ!」も解釈できる。死がありふれている世界だから,「しゃーねえなあ」で済まされる。
 そういえば,DQシリーズの世界の王様はいったいどういう仕事をしているのだろうか。ここら辺はイマイチ分かっちゃいない。作品やキャラにもよるから一概には言えないけど,私に言わせればちょっと頼りない人が多いイメージ。そりゃまあ,国のトップがそんな感じならば魔物の軍に侵略されるわな。

Nintendo Switch版「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」
画像集#008のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」 画像集#007のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」
画像集#009のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」 画像集#010のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」

 そして でんせつが はじまった!

 DQIIIのエンディングである。ラスボスを倒してラダトームに戻るとエンディングが始まる。そこで流れるメッセージがこれ。クリアしたことでようやくDQが始まるのだ。クリアすれば意味が分かるので,メッセージの意味はここでは言及しない。が,今の時点で発売されている最新作の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でも,同じようなメッセージが流れる。すべてはつながっている。時間も,人も,思い出も。
 DQシリーズはゲイムであり続けた。でも,その全部がつながっている。現実のこの世界で。DQシリーズはゲイムだ。そして,現実の世界とは違う。でも,それでもつながっている。主人公は何も語らない。おそらく,今後もDQシリーズはそうあり続けるだろう。主人公は私であり,あなただ
 今,現実で得ているあなたの経験は,ゲイムの世界とは違って必ずしもプラスのものではないかもしれない。つらい思い。悲しい思い。思いどおりにいかないこともあるし,能力が数値化されないから自分が今どれくらいの強さなのかも分かりはしない。人が死んだ場合,教会で生き返りもしない。ルーラで移動なんてできない。
 でも。それでもいい思い出も,そうでない思い出も,経験値として溜まっていく。それは今でなく,何十年か先につながっていくものかもしれないのだ。つまり。私の,あなたの伝説はまだ始まっちゃいない。きっとだけど,いつ来るか分からない人生のエンディングで,そこから伝説は始まるんだと思う。
 世界の半分なんて,手に入らない? 違うね。あなたはもう手に入れている。今生きている世界がそうなんだよ。人はいつか必ず,ただのしかばねになる。その瞬間,伝説がはじまる。逆に言うと,伝説に記すべき物語を今まさに,私もあなたも描いている最中。いつか必ずつながるから今を一生懸命生きよう。私の伝説の主人公は私なんだから

Nintendo Switch版「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
画像集#011のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」 画像集#012のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」
画像集#013のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」 画像集#014のサムネイル/男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第715回「私が『ドラゴンクエスト』シリーズから学んだこと」

 ……ってことを私はDQシリーズから学びました。あらためてDQシリーズ36周年,おめでとうございます。そして,いろいろと学ばせてくれてありがとうございます。

今週のハマりゲイム
PlayStation 5:「eFootball 2022
Nintendo Switch:「eBASEBALLパワフルプロ野球2022
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
男色“ダンディ”ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,5月28日に福岡・西鉄ホール大会「What are you doing 2022 TOUR in FUKUOKA」を,翌29日に熊本・熊本城ホール・シビックホール大会「What are you doing 2022 TOUR in KUMAMOTO」を開催します。ディーノ選手は両日共に飯野“セクシー”雄貴選手とのタッグで,福岡大会ではMAO選手&大鷲 透選手と,熊本大会では大鷲 透選手&平田一喜選手,上野勇希選手&高尾蒼馬選手と3WAYで対戦予定。先日,一部をざわつかせた大鷲選手と連日対戦することについて,ディーノ選手は「やっぱり選挙には行かないと」と語っていました。
  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエスト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエスト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエスト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエスト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエスト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストII 悪霊の神々

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストII 悪霊の神々

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストII 悪霊の神々

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストII 悪霊の神々

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストII 悪霊の神々

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
54
ELDEN RING (PC)
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
2021年12月〜2022年06月