オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/08/29 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamでリリースされた気になるタイトルやニュースを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,ズボンを下ろしてコントローラを握り,世界中のパフパフスポットを探し回る上級勇者にジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第167回は,「Heavenly Sword」や「DmC Devil May Cry」で知られるNinja Theoryの最新作「Hellblade: Senua's Sacrifice」を紹介しよう。本作は,北欧神話をベースにしたストーリーが展開されていくアクションアドベンチャーゲームだ。精神を病みながらも旅を続ける主人公の姿が生々しく描かれており,北欧神話をベースとしながらも,かなり重めな作品になっている。

※お知らせ:来週(2017年9月5日)のハロー!Steam広場は,筆者取材のため休載いたします。次回更新は9月12日となりますので,ご了承ください。

4Gamer公式 Steamキュレーター




北欧神話の世界で精神病に苦しむ主人公を生々しく描くアクションアドベンチャー「Hellblade: Senua's Sacrifice」


 今回は,「Heavenly Sword」や「DmC Devil May Cry」で知られるイギリスの開発スタジオNinja Theoryの最新作「Hellblade: Senua's Sacrifice」を紹介しよう。

ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 本作は,北欧神話をベースにしたストーリーが展開されていくアクションアドベンチャーゲームだ。主人公はケルト民族の女戦士セヌア。彼女は,ヘルヘイムに落とされた恋人の魂を救うために,そこを統治するヘルのもとへ向かうことになる。
 ちなみにヘルヘイムは,北欧神話に登場する九つの世界のうちの1つで,世界を支える大樹「ユグドラシル」の地下にあるといわれる死者の世界だ。統治者のヘルは,いたずら好きの神として知られるロキの娘であり,フェンリルとヨルムンガンドを兄に持つ。なお,ゲーム内ではヘルではなくヘラと表記されている(ヘルもヘラも読み方としては正しい)。

ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 主人公のセヌアは精神が不安定で,そのことがうかがえるような描写がゲーム中に多く登場する。そして,幻覚や幻聴に怯える彼女の様子も,とても生々しく表現されている。こういった描写と表現については,実際に同様な体験をした人々や,精神医学の専門家からの助力を得て作られたそうだ。
 そのため,同じような体験をしたことがある人には,プレイするのも動画で見るのもオススメはできない。これはゲーム開始前の警告としても出るので,プレイするときは十分注意して始めてほしい。

ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 ゲーム自体は,謎を解きながらステージを進んでいくアドベンチャーパートが主軸となる。謎解きはそこまで難しくなく,ゲームのテンポを失うほど行き詰まることはない。
 と言いつつも,筆者はとある謎解きで1時間ほど立ち往生したわけだが,突破口を見つけた時は,なぜこんな簡単なことに気付かなかったのかと思ったくらい単純だったので,頭の柔らかい人なら,もっとサクサク進めるだろう。

ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 謎解きをしている道すがら,突然戦闘が始まることもある。敵は,バイキングやドルイドのような格好をした戦士達だ。「DmC Devil May Cry」のデベロッパということで,勝手にスタイリッシュな戦闘をイメージしていたが,実際に繰り広げられるのは,パリィや回避を使って隙きを付いていくという地味な戦いである。
 とはいえ,パリィをうまく決めてカウンターを入れるのはとても気持ちがよく,何より背中越しのビハインドカメラによる近接戦は迫力満点だ。

戦闘が始まると,カメラが強制的に敵をフォーカスする。この視点で繰り広げられる近接戦はとても迫力がある
ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 ここまでに掲載されたスクリーンショットを見ても分かると思うが,本作のグラフィックスはとても美しい。採用されているUnreal Engine 4は,ラグナロク後の悲劇的な北欧神話の世界を,美しくも残酷に描き出している。
 また,驚かされるのが主人公セヌアの表情作りだ。その表現力は,彼女が感じている怒りや恐怖が明確に読み取れるほどである。少しずつ精神的に追い詰められていく彼女の有様と,そこからくる表情の変化を見ているだけで,否が応でも感情移入してしまう。

ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」
ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」 ハロー!Steam広場 第167回:北欧神話の世界で精神を病む主人公を生々しく描いたアクションADV「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 基本的にはストーリーを追っていくタイプのゲームなので,RPG要素やスタイリッシュな戦闘に期待して購入すると肩透かしを食らうかもしれない。そのぶんストーリーや描写表現はとても濃厚なので,1度のプレイで得られる満足度は高めだ。
 北欧神話を知らなくても十分楽しめるが,知っていればいろいろと考察もできるので,ゲームを始める前にある程度予習しておくといいだろう。音声は英語だが,字幕とインタフェースは日本語に対応している。興味のある人はぜひ遊んでみてほしい。


「Hellblade: Senua's Sacrifice」Steamストア(2980円)

  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    Hellblade: Senua's Sacrifice

  • 関連タイトル:

    Hellblade: Senua's Sacrifice

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月