オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
白猫プロジェクト公式サイトへ
  • コロプラ
  • 発売日:2014/07/25
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
64
投稿数:15
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第296回「風邪っぴきでテラフォーマーズに挑むシティーハンター」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/15 12:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第296回「風邪っぴきでテラフォーマーズに挑むシティーハンター」


アニゲラ,次回のゲストは声優の豊田萌絵さんです。杉田さんとは「学戦都市アスタリスク」で共演していますが,我々の間では「白猫プロジェクト」のポンちゃんの印象が強いですね
 暖かくなったかと思えば寒くなり,寒くなったかと思えばまた暖かくなる。いいかげん「どっちかにしろや!」と,お天道様に向かってキレまくりたい今日このごろ。季節の変わり目のせいか,少し前に風邪で苦しんでいたマフィア梶田ですが,やっとのことで治ったと思った矢先にまた別種の風邪をひいてしまいました。
 ほとんど熱の出なかった前回とは違って,いきなり39度まで跳ね上がるもんですから,いよいよインフルエンザにやられたかと疑いましたよ。病院で検査したところ,陰性反応だったのでひとまず安心しましたが……。この原稿を書いている最中も,咳が止まりゃしませんわ。
 それにしても,自分にとっては風邪なんてぜいぜい2年に1度くらいの病気だったのに,こんな短期間で二度もやられるなんて生まれて初めての経験です。思えば,最近は睡眠も不十分で,免疫力が著しく低下していたのかもしれません。体の丈夫さには自信があっただけに,なんかショックです……。
 今年はどうもインフルエンザだけでなく,タチの悪い風邪も流行っているようなので皆さんもお気を付けてください。とくに,睡眠不足はマジで体に悪いですよ! 睡眠重要!!



 4GamerSPチャンネルにて好評配信中の「マフィア梶田のYouTuber始めました(仮)」。直近の更新では,コロプラが配信している「白猫プロジェクト」iOS / Android)のウォリアーが強化されたとのことで,実際にプレイしてみました。
 俺の手持ちのウォリアーと言えば,「七つの大罪」コラボで入手した「ディアンヌ」なんですが,攻撃モーションが遅かったこともあり,なかなか扱いにくくて活躍の場が少なかったんですね。しかし,今回の強化により遅い攻撃モーションをカバーできる新しいアクションが追加され,一気に扱いやすいキャラクターに変貌を遂げていました!
 スキルを使うことも忘れて,新モーションをキャッキャと楽しんでおりますので,お時間ある時にでも,ぜひチェックしてみてください。

「白猫プロジェクト」公式サイト

「白猫プロジェクト」ダウンロードページ

「白猫プロジェクト」ダウンロードページ




 先日,サムライ・ヴェイパーズのショーンさんに招かれて,4月29日公開予定の映画「テラフォーマーズ」の試写会へ行ってきました。ショーンさんは以前にも三池崇史監督の「悪の教典」で言語指導を担当したそうですが,今回も英語の指導で作品に関わったようです。


ショーンさんとの一枚。恐ろしげなモヒカンですが,心優しい紳士です
 舞台挨拶の合間に,主演の伊藤英明さんの楽屋にお邪魔する機会があり,挨拶をさせてもらったのですが,顔を合わせるなり「『シティーハンター』の海坊主さん?」と聞かれたのが印象深かったです。後日,飲みに誘われたのですが,前述した風邪のせいでダウンしてしまい参加は叶わず……。なんとも,惜しいことをしました。好きな役者さんなので,色々と話を聞きたかったです……!

 それはそうと,肝心の映画についてですが,そもそも題材からして好き嫌いがモロに出そうな作品ではあるのの,個人的には予想以上に楽しめました。ストーリー自体は原作における「バグズ2号編」の内容をほぼ忠実に踏襲しており,そこへ三池監督らしい,ケレン味あふれる要素が盛り込まれています。未来の日本が「ニンジャスレイヤー」のネオサイタマみたいな雰囲気になっていたり,バグズ2号の乗組員達の設定が一部大胆に変更されていたり……。とくに,原作では存在しなかった猟奇殺人鬼とヤクザ2人の活躍には思わず笑ってしまいました。

 そして「テラフォーマーズ」といえば,バグズ手術で得た能力による変身バトルが見どころですよね。映画でもそのあたりは念入りに描かれており,池田秀一氏による昆虫解説ナレーションも含めて良い感じに仕上がっています。変身後の造形は,漫画よりもリアルな生物的おぞましさというか,ミュータント感の強いデザインになっています。変身ヒーローの大先輩たる「仮面ライダー」で例えるなら,「真・仮面ライダー」寄りですね。ちなみに,原作では大した活躍もなく退場してしまったハナカマキリのお姉さん(※演じるのは小池栄子さん)のカッコいいアクションが観られたのも,個人的に嬉しいポイントでした。まぁ,末路は原作通りなんですが……。可愛いのにもったいない……。

会場には威圧感たっぷりのテラフォーマーもやってきました。こんなん相手に戦いたくないですわ……

 キャラクターや設定の変更に関しては賛否両論あると思いますが,あの原作を日本映画として成立させるうえでは,やむを得ない部分も多々あるかとも思います。三池監督は実写化の難しい原作モノを多く手がけてますし,そのあたりがとても上手いので,少なくとも自分は楽しんで観ることができました。
 ただ,監督が監督なので全体的に“インディーズ感”が強いというか,B級映画愛好家向けの出来栄えとも言えます。「話題の派手なハリウッド映画しか観ない!」という人には,残念ながら合わないかと……。一方で,自分のように“粗さ”もエンタメの一貫として割り切れるなら,間違いなく楽しめると思います。

 今回の映画は綺麗に「バグズ2号編」で終わっていますが,できれば続編を観たいですね。せっかく三池監督がやるのであれば。原作は原作,映画は映画として思い切ったオリジナル展開もアリなんじゃないかと個人的には思います。ようは,面白ければなんでもいいんですよ!!
 原作モノの映画全般に言えることだとは思いますが,原作に忠実であれば良くなるもんじゃありませんし,自分は映画として面白くなるのであれば,思い切った設定変更も許せちゃうタイプですので。……もちろん,面白ければ,ですが!
 その点,今回の「テラフォーマーズ」は極めてバランスのとれた仕上がりかなと。逆に言えば無難すぎて,「もっとはっちゃけてくれても良かったのに」とすら思います。
 なんにせよ,よっぽどの原作至上主義者でもないかぎり,安心して観られる映画になっていると思いますので,興味のある人は,ぜひとも劇場に足を運んでみてください。


映画「テラフォーマーズ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    白猫プロジェクト

  • 関連タイトル:

    白猫プロジェクト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日