オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
64チームが頂点を競う極限の戦い。「機動戦士ガンダムEXVS. MAXI BOOST」全国大会「PREMIUM DOGFIGHT 2015」決勝大会レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/25 20:59

イベント

64チームが頂点を競う極限の戦い。「機動戦士ガンダムEXVS. MAXI BOOST」全国大会「PREMIUM DOGFIGHT 2015」決勝大会レポート

 バンダイナムコエンターテインメントは2015年5月25日,同社が展開するアーケード向け対戦アクション「機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST」(以下,EXVS.MB)の全国大会「PREMIUM DOGFIGHT 2015」決勝大会を東京のディファ有明にて開催した。

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

 “VSシリーズ”を通して7回目となる本大会には,タレントの椿姫彩菜さん,声優の岡本信彦さん,ガンダム芸人として知られるぬまっちさんらが登場。来場したプレイヤー達と共に激戦の様子を見守った。本稿ではその会場の様子をお伝えしていく。

司会役の椿姫彩菜さんは,前回に引き続きルナマリア・ホークのコスプレで登場。声優の岡本信彦さんは主にラウンドコールを,ガンダム芸人のぬまっちさんは選手の対戦後インタビューを担当した

会場のロビーには,開発スタッフと対戦できる特別な対戦台や,今後のシリーズでの登場機体を募集するアンケートコーナーも用意されていた

「機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST」公式サイト



主役級の機体2種が5月下旬に実装決定


 大会のレポートに入る前に,まずはイベントの途中に挟まれた発表ステージで明らかにされた情報をまとめて紹介しよう。
 先に掲載した速報でもお伝えしたとおり,新機体「ガンダムアストレイ レッドフレーム(レッドドラゴン)」「ダブルオーガンダム セブンソード/G」5月下旬に実装されることが明らかとなった。また,オリジナル店舗大会「SUMMER BATTLE」も開催されるとのこと。

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST
多機能ツール「カレトヴルッフ」を装備したガンダムアストレイレッドフレーム。コストは2500で,特殊格闘武装を使用することで機体性能を上昇させられる
機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST 機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST
メディアミックス作品「機動戦士ガンダム00外伝」から参戦のダブルオーガンダム セブンソード/G。こちらは3000コスト機体だ。ダブルオーガンダムの中では珍しい万能機で,多彩な射撃武装と特殊なバリア武装が特徴
機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST 機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

 新たな機体の名前がスクリーンに映し出された瞬間は,来場者席からは大きな歓声が沸き起こる盛り上がりとなった。マニアックながらも人気の高い主役級の機体だけに,登場を待ち望んでいたファンも多かったようだ。

 また大会終了後には新機体が遊べるフリープレイ台も設置され,プレイヤー達は新たな機体を前に,その可能性を模索して早くも熱い議論を交わしていたようだった。正確な実装日は現在とのことろ判明していないが,続報を楽しみにしておこう。



優勝は長田幕府。2年ごしの雪辱を果たす


 ここからは,今回のメインイベントである全国大会の模様をお伝えしていこう。今大会は16のブロックごとに総当り戦が展開される決勝予選を経て,それを勝ち抜いたチームにより決勝トーナメントが争われる形で行われた。

岡本信彦さんの力強いコールで,大会の幕が切って落とされた。決勝予選では,本大会への出場を果たした64チームが16チームまで絞られることとなる

前回大会と同様に,実況・解説役は店員A氏と黒日氏が担当。脇に控えるバロン山崎氏は,大会全体のナレーション役として活躍

 本大会で多く見られたチーム構成は,強力な射撃武装を多数所持するバンシィ・ノルンと,ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のコンビだ。試合においては「強力な弾幕を張る2機の連携をいかにして崩すか」という点が見どころとなっていた。

強烈な射撃が飛び交う大会の中,射撃武装を持たない純粋格闘機「ガンダムエピオン」も出場。残念ながら予選で敗退となってしまったものの,決勝予選では常に来場者の声援を集めていた
機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST 機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

 数々の激戦を経て決勝トーナメントの決勝戦に残ったのは,バンシィ・ノルン&ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)の「長田幕府」チームと,ガンダムサンドロック改&ストライクフリーダムガンダムで勝ち上がってきた「老害」チームだ。

 両チームともに一進一退の攻防を演じたものの,最後には1つのダウンをきっかけとして,一気に攻めに転じた「長田幕府」チームが勝利を収めた。バンシィ・ノルンを操る長田ザク氏は,前回大会で惜しくもベスト8戦で敗退しており,本大会で雪辱を果たした形となる。

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST 機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

 大会の最後を飾る授賞式。今回は順位賞だけでなく,出演者各人が選出したプレイヤーに与える“特別賞”(椿姫彩菜賞,岡本信彦賞,馬場P賞)が用意された。発表の中で一番の盛り上がりを見せたのが“馬場P賞”というあたり,開発陣とプレイヤーの距離の近さを感じさせる。

 表彰の後,授賞式の締めくくりとして登壇したプロデューサーの馬場龍一郎氏は,「ガンダム勢は民度が低いとか,動物園だとか言われるかもしれないけど,今後はちゃんとルールとマナーを守りつつ,皆さんのこの熱量とパワーでアーケードや家庭用(EXVSシリーズを)を盛り上げてほしいと思います。それが我々チームスタッフの糧になりますので,引き続き応援よろしくお願いします」とコメント。来場者達から大きな声援と拍手が送られた。

 こうして終了となった今回大会。先に紹介したとおり,5月末には「EXVS.MB」の次期アップデートが控え,夏には新たな大会「SUMMER BATTLE」も開催となる。それまでの間に,プレイヤーはじっくり腕を磨いておこう。

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST
台湾,香港から参戦した海外プレイヤーも表彰を受けた。現在,香港では20以上の店舗に「EXVS.MB」が設置されており,かなりの人気を博しているそうだ。今後は海外勢の参加も期待できるかもしれない
機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST
3位以上の受賞者には,岡本信彦さんから直接メダルの授与が行われた

機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

「機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST」公式サイト

  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダムEXTREME VS. MAXI BOOST

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日