オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST公式サイトへ
  • バンダイナムコエンターテインメント
  • 発売日:2014/01/30
  • 価格:通常版(パッケージ版/ダウンロード版):7980円(税込)
    プレミアムGサウンドエディション(パッケ―版/ダウンロード版):1万980円(税込)
  • Yahoo!で買う
読者の評価
75
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2013]「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」ステージレポート。射撃なしのガチンコ格闘機「ガンダムエピオン」がエレガントに参戦決定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/21 21:09

イベント

[TGS 2013]「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」ステージレポート。射撃なしのガチンコ格闘機「ガンダムエピオン」がエレガントに参戦決定

機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST
 東京ゲームショウ2013の一般日初日(9月21日),ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアブースにおいて行われたゲームプレイイベント「一遊入魂」(ワンプレイ入魂)で,PS3版「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」(以下,EXVS.FB)のステージが開催された。

 イベントでは,PS3版の簡単なゲーム紹介が行われたほか,PS3版とアーケード版の双方に新機体「ガンダムエピオン」が登場することが発表され,その場で実機プレイを交えた機体解説が行われた。本稿ではその模様をレポートしていこう。

「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」公式サイト



「ガンダムエピオン」は“射撃なし”の純格闘機

アーケード版では1か月後のアップデートで登場予定


 イベントがスタートすると,「一遊入魂」のド派手なステージ演出をバックに,本作のプロデューサーである小菅寛史氏と,制作プロデューサーの大久保人氏が登場した。

「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」プロデューサーの小菅寛史氏(左)と,制作プロデューサーの大久保人氏(右)

 最初に行われたのは,EXVS.FBの概要紹介だ。4Gamer読者ならご存じだろうが,「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」は,さまざまなガンダム作品の機体が総出演する2対2の対戦アクションゲームで,「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」は,その最新作にあたる。

 本作最大の特徴は,なんといっても参戦作品と機体の多さで,EXVS.FBには90種類以上の機体が登場する。それ以外にも,より遊びやすく改良されたオンライン対戦モードや,原作の楽曲をそのまま収録したBGMなど,注目点を挙げればキリがない。

 前作からの変更点やパッケージの情報などに関しては,以前に掲載した記事公式サイトでチェックすることができる。作品に興味を持った人は,まずはそちらをチェックすると良いだろう。

 ゲームの紹介に続いては,イベントのメインとなる実機プレイのコーナーがスタート。気になるプレイ内容はなんと,初お披露目となる新機体「ガンダムエピオン」だ。まさかのサプライズに,来場者達からは「おおお!」という歓声が上がった。

「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」ディレクター 福崎恵介氏。今回のプレイでは,現在発売が予定されているPS3用アーケードスティック「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST Arcade Stick for PlayStation 3」が使用された
 そんなガンダムエピオンのアクションを披露するため,ここでゲームプレイ担当の福崎恵介ディレクターがステージに登場。発表直後の機体のコンセプトと性能を,ゲームプレイを交えて教えてくれた。

 プレイ画面を見てまず驚くのは,ほかの機体では右下に表示されている射撃武器の弾数ゲージが存在しないことだろう。このガンダムエピオンには,射撃武器が一切搭載されていないのだ。もちろんアシスト技もなしで,ガチガチの格闘機体といえる。

 その代わりに,メイン射撃ボタンで敵を追従する「ホーミングダッシュ」,サブ射撃で発生が早い「ヒートロッド」が使用可能だ。ホーミングダッシュは格闘攻撃のスキをキャンセルできるので,これを利用すれば格闘機体らしい高威力のコンボを叩き込める。

 さらに,特殊射撃でビームソードの出力切り替え,特殊格闘で特殊移動,そして飛行モードへの変形など,本機体ならではの要素が盛りだくさん。かなり尖った性能を持った機体だが,使いこなせばすさまじい力を発揮できるだろう。

画面内で確認できたガンダムエピオンのコストは3000。パイロットは「ミリアルド・ピースクラフト」(CV:子安武人)だ
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST

機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST
ポーズ画面中にコマンドリストが参照できるようになっている。途中で技が分からなくなっても安心だ
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST
見ての通り,射撃武器が存在しない。ただし装甲は720と,高めに設定されている

機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST
バーストアタックを発動すると,短い動作でビームソードの一閃を叩きこむ。やはりミリアルド様はエレガントである

 バトルを3回ほど披露したろころで,ガンダムエピオンのお披露目は終了となった。PS3版の発売日などは現状ではまだ不明だが,アーケード版「EXVS.FB」では,アップデートを通じて1か月後に本機体が配信されるとのこと。家庭用のネットワーク対戦などでスムーズに新機体を使用するためにも,アーケード版で新機体に触れておきたいところである。

 なお,イベントの終了直前に小菅氏は「今年のTGSに出展した体験版では,高難易度のステージである条件を満たすと,敵としてガンダムエピオンが登場するようになっています」とも話していた。一般日2日目に会場へ足を運ぶ予定の人は,本作を試遊してガンダムエピオンを探してみよう。

「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST」公式サイト

  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST

  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日