オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
デスティニーファンタジア公式サイトへ
  • KEMCO
  • 発売日:2013/02/04
  • 価格:840円(税込)
    auスマートパス 390円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】「Androidアプリレビュー」第16回:「デスティニーファンタジア」,正統派ファンタジー作品でRPGの面白さを再確認
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/02/21 12:00

広告企画

【PR】「Androidアプリレビュー」第16回:「デスティニーファンタジア」,正統派ファンタジー作品でRPGの面白さを再確認


 NTTドコモが運営するAndroidアプリ紹介サイト「アプリ&レビュー」と4Gamer.netのコラボレート企画「Androidアプリレビュー」。第16回の今回は,ファミコンやスーパーファミコン,PlayStationの発売当初など,RPGの名作が群雄割拠していたあの時代を思い起こさせる,正統派ファンタジーRPG,「デスティニーファンタジア」を紹介する。

デスティニーファンタジア
非常に遊びやすい内容ながら,やり込み要素もかなり深く,840円(税込)という価格以上に長時間楽しめる作品となっている
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

「デスティニーファンタジア」DLページ

アプリ&レビュー×4Gamer特設サイト

最新Androidゲーム情報を「スマホゲームMagazine」で見る


 ゲームの内容は,剣と魔法をベースにしつつ,蒸気機関などの機械技術も徐々に発達しつつある世界を舞台とした,まさに正統派たるファンタジーRPG。
 田舎町で祖母とつましく暮らして育ち,大きな街へと働きに出た実直な青年・リディム(※主人公と仲間の名前は変更可能)が,千年周期の災厄とそれにまつわる運命や陰謀に巻き込まれ,やがて世界を救うために仲間と共に巨悪へ立ち向かっていく……という,壮大な英雄譚が描かれている。

平和に暮らしていた青年リディムだったが,軍事大国エプシロム帝国の手により,故郷の村を一瞬のうちに破壊されてしまう。彼に眠る力と,それを取り巻く運命がここから動き出す
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 戦闘システムは,フィールド上を歩き回ることで敵と遭遇し,コマンド選択式の戦闘を行うオーソドックスなRPGの形式を採用している。
 移動および戦闘中の操作は,移動したい地点や選択したいコマンドをタッチするか,仮想方向キー&ボタンで行うかをオプションで選択可能。キャラクターの移動速度はかなり速いので,フィールドでの移動にストレスを感じることはないはずだ。

タッチした場所に即座に移動できるほか,村人をタッチすれば会話,宝箱をタッチすれば中のアイテムを入手と,簡単な操作でさくさく進められる分,ストーリーに集中できる
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 戦闘では,通常攻撃や防御のほかに,MPを消費して放つ強力な「スキル」も使用可能。当然のことながら,相対する敵を全滅させれば,戦闘は終了だ。
 本作の戦闘バランスは,昨今のRPGと比べるとなかなか厳しめで,事前にしっかりアイテムやステータス異常無効装備などを買い揃え,有効な戦術を組み立てないと,厳しい戦いを強いられるボス戦も多数ある。
 アクティブタイム制やリアルタイム制ではなく,オーソドックスなコマンドバトルなので,ゆっくり戦術を考えるだけの時間があるのは,ややハードな戦闘バランスの作品においては,嬉しいもの。スーファミ時代の作品では当たり前だった,ややシビアな戦闘のだいご味を,ぜひ味わってみてほしい。
 なお,全員がひたすら攻撃を行うオートバトルも用意されているので,ザコ戦でのコマンド選択が面倒な場合は,これを利用するといいだろう。

デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア
戦闘では味方側が前衛,後衛の位置に分かれる。武器やスキルによっては,奥の方にいる敵にダメージが与えづらいこともあるので,よく考えてスキルを使い,敵の陣形を崩せ
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア
一部のボス戦はけっこうな長期戦になるので,補助や回復は入念に! 序盤のボス戦で回復アイテムが尽きて全滅……などという,昔懐かしいゲームオーバーは避けたいところだ

 本作で最も特徴的なのは,戦闘で経験値を得るという要素がなく,キャラクターにレベルの概念が存在しない点。各キャラクターが戦闘中に行った行動によって,特定の能力値が戦闘終了時に上昇していくのだ。
 例えば,武器で攻撃を繰り返せば攻撃力を表す「力」が,スキルを使えば「MP」や「精神力」が伸びるなど,その行動に関係している能力値が伸びていく。同じキャラクターでも,ひたすら攻撃で力押しするタイプやスキルを多用して戦うタイプと,能力値を伸ばす方向次第でまったく別のキャラクターとして育成できるのだ。

特定の戦法をとっていけば,その戦法に必要な能力値がどんどん上がっていく。バランスよく育成するもよし,長所を尖らせるもよしだ
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 さらに,敵を倒して得た通貨「ゴールド」で購入できる武器や一部の防具,アクセサリーには,一つのスキルが設定されている。これらを装備することでキャラクターがそのスキルを使用できるのみならず,その装備を着けた状態で敵を倒した際に得られるAPが一定値まで溜まれば,キャラクターはそのスキルを「習得」する。習得後は,その装備を外した状態でもスキルを使えるようになる。

 なお,武器は戦闘で使うメイン武器のほかに,サブ武器としてもう一つ装備できる。サブ武器によって攻撃力などが上がることはないが,サブ武器に設定されているスキルにも戦闘後に同じAPが入るようになる。スキル習得に役立てよう。

どのスキルを優先して覚えさせていくかでも,キャラの活躍の方向性が大きく変わる
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 既存のRPGのようにレベルアップの要素がなく,ザコ戦を繰り返してもあまり能力値は成長しない分,面倒なレベルアップ作業をする必要がないのが本作の魅力の一つ。実際にプレイしてみると,ザコ戦を意図的に繰り返したりせずとも,各ボス戦では適度に緊張感を味わえるバランスの戦闘が楽しめた。
 また,ボス戦を終えると能力値が大幅に成長し,ゴールドやAPも多く得られる。そのため,ボス戦の分だけでも,物語を進めていく分には必要最低限,プレイをすすめるには十分なゴールドやAPが溜まるのだ。

 また,ボス戦に準備不足で突入してしまったり,行動選択をミスして危機に陥った場合,あるいはHPが残り少なくなるなど,パーティが危機に陥った時に,低確率で発動する「バルラの奥義」での一発逆転が起こりうるのもまた,本作の面白い要素だ。
 各キャラクターはそれぞれ異なる奥義を持っており,場合によっては危機的状況が一気に覆ることもある。常に発動するものではないが,うまく発動してくれた時の嬉しさはひとしおだ。

「バルラの奥義」には高威力の攻撃を繰り出すものや,全体回復を行うものなど,各キャラクターの特徴に沿ったものが用意されている
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 前述のように,レベルアップ作業が必要ないシステムではあるが,全スキルの習得や,能力値を好きな方向へ上げ,キャラクターをじっくり育成していくために,ザコ戦で稼ぐのも大いにアリ。
 やり込み派のプレイヤーは,ぜひ心ゆくまで育成を楽しんでみてほしい。育てたキャラクターの腕試しができる闘技場や,世界中に隠されたコレクションアイテムの収集,アイテム&モンスター図鑑など,やり込みに応えてくれる要素もふんだんに用意されている。

昔のRPGを思い起こさせる,隠し通路が用意されているダンジョンも!? 図鑑のコンプリートを目指すなど,本編をクリアする以外にいろいろな寄り道ができるのも,正統派RPGらしさと言えるだろう
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 とはいえ,基本的には寄り道なしで集中できる分,遊び続けるうえで重要になってくるのは,ストーリーだろう。本作では,各キャラクターの魅力を十分に活かした物語も秀逸。世界を救うという重大な目的を持った旅を続け,英雄として成長していく主人公や仲間達に,感情移入できること請け合いだ。

 ちなみに,追加の有料コンテンツでは,一部のキャラクターにさらに焦点を当てた追加シナリオや,追加ダンジョンを購入・プレイすることも可能となっている。より深くこの作品の世界観を味わいたいという人には,ぜひプレイしてみてほしい。

キャラクター同士の掛け合いにそれぞれの個性が出ており,壮大な物語に華を添えてくれる。有料の追加コンテンツとしては,シナリオなどのほかに,ゲームをよりスムーズに進められるアイテムも用意されている
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア
デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

 レベルアップなどの作業を強要されずに遊べる内容ながら,しっかりとやり込みが楽しめる部分も多く,戦闘よりストーリーを楽しみたい派のプレイヤーからやり込み派のプレイヤーまで,幅広いニーズに応えている本作。
 昨今のド派手なムービーや,複雑なシステムなどが華やかなRPGと違い,単純明快なシステムと最低限のグラフィックスだからこそプレイヤーの想像力を掻き立ててくれるという,かつてのRPGの良さが凝縮された作品となっている。

 無数のRPG作品が存在する今,どの作品が本当に面白いのか判断しづらくなりつつあるのも事実。そんな今だからこそ,本作で昔ながらの「正統派」に触れることで,RPGの魅力を再確認してみてはいかがだろうか。

デスティニーファンタジア デスティニーファンタジア

「デスティニーファンタジア」DLページ

アプリ&レビュー×4Gamer特設サイト

最新Androidゲーム情報を「スマホゲームMagazine」で見る

  • 関連タイトル:

    デスティニーファンタジア

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月