オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ公式サイトへ
  • コロプラ
  • 発売日:2013/03/05
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
45
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】「Androidアプリレビュー」第18回:「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」で,壮大な魔法世界の難問を知的に制覇!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/03/23 12:00

広告企画

【PR】「Androidアプリレビュー」第18回:「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」で,壮大な魔法世界の難問を知的に制覇!


 NTTドコモが運営するAndroidアプリ紹介サイト「アプリ&レビュー」と4Gamer.netのコラボレート企画「Androidアプリレビュー」。第18回となる今回は,クイズゲームにRPGとカード育成の要素を組み合わせた斬新な新作,「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」を紹介する。

ダウンロード,ならびに基本プレイ料金は無料。初回プレイ時に再生される,ハイクオリティなオープニングムービーにも要注目!
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」DLページ

アプリ&レビュー×4Gamer特設サイト

最新Androidゲーム情報を「スマホゲームMagazine」で見る


 本作の舞台は,「魔法使い」が実在するファンタジー世界。彼ら魔法使いは,108の異世界から,力や異形の存在(精霊)を解き放つ「魔法」を行使できるのだ。ただし,精霊を正しく使うには,問答を通じて正しい呼びかけを行わなければならない。

 よってこの世界の魔法使いがモンスター達と戦うときには,戦わせる精霊を選び,それに適した問答を通じて力を借りることになる。

チュートリアルでは遊び方に加え,世界観を解説するストーリーも用意されている
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 実際のゲーム内では,プレイヤーの戦力となる「精霊」のカードを5枚選んでパーティを組み,このパーティでモンスターと戦っていくことになる。パーティを組んだら,まずは世界各地の街で,時間と共に回復する「魔力」を一定量消費して「クエスト」を受注する。
 出現したクエストを解決していけば,さらにクエストを持ち寄ってくる人物が増えたり,ストーリーが進んで次の街に行けるようになったりするので,積極的に新しいクエストに挑戦していこう。

街にはクエストを持ちかけてくる人物が何人もいる。それぞれの人物からのクエストを完了させると,ガチャやコンティニューに使用可能な「クリスタル」がもらえる
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 クエストを受注したら,いざクエスト画面へ。クエストの間はとくにプレイヤーが操作せずとも,パーティがエリアの奥へ奥へと自動で移動し,その道中で敵と遭遇したらバトル画面へと移行する。

 バトル画面では,画面下半分に出てくるクイズの出題ジャンルが書かれたパネルをタッチすることで問題に答えられるのだが,ここで重要になるのがパネルと精霊の「属性」だ。
 属性には,火(赤)・水(青)・雷(黄)の3種類があるのだが,ここで選んだジャンルパネルの属性と同じ属性の精霊のみが,敵への攻撃に参加することになる。

 選んだパネルの属性以外の精霊は一切動かないうえ,クイズに不正解だった場合は同じ属性の精霊も攻撃できずにターンが過ぎてしまう。敵モンスターは,左下に表示されている「TURN」の数値が,ターン経過で0になると,こちらの精霊へ攻撃してくる。

道を自動で歩いていくと,敵モンスターに遭遇。どのパネルを選んでも,どの精霊も属性が合わず攻撃できない……などということもまれにあるが,パネルを消化すれば新しいパネルが次ターンにランダムで追加されるので,諦める必要はない
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 敵モンスターの攻撃はかなり強烈なので,できれば攻撃される前に全滅させたいところ。そこで重要になるのが,属性によるダメージ補正だ。戦闘中の画面右上にある図の通り,3属性には強弱関係が決まっており,また敵モンスターにも属性がある。
 敵の属性に強い属性を持つ精霊に攻撃させれば,与えるダメージが飛躍的に上がるので,問題パネルを選択する前に,精霊カードをドラッグしてどの敵を攻撃させるか選んでおこう。

 また,パネルの中には複数の属性を持つものもあり,これを選んでクイズに正解できれば,その複数属性の精霊での一斉攻撃が可能。ただし,これらのパネルで出題される問題はかなり難度が高い。

「TURN」が残り1の敵は,集中攻撃で必ず倒したいところ。複数属性のパネルは,得意な出題ジャンルのものが来たならぜひ挑戦してみてほしい。それ以外なら,別の単体属性パネルを選んで堅実にダメージを重ねたいところだ
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 ちなみに問題のジャンルは,「文系」「理系」「生活&雑学」「スポーツ」「芸能」「アニメ&ゲーム」の6種類で,解答形式はすべて四択。20秒の制限時間のうち,5秒以内に正解できると,攻撃に参加した精霊の特殊能力「アンサースキル」が発動する。
 敵へのダメージが大幅に増えたり,攻撃が全体攻撃になったりと強力な効果が多いので,このアンサースキルも考慮に入れるとパーティ編成がより奥深くなる。

アンサースキルは5秒以内に正解することで発動する。このスキルを除けば,基本的に敵へ与えるダメージは,素早く正解するほど増えるというものではない。難問には時間ギリギリまで,じっくり考えて解答するのが定石だ
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
敵を見事撃破できれば,新たな精霊のカードが手に入ることも。また,クエスト画面の移動中に宝箱が出現した場合,並び替え問題に正解すれば,カードやカードの強化に使用するゴールドが手に入る
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 クエストの最後には,それぞれ道中のモンスターより強力なボスが待ち受けている。普通に戦うと苦戦は必至だが,クエスト中に一定回数の正解を出すことで使用可能になる「スペシャルスキル」がここで役立つはずだ。
 ここまで発動を温存しておくか,道中で使用可能になり次第使うかは,プレイヤーの戦略次第だ。

左上のマークが光っている精霊をタッチすることで,スペシャルスキルが発動。使用してもターンが進まないうえ,全体攻撃やクイズの選択肢を減らすなど,アンサースキルよりもさらに強力なものが揃っている
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 ボスを撃破できればクエストクリアとなり,経験値とゴールド,そして道中で拾ったカードを入手できる。経験値を溜めることでプレイヤーのレベルが上がり,魔力の上限やパーティに入れられる精霊の合計コストが増えていく。
 なお,精霊を増やすのはクエストで入手したカードをそのまま使うか,ガチャで入手するのが一番の近道。クエストやログインボーナスで集めたクリスタルでクリスタルガチャを回し,強力な精霊を集めていくのがいいだろう。

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
毎日無料で1回回せるメイトガチャでは,強力なカードは手に入らないが,クリスタルガチャで出てくるカードはどれも実に頼もしい。しかし弱いと思っていたカードも,レベル上限まで後述の「合成」で育てれば,進化させて強力なものにできるので軽視はしないほうがいい
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
使わないカードは,カードのレベルを上げる強化合成の素材となる。合成には相応のゴールドが必要になるので,いらないカードは売却してゴールドにしていくのも手だ

 また,本作ではほかのプレイヤー達との関係も非常に重要。フレンドとしてこちらから登録した相手(フォロー)には「応援」を送ることで,メイトガチャに使える「メイト」ポイントが入手できるほか,最大魔力がアップするなどのメリットがある。
 なお,向こうからフレンド登録をしてくれている相手(フォロワー)のパーティリーダーの精霊は,戦闘中にパーティの精霊が戦闘不能になった時に助けに来てくれる。フォロー,フォロワーは可能な限り増やしておこう。

応援は全フォロワーに一括送信もできて,手間いらず。フォロワーの救援は,クエスト中1回のみだが必ず発生し,誰が来るかはランダムで決まる
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 ほかのプレイヤーといかに少ないターン数でクエストを攻略できるかを競い合うトーナメント戦も,本作の魅力の一つだ。
 計5回のモンスターとの戦闘をいかに早く終えるか,普段のクエスト以上にパーティ編成や,スペシャルスキルの使いどころで知略が試される。たとえ上位に入賞できなくても,普通のクエスト同様にカードやゴールドが手に入るので,挑んで損をすることは何もない。
 トーナメントで得られるポイントを集め,魔法使いとしての階級を上げないと受注できないクエストも出てくるので,パーティを強化するたびに,ぜひ腕試しとして参加してみてほしい。見事上位に入賞できれば多額のゴールドが入手でき,カード合成がよりはかどるはずだ。

全5回戦ということで,出てくる敵との相性といった運の要素も,戦略で覆せる。ライバルの成績が表示されたり,先に勝ち抜けしたライバル名がアナウンスされるなど,緊迫感あふれる対戦が楽しめる
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 新しいクエストやトーナメントでなかなか勝てない,という場合は,以前にクリアしたクエストに再挑戦してみるのもいいが,曜日ごとに登場する,特徴的なイベントクエストに挑戦してみるのも面白い。
 カードの育成には,けっこうな量の素材カードやゴールドを消費していくことになるので,毎日もらえるログインボーナスも考慮しつつ,じっくりお気に入りのカードを育て上げていこう。

各曜日に配信されるイベントクエストは,特定のカードが手に入りやすいなど,戦力アップにはうってつけ。ログインボーナスで手に入るクリスタルやゴールドと合わせて,パーティ強化の計画を立ててみよう
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

 クイズに答えるための知識量のみならず,パーティ編成の奥深さ,戦闘中にパネルやスペシャルスキルを使うタイミングを選ぶ判断力など,あらゆる面からプレイヤーの知能を試してくる本作。うまく戦略がはまったときの喜びは大きく,さらに精霊の育成のみならず,クイズによってプレイヤー自身の雑学知識が同時に鍛えられていくのも,知的欲求を満たしてくれる面白い要素だ。

 クイズだけでは,そしてRPGだけでは味わえなかった,「クイズRPG」というジャンルならではの楽しみを,ぜひ本作で味わってみてほしい。今までクイズゲームに興味がなかったという人でも,じっくり腰を据えて長く遊べるボリュームと,それでいて展開するストーリーやどんどん手強くなるクエストによる継続的な楽しみで,いつの間にかその魅力にハマることだろう。

「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」DLページ

アプリ&レビュー×4Gamer特設サイト

最新Androidゲーム情報を「スマホゲームMagazine」で見る

  • 関連タイトル:

    クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月