オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
大航海時代 Online 2nd Age公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「大航海時代 Online」は9月20日発売の新拡張パック「2nd Age」で新時代へ。メディア体験会で得た情報から,気になる新要素を総まとめ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/06 00:00

イベント

「大航海時代 Online」は9月20日発売の新拡張パック「2nd Age」で新時代へ。メディア体験会で得た情報から,気になる新要素を総まとめ

 コーエーテクモゲームスがサービスを行っているオンライン海洋冒険RPG「大航海時代 Online」の最新拡張パック「2nd Age」PC / PS3)が,2012年9月20日に発売される。

大航海時代 Online 2nd Age

 2nd Ageの情報が初めて公開されたのが,2月に行われたコーエーテクモゲームスのオフラインイベント「ネットエンターテインメント フェスタ in 秋葉原」(関連記事)。それから半年の間に,公式サイトやメディアを通じてさまざまな情報が報じられ,日に日に期待感が高まってきている。そして,リリースを直前に控えた9月3日,コーエーテクモゲームス本社 会議ホールにて2nd Ageのメディア体験会が行われた。

 “今,海の歴史が変わる”をテーマにした2nd Ageは,7年以上サービスを続けてきた大航海時代 Onlineにとって重要な分岐点となる拡張パックだ。体験会では,プロデューサー竹田智一氏と,ディレクターの木部高広氏が自らその魅力を語った。

プロデューサー竹田智一氏
ディレクター木部高広氏


2nd Ageのポイントとなる5つの新要素


 竹田氏はまず,2nd Ageのオープニングムービーを会場で披露する。壮大な音楽でスタートしたムービーは,2nd Ageの鍵を握る謎の少女「エイリアス」がプレイヤーを誘うような作りで,冒険家/商人/軍人それぞれの職業が活躍する様子が描かれる。


 「拡張パック2nd Ageのコンセプトは“今,海の歴史が変わる”。これまでヨーロッパから世界へと拡張を行ってきましたが,2nd Ageからは“時間”というまったく新しい拡張軸が加わります。今後のサービスでは,この時間という軸を中心に拡張が行われていきますが,その幕開けとなるのがChapter1『双頭の鷲』と題した,9月20日の新拡張パックです」(竹田氏)。

 新拡張パックでポイントとなる新要素は下記の5種類だ。

1 プレイヤーの行動が歴史を動かす「ワールドクロック」
2 16世紀の様々な出来事が体験できる「歴史的事件」
3 世界に残された謎を解き明かす「トレジャーハント」
4 莫大な資金で神聖ローマ帝政に介入する「皇帝選挙」
5 洋上の超難敵が待ち受ける「ガナドール(覇者)」

大航海時代 Online 2nd Age

大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age
各要素に絡んでくると思われるキャラクターのイメージも公開に
大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age


プレイヤーの行動が歴史を動かす「ワールドクロック」

16世紀の様々な出来事が体験できる「歴史的事件」


 ワールドクロックは,2nd Ageで重要なテーマになっている“時間”を統括している概念上の時計のこと。ワールドクロックの針が動くとき,ゲーム内の時間が未来あるいは過去へと移っていく。

大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age

 時間が動いて時代が変化するとき,新キャラクターのエイリアスが現れて“ある占い”をするという。占いの結果は,プレイヤーが過去か未来,どちらの時代に行きたいのかを表す指針のようなものになっていて,結果が気に入らないなら占いをやり直すこともできる。時代が動くのは月に1回,第一週目の火曜日21:00だ。ただ,その時間になるとゲーム内が急に変わるのではなく,以降にログインし直すとゲーム内に変化が訪れる仕組みになっている。

 さて,時代が動くと歴史的事件が発生する。この歴史的事件は,各時代の重要な史実を再現したもので,プレイヤー参加型の大型イベントといった位置付けになっている。当然,イベントの結果を受けて,事件の結末は変化していく。

 メディア体験会で確認できたのは,16世紀後半,スペインの“無敵艦隊”がイングランドへ侵攻した際,英仏海峡で勃発した“アルマダの海戦”だ。テキストによって時代の背景や現在の状況が説明されたのち,実際に大海戦へと突入。アルマダの海戦という歴史的に重要な事件に自ら介入し,その結末へ影響を及ぼすこともできるというのが,このイベントの大きな魅力となっている。

大航海時代 Online 2nd Age
大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age


世界に残された謎を解き明かす「トレジャーハント」


 続いて今回から新しく追加される冒険のシステム,トレジャーハントについて説明しよう。
 今まではギルドからクエストを請け負い,それを達成するのが冒険者のスタイルだったが,トレジャーハントは探索するテーマを自分で決め,そのテーマに沿ったレリックピースという情報を集めて,自らクエストを生み出す仕組みになっている。

大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age

 既存のシステムでいえば,沈没船の探索とプレイフィールは近い。ただし,テーマはおとぎ話や財宝伝説などといったもので,求めて発見した宝が,必ずしも形あるものとは限らない。

 情報が重要となるトレジャーハントは各町の酒場が出発点。酒場のマスターに話しかけてレリックピースをはめ込み,テーマを決めたら冒険のスタートだ。レリックピース同士を“合成”し,より上位のレリックピースを生み出すことも可能だが,どうやら失敗することもあるらしい。ちなみに,レリックピースは,戦闘の戦利品や釣りなどで入手できるという。

大航海時代 Online 2nd Age

 合成により高いランクのレリックピースを集めて,それらをテーマに組み込んでいくと,クエストが発生することもある。ここからは既存のクエストと似ているが,最終的に目指すのは発見物ではなく“レリック”(遺物)。このレリックの中には,現存するわけではないが,当時噂されていたような伝説的なものも含まれる。トレジャーハントでは,未知の遺物を発見する浪漫を味わうことができるのだ。

 ちなみにレリックの中には,黄金郷として知られるエルドラドも存在しているらしいが,こちらはChapter1の山場ともいえる場所という話だった。レリックピースの種類や入手の順番によって到達できる場所が異なってくるし,トレジャーハントで得たお宝をキーにして別のトレジャーハントが発生することもある。エルドラドに到達するためには,それなりのやり込みが必要になるだろう。

 なお,テーマの到達点の分岐はすべてゲーム内で記録されるので,分岐すべてをコンプリートするのもトレジャーハントの楽しみのひとつとなっている。

大航海時代 Online 2nd Age


莫大な資金で神聖ローマ帝政に介入する「皇帝選挙」

洋上の超難敵が待ち受ける「ガナドール(覇者)」


 2nd Ageから,プレイヤーが所属することのできないNPC国家のひとつとして,神聖ローマ帝国が登場する。この地では,時代が動く際に発生する皇帝選挙に介入することができる。

大航海時代 Online 2nd Age

 首都をフランクフルトとする神聖ローマ帝国は,ヨーロッパの中心に広大な領地を持つ国で,皇帝が各国に与える影響はかなり大きい。皇帝の候補はそれぞれ公約を掲げているので,自分の利益になるような皇帝を選んで支援していく。このとき,擁立する皇帝を支援するだけでなく,対立候補の支持者を説得することも可能となっている。ときには,莫大な資産を使って選挙へ介入するようなシーンも出てくるのではないかと,竹田氏は予想していた。

 皇帝になった人物は公約に従って政策を行う。政策のメリットを受けられるのは支持者のみなので,小口の支援者は当選しそうな候補者を見極める必要があるだろう。当選した候補者への支援額が上位にランクインすると,“宮廷顧問”という特権的な地位を手に入れることもできる。顧問職は財務監督官/宮廷御用商人/宮廷服飾士といった種類があり,顧問専用の装備品も用意されているとのこと。

大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age
大航海時代 Online 2nd Age

 軍人向けに追加されるガナドールという要素は,イングランド提督のフランシス・ドレイクやバルバリアの海賊ハイレディンといった海の覇者ともいえる強敵たちと戦うことができるPvEコンテンツだ。有名な人物ほど強力な力を有しており,1人で挑んでも簡単に返り討ちにされてしまうらしい。見事撃破できれば,栄誉はもちろん,素晴らしい報酬も手に入る。

 ガナドール戦は特殊な専用フィールドで行われ,1艦隊最大5名で挑戦することになる。町にいる諜報官に話しかけることで作戦室に入れるので,ここで仲間と作戦を練ったら,そのまま専用フィールドへと向かう。対戦相手となるガナドールは,いつでも戦える場合もあるが,とある時代にのみ登場する特殊なケースも存在するという。

大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age
大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age

 ガナドール戦はターゲットとなる艦船を撃破すれば勝利となるが,周囲をザコ敵が徘徊していて容易には近づけない。いきなりボスの艦船に特攻することもできるが,ザコ敵を排除しつつ少しずつ近づいたほうが安全だ。プレイヤー艦が戦闘不能になると出港所に戻されてしまい,この出港所に戻される回数が一定以上に達すると敗北となる。また,下級のガナドールで30分,最上級のもので60分という制限時間も設定されている。

 メディア体験会では,実際に大航海時代Onlineではお馴染みのゴードンとのガナドール戦を体験させてもらった。ゴードンはガナドールの中では下級の存在だが,統制の取れていない艦隊ではやはり厳しい感じだ。白兵で動きを止めつつ装甲の弱い場所に集中砲撃を行うなど,艦隊内の連携は必要になりそうな印象だった。

 ちなみに,イングランド所属のゴードンは,イングランド海軍が砲撃戦を得意としたように,遠距離から射程の長さを活かした戦術を駆使する。大航海時代 Onlineならではのこだわりは,ガナドール戦からも垣間見えるのだ。

大航海時代 Online 2nd Age 大航海時代 Online 2nd Age


9月20日の船出に向けて準備は万端


 竹田氏はこのほかにも,新拡張パックで追加されるさまざまな要素を紹介した。

 恒例の新規船については,ロイヤル・ソブリンやゴールデン・ハインドといった歴史上の有名な船や,各国の主力になった船などが登場する。また,今回は神聖ローマ帝国が追加されたが,今後のChapterでは時代を代表するようなNPC国家の追加を検討しているとのこと。

大航海時代 Online 2nd Age
ロイヤル・ソブリン
大航海時代 Online 2nd Age
ゴールデン・ハインド
大航海時代 Online 2nd Age
ゼーアドラー
大航海時代 Online 2nd Age
ラ・クローン
大航海時代 Online 2nd Age
ハイクリッパー

 陸上でも天候の変化や時間経過の表現が行われ,さらにキャラクターモデルが強化されてビジュアル面は大幅にパワーアップする。これにより,港町で夕日を眺めたり雪の降る夜の広野を探検したり,といったことができるようになるのだ。キャラクターのモデルについては,顔のパーツや新しい髪形のバリエーションが追加され,髪の毛のカラーリングを自由に行うことができるようになる。

 ほかにも,三宅一徳氏作曲の新BGMをはじめ,新しい装備品やアイテムも追加されているという。竹田氏はゲームを楽しみながら,新規要素を見つけてほしいと語っていた。

今まで4種類の楽器しかなかったが,今回4種類増え,最大8種類の楽器で合奏を楽しむことができるようになる。追加される楽器はどれも実在するもので,音色も忠実に再現されている
大航海時代 Online 2nd Age

 竹田氏のゲーム解説に続いて,運営ディレクターの木部高広氏が登壇し,パッケージの紹介と,キャンペーンについての説明が行われた。

 8月28日より公式サイトにて,2nd Ageの開始年代を決めるユーザー投票が行われているが,こちらの締め切りは9月13日の17:00。2nd Ageサービスインとなる9月20日から始まるキャンペーンについては,近々に公式サイトにて発表するとのこと。

「ゲーム内アップデートのほかにも,イベントやプロモーションにこれからも力を入れてまいりますので,今後とも大航海時代 Onlineをよろしくお願いいたします」(木部氏)。

 そして,体験会の最後は竹田氏の言葉で締めくくられた。

「大航海時代 Onlineは2nd Ageで新しいステージへと突入します。それによって今後の可能性も大きく広がっていくのです。今まではクエストの中だけで語られていたような過去の時代,そして蒸気船が登場するような未来の時代が,いずれ訪れるかもしれない。開発者の夢もどんどん広がっている状態です。9月20日のサービスインをどうか楽しみにお待ちください」

特典アイテム満載のトレジャーボックスの中には,新規船としてゲーム内にも登場するサンタマリア号のペーパークラフトも。紙製とは思えない精巧な作りで,完成には1時間以上掛かるとか。同じく特典アイテムであるオリジナルサウンドトラックには,フランクフルトの町やガナドール戦などで流れるBGMが収録されているという。気になった方は公式サイトのサンプル曲を視聴してみてほしい
大航海時代 Online 2nd Age


拡張性の高いシステムの導入で大航海時代 Onlineの可能性は無限大に


 体験会終了後に,2nd Ageのキーマンである竹田氏と木部氏から話を聞くことができたので,その内容もここで紹介しておこう。

 大航海時代 Onlineは7年以上という長い期間サービスを続けているタイトルだ。「紆余曲折ありながらも今までやってこられました」と語る竹田氏は,その長いサービス期間の中で,大航海時代 Onlineを取り巻く環境の変化と共に,ゲーム内容も変革していったと振り返る。しかしそれでも,大航海時代 Onlineが持つ大海や未知の領域を切り拓いていく,浪漫を追い求めるゲームスタイルがブレたことはない。

大航海時代 Online 2nd Age

 新拡張パックのテーマを“時間”と正式に決めたのは1年ほど前で,そこからは各要素を煮詰めて開発を行ってきた。大枠に関しては開発陣のアイデアによるところが大きいが,細い部分はプレイヤーの意見を多く取り入れたものになっている。2nd Age以降も,プレイヤーの生の声を聞ける定期アンケートは継続していく予定だという。

 開発陣は,すでに2nd Age Chapter2以降の作業に取り掛かっている。2nd Ageは拡張性のあるシステムの導入という側面も持っていて,今後Chapterを重ねるごとに世界は大きく広がっていくのだ。


 時間の概念が追加されたことで新たな縦軸の拡張が行われる世界。では,今までのような地図を広げていく横の拡張は行われないのだろうか。そのあたりを竹田氏に聞いてみると,「世界地図を広げるためには,時代の変化は必要不可欠だった」という。史実を重んじるタイトルだけに,現在設定されている時代では行けない場所,行ってはいけない場所がある。そうした場所に到達するためには,新しい造船技術が生まれる時代まで,時間を進めなければならないというわけだ。

 「例えば,既存の時代背景のままアメリカ西海岸を開放してゴールドラッシュ……をするには時代が違いすぎますよね。しかし,ゲーム内の時間が進んで相応の時代になっていればどうでしょう。今回の2nd Ageは,地図を広げるための下地を整えるアップデートでもあるのです」(竹田氏)

 大航海時代 Onlineである以上,中心となる時代は15世紀なかばから17世紀までという制約はあるが,最終的には地球全部をフォローしたいという野望も聞かせてもらえた。過去に戻ればバイキング船,未来に行けば蒸気船,そんな幅広い世界観の中でゲームを楽しめる日が来るのかもしれない。

大航海時代 Online 2nd Age

 最後に4Gamer読者に向けてのメッセージをいただいたので,掲載しておこう。

「2nd Ageは新しい可能性を感じるアップデートになっていると思います。今までプレイしてこられた方も新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか。大航海時代 Onlineは,ほかにはない独特な雰囲気のゲームですので,今までプレイしていない方も,この機会に遊んでいただければ幸いです」(竹田氏)。

「これからもプレイヤーの皆様の意見を参考に,より良いアップデート,イベント,ゲーム内改善等を行ってまいります。プレイヤーの皆様と共に大航海時代 Onlineを作っていきたいと思いますので,これからもよろしくお願いいたします」(木部氏)。

「大航海時代 Online 2nd Age」公式サイト

  • 関連タイトル:

    大航海時代 Online 2nd Age

  • 関連タイトル:

    大航海時代 Online 2nd Age

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日