オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
怪盗ロワイヤル公式サイトへ
  • DeNA
  • DeNA
  • 発売日:2011/09/28
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
歴史をテーマにした博覧会「志国高知 幕末維新博 第二幕」が高知県で開幕。DeNA Games Tokyoも参加表明を行ったイベントをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/04/23 15:47

イベント

歴史をテーマにした博覧会「志国高知 幕末維新博 第二幕」が高知県で開幕。DeNA Games Tokyoも参加表明を行ったイベントをレポート

怪盗ロワイヤル
 幕末から明治維新にかけての歴史をテーマにした博覧会「志国高知 幕末維新博 第二幕」が,2018年4月21日に高知県で開幕した。当日は,DeNA Games Tokyoの5タイトルで行われる,幕末維新博とのコラボ内容も発表されたので,会場各地の模様とあわせてレポートしよう。

 現在は高知県がある場所に存在していた土佐藩は,幕末から明治にかけて,坂本龍馬をはじめ中岡慎太郎岩崎弥太郎後藤象二郎板垣退助ら数多くの志士を輩出している。彼等が成し遂げた偉業を,高知県の自然や食などと交えあらためて発信し,地域活性ならびに観光地として盛り上げるというのが幕末維新博の基本コンセプトだ。

怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル

「志国高知 幕末維新博」公式サイト



 2017年3月から翌年4月まで開催された幕末維新博の第一幕では,期間中の高知県における総来場客数が440万人を突破。この数字は高知県で過去最多とのことである。
 今回開幕した第二幕では,高知県内全域における計25か所の各会場で,さまざまなイベントや企画展などが2019年1月末まで行われる。それらのなかでも,桂浜のすぐ近くにある坂本龍馬記念館は,新館が建てられ総面積が約2倍になったほか,本館も大々的にリニューアルされ最大の見どころとなっている。

セレモニーに登壇する高知県の尾﨑正直知事
怪盗ロワイヤル
 第二幕の開幕日となった4月21日には,坂本龍馬記念館の特設ステージにてセレモニーが開催。ステージに登壇した高知県の尾﨑正直知事は,開幕にあたり「今年は大政奉還および明治維新から150周年。坂本龍馬らの先人たちが切り開いた国造りの物語をあらためて振り返るとともに,地域を大きく活性化させたい」と抱負を述べた。

怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル
新たにお披露目された坂本龍馬記念館の新館
怪盗ロワイヤル
こちらはリニューアルされた本館

(写真右)明治政府の主要官職に多くの人材を供給した薩長土肥,すなわち現在の高知県,鹿児島県,山口県,佐賀県の各知事もセレモニーに集結。当時は犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩を,坂本龍馬が縁結びを行ったことにちなんで建てられた“シェイクハンド龍馬像”に手を重ね,お互いの県が力を合わせて盛り上げることを誓った
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


DeNA Games Tokyoによる県知事への表敬訪問が実施

“平成の海援隊”の一員として8月にコラボを予定


 幕末維新博 第二幕では新たな試みとして,県外の民間企業や団体などとの連携を行う,“平成の海援隊”と題した取り組みが行われる。ゲームやファッションそして飲食など,さまざまな業種とのコラボを行い,高知にまつわる新たな価値を生み出すというのが主な狙いだ。そのなかの一社に,DeNA Games Tokyoが含まれているという関係で,このたび4Gamerが取材を行うことになった次第。

 DeNA Games Tokyoは,2015年4月に設立された,DeNA(Mobage)が配信するタイトルの運営業務を中心に行うメーカーである。同社によると,長期運営のタイトルにまつわるノウハウに長けており,今週末の4月27日には「数百万人超のプレイヤーを抱えるゲーム運営ノウハウを大公開!」と題されたトークイベントも開催予定だ。

左から高知県の尾﨑正直知事,DeNA Games Tokyo代表取締役社長の井口徹也氏
怪盗ロワイヤル
 4月21日の開幕セレモニーの終了後,DeNA Games Tokyoの代表取締役社長を務める井口徹也氏が高知県庁を訪問。尾﨑知事への表敬訪問を通じて,コラボの具体的な方針などが直接語られた。

 説明によると,DeNA Games Tokyoが運営を行う,DeNA(Mobage)の5タイトル「怪盗ロワイヤル」「農園ホッコリーナ」「戦国ロワイヤル」「アクアスクエア」「スペースデブリーズ」で,幕末維新博にちなんだキャンペーンを実施するという。現在は詳細を調整中と前置きしたうえで,坂本龍馬らの志士にちなんだキャラや,高知県の名産品にちなんだアイテムなどをゲーム内に実装する予定だそうだ。

 また,DeNA Games Tokyoが維新博へブースを出展し,たとえば会場内のQRコードを読み込むことで楽しめたり,会場を訪れたプレイヤーが全国のユーザーと一緒に遊べたりするイベントも企画中とのこと。そのほかにも,Mobage内で使えるオリジナルのアバターアイテムの配布や,関連メーカーであるDeNAトラベルとの連動企画なども検討しているそうだ。これらのイベント2018年8月の実施が予定されている。

怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル

 尾﨑知事は,これらの施策が高知県の地域活性化に結びつくものとして,大きく頷きながら話を聞いていた。8月といえば,高知県では「よさこい祭り」が8月10日・11日に開催予定で,このタイミングでの相乗効果にも期待しているようだ。また,自らが設立した“平成の海援隊”が,早くも具体的な成果を見せつつあることにも,大きな手応えを得ていたご様子。

 表敬訪問の終了後,この意外性のあるコラボを行った経緯について,尾﨑知事に直接聞いてみた。すると,「むしろ意外性があるからこそ価値がある」との回答が得られた。高知県が持つ歴史コンテンツの魅力を,若い世代の人達に伝えるべくチャレンジングなアプローチを常に模索しており,その想いが“平成の海援隊”の実現に結びついたのだそうだ。今後,DeNA Games Tokyo以外の各社から,どのようなキャンペーンが発表されるかにも期待したい。

怪盗ロワイヤル


幕末維新博の第二幕は来年1月31日まで開催


 冒頭で述べたとおり,幕末維新博は高知県内の全域に点在した計25の会場で行われている。今回の滞在中では,時間が許す限り各会場を取材(というより観光)してきたので,写真多めで紹介しよう。


●「こうち旅広場」https://www.attaka.or.jp/tabihiroba/
 土佐藩はNHKの大河ドラマでも何度かメインテーマに選ばれているが,そのなかでも「龍馬伝」(2010年に放送)の放映当時は高知県全域が大変な盛り上がりを見せたという。現在も高知駅前には,龍馬伝における坂本龍馬の生家セットが常設展示されているほか,PR隊“土佐おもてなし海援隊”のステージなどが行われる“こうち旅広場”が広く設けられている。

怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


●「高知城」http://kochipark.jp/kochijyo/
 NHK大河ドラマでは「功名が辻」(2006年に放送)でも大きく取り上げられた,関ヶ原の戦いのあとに転入した山内一豊が築城したお城。日本国内における城の多くは,明治政府の指示により取り壊されたが,この高知城は天守以外の大半を公園化とすることで免れたという。現在も,一般観光客が天守のてっぺんまで登ることが可能で,ここからの眺めは壮観の一言。

怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


●「高知県歴史博物館」https://www.kochi-johaku.jp/
 幕末維新博 第一幕の開幕に合わせて建てられた,高知県の歴史にまつわるさまざまな出展が行われている施設。幕末や明治にとどまらず,その前後の時代も網羅しており,歴史ファンにはたまらない施設といえそうだ。出展物の多くは入れ替わり制となっているので,訪れるさいは事前にチェックしておくとよいだろう。

怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


●「坂本龍馬記念館」https://ryoma-kinenkan.jp/
 新たに建てられた坂本龍馬記念館の新館では,龍馬が亡くなる5日前に書いたとされる手紙や,愛刀の陸奥守吉行,寺田屋で襲撃されたさいに用いたスミス&ウェッソンのピストルなど,ゆかりのある様々な品が展示(レプリカ含)。一方のリニューアルされた本館では,龍馬の脱藩,勝海舟との出会い,薩長同盟,海援隊などの時系列に沿って,当時の背景や関連人物の紹介などが行われている。

怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


●「桂浜」http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/39/katsurahama.html
 坂本龍馬記念館から徒歩10数分の場所にある,月見の名所としても知られる海岸。傍らにある高台には,いまも太平洋を悠然と見渡す巨大な坂本龍馬像が建てられている。現在は,この龍馬像のすぐ横に足場が建てられており,同じ目線の高さで景色を眺められる“龍馬に大接近”が期間限定で開催中。

怪盗ロワイヤル
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル

(写真右)勝海舟とジョン万次郎が太平洋を横断した艦船の“咸臨丸”にちなんだ船に乗って,桂浜を望むクルージングも行われている(本日まで)
怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


●「ひろめ市場」http://hirome.co.jp/
 高知城から徒歩数分の場所にある,集合型の屋台村。朝から晩まで,地元の老若男女や観光客でひっきりなしに賑わっている人気スポットだ。高知の名物として知られ,この市場でも一番人気という鰹のたたき(藁焼き)は,たっぷりの刻みネギとニンニクが添えられており絶品。今回の滞在中は,暇さえあればこればかりをひたすら食べてしまった。

怪盗ロワイヤル 怪盗ロワイヤル


 この「志国高知 幕末維新博 第二幕」は,2018年4月21日から2019年1月31日まで,高知県内の全域で開催中だ。

 坂本龍馬や幕末のファンに対しては,幕末から明治時代にかけて土佐藩が担った役割の大きさについて,あらためて説明する必要はないだろう。しかし,尾﨑知事も述べていたとおり,当時からは150年も経過しているわけで,その偉業を後世に伝えなければ,世代が移り変わるなか,次第に忘れ去られるのは避けられない。
 その点,高知県は幕末維新博をはじめさまざまなPRや,“平成の海援隊”による他業種とのコラボなどを積極的に行っている。こういった努力を惜しみなく行ってくれているというのは,今回の取材を通じて非常に心強く思えた。

 本稿でも「ひろめ市場」を紹介しているとおり,幕末維新博では志士や歴史にちなんだ施設のみならず,食や自然などを交え観光地としてアピールされている。歴史ファンならずとも,観光地としても非常に魅力的な場所といえるだろう。高知県全域に点在しているため,一泊や二泊では到底回りきれないのが悩ましいところだが,興味を持ったらぜひこの機会に,公式サイトでを各出展内容をチェックしたうえで訪れてみよう。

「志国高知 幕末維新博」公式サイト


怪盗ロワイヤル
  • 関連タイトル:

    怪盗ロワイヤル

  • 関連タイトル:

    戦国ロワイヤル

  • 関連タイトル:

    アクアスクエア

  • 関連タイトル:

    農園ホッコリーナ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月15日〜08月16日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月