オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/02/19 17:47

リリース

「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

マジック:ザ・ギャザリング マジック:ザ・ギャザリング アリーナ
配信元 Wizards of the Coast 配信日 2020/02/19

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

元祖トレーディングカードゲームが展開する世界頂点の戦い!
マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019 レポート
〜パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手が優勝、30万ドルを獲得〜

 Wizards of the Coast LLC(本社:ワシントン州レントン, アメリカ合衆国、CEO:Chris Cocks)は、世界最初のトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の招待制大会「世界選手権2019」を、2020年2月14日(金)〜16日(日)にアメリカ合衆国ハワイ州ホノルルにて開催しました。招待された合計16名が参加し、3日間に渡る激戦を勝ち抜いたパウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手(ブラジル)が見事優勝。賞金300,000米ドルを獲得しました。

マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019 イベント特設ページ
https://mtg-jp.com/coverage/mtgwc19/

マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019優勝者のパウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手
画像(001)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019 会場風景
画像(002)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

イベント名称:マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019
開催期間:2020年2月14日(金)〜2月16日(日)
開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル
参加者数:16名
賞金総額:1,000,000米ドル
優勝賞金:300,000米ドル

 「マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019」は、昨年に開催された各世界大会(ミシックチャンピオンシップ)の優勝者7名、マジック・プロリーグ(以下、MPL)所属選手ポイントレース上位者4名、非MPL所属選手ポイントレース上位者4名、そして前回世界選手権の王者1名の合計16名が参加し、その年度における競技マジックの頂点を決定するための、通算26回目の招待制大会です。わずかな参加人数ながら、今回その賞金総額は1,000,000米ドル(約1億1000万円)、優勝賞金は300,000米ドル(約3,300万円)にも登ります。

 参加選手は以下の通り。新進気鋭の選手からマジックプレイヤーなら誰もが知る古豪選手まで、多様な16名が参戦しました。

マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019 参加選手
画像(003)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

 フォーマット(競技ルール)はスタンダードおよび最新セット『テーロス還魂記』ブースタードラフト。それぞれデッキをデジタルゲーム「MTGアリーナ」上に登録し、PC画面上での熱戦が繰り広げられました。1日目、2日目に合わせて計12回戦が行われ、3日目にはトップ4に残ったマルシオ・カルヴァリョ選手(ポルトガル)、パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手(ブラジル)、ガブリエル・ナシフ選手(フランス)、セス・マンフィールド選手(アメリカ)らがダブルエリミネーション形式にて王座を賭けた争いを展開します。

トップ4に残った選手4名
画像(004)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

 最終的にグランドファイナルに進出したのは、勝者側ブラケットを突破したパウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手(使用デッキ:アゾリウス・コントロール)と、敗者側ブラケットを突破したマルシオ・カルヴァリョ選手(使用デッキ:ジェスカイ・ファイアーズ)。2マッチを獲得すれば優勝する勝者側ブラケットのダモ・ダ・ロサ選手に対し、敗者側ブラケットのカルヴァリョ選手は優勝するために3マッチを獲得しなくてはなりません。

ステージ上でPC画面を挟んで向かい合うダモ・ダ・ロサ選手とカルヴァリョ選手
画像(005)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

 激闘の末、最終マッチである4マッチ目を制して王座に輝いたのは「アゾリウス・コントロール」デッキを操るブラジルの星、パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手でした。互いに譲らぬ攻防が続く中、ダモ・ダ・ロサ選手の操る1体のクリーチャー《太陽の恵みの執政官》が盤面を仲間のペガサス軍団で埋め尽くしての勝利となりました。

最終マッチの第2ゲーム目。《太陽の恵みの執政官》によって盤面がペガサスで埋め尽くされていく
画像(006)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

新たなチャンピオンとして歴史に名を刻んだダモ・ダ・ロサ選手
画像(007)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開
 ダモ・ダ・ロサ選手は2019年度の世界王者の称号を得ると共に、優勝賞金300,000米ドルと、次シーズンにおけるMPL所属枠(合計24枠)を獲得しました。

 大会の結果や試合の模様を取材した記事など、詳しくはイベント特設ページ(https://mtg-jp.com/coverage/mtgwc19/ )をご覧ください。また本イベントについては日本語による実況解説付きの配信を実施、今からでもビデオアーカイプをご覧いただけます。実況にeスポーツキャスターの大和周平さん、解説に日本人MPL所属選手の八十岡翔太さん、行弘賢さん、佐藤レイさんをお呼びした豪華放送になっておりますので、ご興味のある方はぜひご視聴ください。

[Twitchチャンネル]
https://www.twitch.tv/mtgjp/videos

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/wizardsmtgjp/videos

日本人MPLの3名。左から八十岡翔太選手、行弘賢選手、佐藤レイ選手
画像(008)「マジック:ザ・ギャザリング」の招待制大会「世界選手権2019」,公式レポートが公開

「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイト

「マジック:ザ・ギャザリング アリーナ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    マジック:ザ・ギャザリング

  • 関連タイトル:

    マジック:ザ・ギャザリング アリーナ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月25日〜10月26日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月