オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]定格4GHzで倍率ロックフリーの「Core i7-4790K」登場。Pentium 20周年モデルともども北米時間6月14日に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/06/03 15:30

ニュース

[COMPUTEX]定格4GHzで倍率ロックフリーの「Core i7-4790K」登場。Pentium 20周年モデルともども北米時間6月14日に発売

 日本時間2014年6月3日15:30,Intelは,Haswell Refresh世代の「K」型番モデルとなる倍率ロックフリーのCPU「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」と,Pentiumブランド20周年記念の倍率ロックフリー版CPU「Pentium Anniversary Edition」を正式に発表した。いずれも北米時間6月14日発売予定とされている。
 現時点で公表されている主なスペックは以下のとおりだ。

●6月3日に発表されたCPUの主なスペック
※原稿執筆時点では一部未公開
  • Core i7-4790K
    4C8T,TDP未公開,CPUコア定格クロック4GHz,CPUコア最大クロック4.4GHz(4-4-4-4),統合型グラフィックス機能「GT2」最大クロック1250MHz,共有L3キャッシュ容量8MB,デュアルチャネルDDR3-1600,QSV有効
  • Core i5-4690K
    4C4T,TDP未公開,CPUコア定格クロック3.2GHz,CPUコア最大クロック未公開(2-3-4-4),統合型グラフィックス機能「GT2」,共有L3キャッシュ容量6MB,デュアルチャネルDDR3-1600,QSV有効
  • Pentium Anniversary Edition
    2C2T,TDP未公開,CPUコア定格クロック3.2GHz(Intel Turbo Boost Technology無効),GT1最大クロック未公開,共有L3キャッシュ容量3MB,デュアルチャネルDDR3-1333,QSV有効


Core i7-4790Kは全コア最大4.4GHz動作

オーバークロックに向けた改良も


 このうちCore i7-4790Kは,かねてより「Devil’s Canyon」(デヴィルズキャニオン)という開発コードネームで呼ばれていた製品だ(関連記事)。Haswell Refresh世代の「K」プロセッサという位置づけにある。

今回の発表における目玉となるDevil's CanyonことCore i7-4790K
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

 注目したいのは,冒頭でも挙げた定格4GHzという動作クロックで,ついにCoreプロセッサが定格4GHzの世界へ突入したことになるわけだ。また,「Intel Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)による最大動作クロック4.4GHzに4コアすべてが到達する仕様というのも大きなトピックといえるだろう。

参考資料より。Core i7-4790Kのスペックとして,どういう状況で何コアがTurbo Boost入るかを示す「Turbo Bin」が「4-4-4-4」とあり,4コアがTurbo Boostに入ったときにも最大4.4GHzへ到達することが分かる
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

 Core i7-4790Kでは,4GHz超級のクロックにおける動作の安定性,そしてユーザーが自己責任で行うオーバークロック時の耐性を高めるため,パッケージレベルでの新たな技術も導入されている。具体的には,パッケージ底面のキャパシタが追加・変更され,また,CPUのダイとヒートスプレッダの間を埋めるサーマルインタフェースに,Intelが特許を持つ「Next-Generation Polymer Thermal Interface Material」(NGPTIM)が新採用になったとのことだ。
 NGPTIMは熱伝導材にポリマー(高分子重合体)を添加したもので,シリコングリスなど,従来のIntel製CPUで採用されていた熱伝導材と比べて欠損や剥離が起きにくく,高い熱伝導率を実現するとされている。このNGPTIMを内部に使用することにより,Core i7-4790Kでは放熱効率が極めて高くなっているという。

裏面のキャパシタの追加は高クロック動作の安定性を高めるため,NGPTIMは放熱効率を高めるために,それぞれ採用されている。ここが,Haswell世代のKプロセッサたる「Core i7-4770K」などとの違いだ。なお,Core i5-4690Kでもこれらが採用されているかどうか,原稿執筆時点では明らかにされていない
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

 気になる対応チップセットは,「Intel 9シリーズ推奨」という表現になっている。Intel 8シリーズチップセットでも利用は可能であるものの,TDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)が少し高く,その点で,Haswell Refresh世代が想定されていないマザーボードには不安が残るというのが,Intelの公式見解のようだ。

Core i7-4790KではIntel 9シリーズチップセットの利用が推奨される
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)
こちらはCore i7-4790KとSandy Bridge世代のCore i7-2700Kを比較したスライド。性能は30%以上高くなり,モダンな新要素が利用できるようになったとアピールされる
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

 一方,Pentium Anniversary Editionは,2コア2スレッド対応でCPUコアの定格クロックが3.2GHz,Turbo Boost非対応で倍率ロックフリーと,いわば,「低価格で遊べる」プロセッサという扱いになる。PentiumブランドのCPUでは基本的に有効化されない「Intel Quick Sync Video」が有効になっているというのも特徴といえるだろう。

Pentium Processor Anniversary Editionの概要。こちらも倍率ロックフリーとなる
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)


4Kディスプレイが399ドルに?


 CPUとは別件だが,4Kディスプレイに関するIntelとSamsung Electronics(以下,Samsung)の協業も明らかになったのでお伝えしておきたい。
 これは,SamsungがPCディスプレイ向けに4K解像度の23.6インチPLS(Plane-to-Line Switching,IPS方式の一種)液晶パネルを供給。Intelがディスプレイメーカーに対して同パネルの採用を促すことで,最終的に4Kディスプレイの価格を現在の最廉価帯比で約半額となる399ドルにしようというものである。

IntelとSamsungが協業し,399ドルの4Kディスプレイ実現を目指す。4Kパネルが採用されたAiO(オールインワン)PCの価格を999ドルにする計画もあるという
Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

 4Kディスプレイが手頃な価格になるのはPCユーザーとしても悪い話ではない。ただ,23.6インチというサイズがちょっと気になるところだろう。このサイズの4KディスプレイはDPI設定を上げなければとうてい利用できないが,WindowsではDPI設定を無視するアプリケーションが極めて多いこともあって,使いにくいディスプレイになる可能性もゼロではない。

 この計画が成功するかどうかは現時点ではなんとも言えないが,IntelとSamsungというビッグネームが4Kディスプレイ分野で手を結ぶというのは,やはり大きなトピックに違いない。現行の1920×1080ドット液晶ディスプレイと同じ感覚で4Kディスプレイを購入できる時代は,もうすぐそこまでやってきているといえそうである。

Intelのプロセッサ情報データベース「ARK」(英語)

  • 関連タイトル:

    Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月19日〜07月20日