オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ソニーモバイル,ハイエンドスマートフォン「Xperia Z2」を発表。世界最薄最軽量の防水タブレット「Xperia Z2 Tablet」も登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/02/24 19:48

ニュース

ソニーモバイル,ハイエンドスマートフォン「Xperia Z2」を発表。世界最薄最軽量の防水タブレット「Xperia Z2 Tablet」も登場

 スペイン時間2014年2月24日,ソニーモバイルコミュニケーションズは,スペインのバルセロナで開催中の情報通信機器関連見本市「Mobile World Congress 2014」に合わせて,Androidスマートフォン「Xperia Z2」とAndroidタブレット端末「Xperia Z2 Tablet」などを発表した。両製品はともに,2014年3月以降に世界市場で発売されるとのことだ。

Xperia Z2 Tablet(左)とXperia Z2(右)
Xperia

 Xperiaブランドのスマートフォンの中でもハイエンドに位置するXperia Z2は,日本市場では2013年10月に発表された「Xperia Z1」のスペックを強化した製品となっている。
 とくに目を引くのは,液晶パネルサイズが5インチから,5.2インチへと若干大型化されたにも関わらず,本体サイズはXpeia Z1とほとんど変わらない73.3(W)×146.8(D)×8.2(H)mmで,重量は若干軽量化された約158gとなったことだ。
 スペック面も強化されており,搭載SoC(System-on-a-Chip)はQualcomm製の「Snapdragon 801」(MSM8974AB)なる未発表SoCを採用し,メインメモリ容量も3GBへと増量されている。搭載OSも最新のAndroid 4.4(KitKat)となるなど,ハイエンドモデルにふさわしい仕様を揃えているのが魅力といえよう。

 10.1インチ液晶パネルを搭載するXpeia Z2 Tabletは,「世界最薄最軽量の防水タブレット」を謳うAndroidタブレット端末だ。無線LANモデルで約426g,LTE対応モデルで約439gという重量は,500gを切る軽さで話題を呼んだ「iPad Air」(無線LANモデルで約469g)をしのぐほどで,この重量で防水防塵仕様を実現しているというのは,他にはない特徴である。
 内部のスペックはXperia Z2と似通っており,搭載SoCはSnapdragon 801,メインメモリ容量は3GB,OSはAndroid 4.4となっている。

 いずれは日本国内でも発売されるだろうと思われるので,ハイエンドスマートフォンの購入を検討している人は,注目しておくといいだろう。

 上記の2製品以外に,4.8インチ液晶パネルを採用して220ユーロ(約3万990円)以下の価格帯で販売されるという「Xperia M2」や,スマートフォンと連携して歩数の記録をしたり,通話や音楽再生の操作ができるリストバンド「SmartBand SWR10」なども発表されている。

ソニーモバイルコミュニケーションズによる当該プレスリリース


#### 以下,リリースより ####

ソニーモバイル、Mobile World Congress 2014にてプレスイベントを開催
〜Xperiaスマートフォン、タブレットの新モデル、スマートウエア商品などを発表〜

 2014年2月24日(スペイン・バルセロナ)― ソニーモバイルコミュニケーションズは、スペイン・バルセロナで開催中の世界最大規模の携帯通信関連・国際展示会「Mobile World Congress 2014」においてプレスイベントを開催し、今年導入予定のスマートフォン、『Xperia Z2(エクスぺリア ゼットツー)』、『Xperia M2(エクスぺリア エムツー)』、タブレット『Xperia Z2 Tablet(エクスペリア ゼットツー タブレット)』、スマートウェア商品『SmartBand(スマートバンド) SWR10』などを発表しました。

新商品の特長
スマートフォン『Xperia Z2』

『Xperia Z2』は、ソニーの総合力を結集し、デジタルカメラやディスプレイ、オーディオ等の最新技術を搭載した、2014年のフラッグシップスマートフォンです。

Xperia

カメラには、1/2.3型、約2,070 万画素の積層型CMOSイメージセンサーExmor RS for mobile(エクスモアアールエスフォーモバイル)、高精細撮影を可能にする画像処理エンジンBIONZ for mobile(ビオンズフォーモバイル)、明るく広角撮影が可能なGレンズなど、ソニーがカメラ開発で培ってきた技術を搭載しています。今回新たにフルHDの4倍の解像度を持つ4K画質(*1)の動画撮影機能、電子式手ブレ補正機能SteadyShot、撮影した動画の任意の箇所をスローモーションで再生(*2)出来るTimeshiftビデオを搭載しました。また、楽しい効果を付け加えて撮影可能なARエフェクト(エーアールエフェクト)が新たに動画に対応しました。

約5.2インチのフルHDディスプレイには、幅広い色再現領域を持ち、豊かで自然な色や、繊細な色の違いを鮮やかに描き出すトリルミナスディスプレイ for mobileを採用、新たにLive Color LEDを搭載し、より鮮やかに映像を再現します。また、ソニー独自の超解像技術、X-Reality for mobile(エックスリアリティ フォーモバイル)も搭載。画像を分析し、失われている画素を復元することで、動画をリアリティー豊かに表現します。

スマートフォンとして初めて(*3)デジタルノイズキャンセリング機能に対応(*4)。周囲の騒音を約98.0%カットします。ステレオスピーカーを搭載し、音の動きや、広がり感を表現するソニー独自のバーチャルサラウンド技術S-Force(エスフォース)フロントサラウンドにも対応しました。また、CDを上回る豊かな情報量を持つ、ハイレゾリューション・オーディオ(*5)音源の再生が可能になり、対応のスピーカーやポータブルアンプ、ヘッドホン等で臨場感のある音楽をお楽しみいただけます。

最新のQualcomm社製2.3GHzプロセッサー(Snapdragon 801)、3GB メモリー、大容量バッテリー3200mAhを搭載。IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能(*6)を備えています。


タブレット『Xperia Z2 Tablet』

『Xperia Z2 Tablet』は、IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備えながら、世界最薄約6.4ミリ(*7)、最軽量 (Wi-Fiモデル約426g・LTE/3Gモデル約439g(*7))を実現した、2014年のフラッグシップタブレットです。

Xperia

防水性能を備えながら、世界最薄6.4mm、最軽量 (Wi-Fiモデル約426g・LTE/3Gモデル約439g を実現。

約10.1インチのHDディスプレイに、『Xperia Z2』と同じ、トリルミナスディスプレイ for mobileを採用、新たにLive Color LEDを 搭載しています。また、ソニー独自の超解像技術、X-Reality for mobileにも対応しています。
タブレットとして初めて(*3)周囲の騒音を約98.0%カットするデジタルノイズキャンセリング機能に対応しています。(*4)。ステレオスピーカーを搭載し、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術S-Forceフロントサラウンドにも対応しています。

カメラには、約810万画素の積層型CMOSイメージセンサーExmor RS for mobileを搭載、薄暗い場所でも自然な明るさで美しい静止画、動画を撮影いただけます。シャッターを切る1秒前から写真を高速連写するタイムシフト連写、顔や空間に合わせたエフェクト付きで静止画・動画撮影を楽しめるARエフェクトといった、Xperia独自のアプリケーションを搭載しています。

最新のQualcomm社製2.3GHzプロセッサー(Snapdragon 801)、3GB メモリー、大容量バッテリー6000mAhを搭載。IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能(*6)を備えています。


スマートフォン『Xperia M2』

『Xperia M2』は、約4.8インチのディスプレイやExmor RS for mobileを採用したカメラ機能などを搭載しながらも、幅広いお客様にご購入いただける価格帯(*8)を実現したスマートフォンです。

Xperia Xperia

約4.8インチのディスプレイに加えて、高速通信が可能なLTE(*9)やNFCによるワンタッチ機能を搭載しました。

積層型CMOSイメージセンサーExmor RS for mobileを採用した約810万画素カメラ機能はHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオに対応し、逆光のような明暗に差のあるシーンでも、白とび黒つぶれの少ない自然な色の動画の撮影が可能です。

シャッターを切る1秒前から写真を高速連写するタイムシフト連写や撮影中の動画をFacebook上にリアルタイムで共有できるSocial live(ソーシャルライブ)など、Xperia独自のアプリケーションを搭載しています。


スマートウェア商品『SmartBand SWR10』とLifelog(ライフログ)アプリケーション

スマートフォンと組み合わせて使用することで、様々な生活情報を記録、活用し、生活をより楽しくする体験を提供するリストバンド型『SmartBand SWR10』とLifelog(ライフログ)アプリケーションの提供を開始します。

Xperia

日々の行動を記録できるリストバンド型のスマートウェア商品『SmartBand SWR10』を2014年の3月より全世界60ヶ国以上で導入します。あわせてLifelogアプリケーションを同月よりGoogle Playにて提供開始します(*10)。

『SmartBand SWR10』はスマートフォンとあわせて使用することで、歩数、音楽、写真、通話等の様々な日常を記録します。同記録を新しく開発したLifelogアプリケーション上で活用することで、ユーザーの行動パターンの発見や、未来のコミュニケーションや行動のきっかけになる情報を提供します。

『SmartBand SWR10』は加速度センサーにより歩数や移動した距離等を記録するだけでなく、電話の着信やFacebookの更新の際に振動し、手元で通知を行います。またスマートフォン上の音楽の再生や曲送りなどの操作も『SmartBand SWR10』で行うことが可能です。

『SmartBand SWR10』はNFCに対応し、Xperia スマートフォンにかざすだけで、ワイヤレス接続が可能です。加えて、IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能)を備えています。

※1 QFHD(3840 x 2160ピクセル)/30p 撮影した画像はMHL 3.0ケーブルで接続した4K対応液晶テレビ ブラビアで、4K画質で表示できます。
※2 720p/120fpsの撮影にのみ対応
※3 2014年2月24日現在、Strategy Analytics社調べ。
※4 対応のノイズキャンセリング機能搭載専用ヘッドホン(『MDR-NC31EM』)を使っているときにのみ有効です。周囲の騒音がまったく聞こえなくなるわけではありません。
※5 ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にCD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つPCMやDSDフォーマット の音源を指します。
※6 【防水性能】 IPX5は噴流に対する保護等級で、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルの噴流水によっても機能を保持する防水性能です。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに商品を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
【防塵性能】IP5X等級の防塵性能。IP5Xとは、粒径75μm以下の塵埃が入った装置に8時間入れて取り出した時に通信機器の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します。
※7 8インチ以上のディスプレイを保有するタブレットにおいて。2014年2月24日現在、Strategy Analytics社調べ。
※8 €220以下の価格帯を予定しています。具体的な価格は導入される国や地域、また提供される通信事業者によって異なります。
※9 国や地域によっては、3Gモデルを導入します。
※10 発売時期、アプリケーション提供時期は地域によって異なります。

くわしくは英文のプレスリリース(原文)をご覧ください。
http://blogs.sonymobile.com/category/press-releases

  • 関連タイトル:

    Xperia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日