オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Minecraft公式サイトへ
  • Mojang
  • 発売日:2011/11/11
  • 価格:19.95ユーロ
読者の評価
93
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
Minecraft
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
小学生20人が「Minecraft」で夏休みの自由研究制作に挑戦。マイクラの教育・学習への活用を考える「MCEdu2016」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/22 14:15

イベント

小学生20人が「Minecraft」で夏休みの自由研究制作に挑戦。マイクラの教育・学習への活用を考える「MCEdu2016」レポート

 2016年8月20日と21日,東京・早稲田大学西早稲田キャンパスにて,「Minecraft」を遊ぶことで得られる知識を教育や学習に活用するというテーマのもとで行われているイベント「MCEdu2016」が行われた。
 主催の「MCEdu2016実行委員会」(ICT/プログラミングスクールTENTO,早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所)によると,MCEdu(エムシーエデュ)は2014年にスタートしており,今年で3回目の開催となる。

Minecraft

 会場には,「Minecraft」を楽しみながらさまざまな学習ができるワークショップをはじめ,教育関係者による講演,パネルディスカッションなどが3フロアにわたって用意されており,多数の親子連れが参加していた。「ちゃんと学ぶ建築講座」「Redstone入門編」といったゲーム内のテクニック教室,「ゆっくり動画作成講座」「マイクラで学校の授業」といった子供向けのセッションが目立ったが,大人向けの「spigotを使ったマイクラサーバの立て方」「大人向けマイクラプログラミング無料講座」といったプログラムもあり,親子で1日楽しめる場という印象だ。

 本稿では,8月21日に行われた小学生向けのスペシャルワークショップ「『マインクラフト』で作る夏休みの自由研究」の模様をレポートする。これは,「Minecraft」を遊びながら夏休みの宿題である自由研究制作に挑もう,というものだ。

 まずは講師として東京都小金井市立前原小学校校長を務める松田 孝氏,TENTO代表の竹林 暁氏が登壇し,今回の課題について説明が行われた。その課題とは,宮沢賢治氏の詩「やまなし」の世界を「Minecraft」で表現する“ビジュアライズに挑戦する”という内容だ。

Minecraft
前原小学校校長の松田 孝氏
Minecraft
TENTO代表の竹林 暁氏

Minecraft
ゲストとして参加した豊嶋 花さんは「皆さんと楽しく仲よく『Minecraft』ができたら,と思っています。よろしくお願いします」と元気よく挨拶した
Minecraft
小学生が制作した,「Minecraft」によるビジュアライズの例がパネル展示されていた

 宮沢賢治氏の「やまなし」は,川底にいる2匹のカニから見たさまざまな景色が描かれている詩で,アメンボや泡,魚などが登場する。小学校高学年の国語教科書に採用され,とくに登場キャラクターである「クラムボン」とは何か,というテーマが授業で扱われることが多いようだ。

 今回のワークショップでも,「Minecraft」においてクラムボンをどう表現するのか,そもそもクラムボンを作るのか,といった部分が焦点になっており,参加者はさまざまな発想で課題に取り組んでいた。
 ゲームのワールドは「川底」をイメージしたものだったので,まずはカニを2匹作るところからスタートしつつも,それ以降はどこに何を作るのかは参加者にとってまちまち。魚を作ったり,アメンボを作ったり,さらに泡や光を表現する参加者もいて,子供達の発想力に感心させられた。

コントローラを握り始めたら,ものすごい勢いで「Minecraft」をプレイし始めた
Minecraft Minecraft

 夏休みの自由研究ということで,最終的には紙に書いて成果をまとめることになる。ゲーム画面をキャプチャして,それをプリントアウトしたものを紙に貼っていくのだが,どのアングルから撮影するかにこだわる参加者も見られた。

Minecraft Minecraft
Minecraft Minecraft

 竹林氏は「通常の授業では想像することが難しい『やまなし』を,『Minecraft』は分かりやすくビジュアル化できるので,丁寧に深く考えるきっかけになったのでは」と,教育で使えることを実感したという。
 また,松田氏は「一人ひとりの学習能力や進捗状況に合わせたアダプティブラーニングが自然と実践できる」と,今回のような取り組みを高く評価する。
 学校などの教育現場に特化したPC向け「Minecraft: Education Edition」の製品版が,日本マイクロソフトより9月にリリースされることが発表されており,本格的に「Minecraft」の授業が行われる日は近いかもしれない。

自由研究をまとめる参加者。スクリーンショットを出力し,紙に貼り付けていく
Minecraft

豊嶋さんが自分の作品を解説。「カニは足がゴツゴツしてるから,レンガのキューブを使って表現してみました。カニは本を読んでいて,その本の主人公がクラムボンという設定です」
Minecraft

最後に,参加者がそれぞれ作品のポイントを紹介してくれた
Minecraft

各々の自由研究を手に持って,みんなで記念撮影。いい夏休みの思い出になったことだろう
Minecraft

「MCEdu2016」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Minecraft

  • 関連タイトル:

    Minecraft for Windows 10

  • 関連タイトル:

    Minecraft:Playstation 4 Edition

  • 関連タイトル:

    Minecraft: PlayStation 3 Edition

  • 関連タイトル:

    Minecraft

  • 関連タイトル:

    Minecraft:Xbox 360 Edition

  • 関連タイトル:

    Minecraft: Wii U Edition

  • 関連タイトル:

    Minecraft: PlayStation Vita Edition

  • 関連タイトル:

    Minecraft

  • 関連タイトル:

    Minecraft - Pocket Edition Lite

  • 関連タイトル:

    Minecraft

  • 関連タイトル:

    Minecraft - Pocket Ed. Demo

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月