オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/11/20 00:00

イベント

[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた

画像集#001のサムネイル/[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた

 韓国釜山で開催中のゲームショウ「G-Star 2010」の商用(B2B)エリアにあるESTsoftのブースで「CABAL II」の文字を発見した。ちょうどブース内にいたESTsoftのCEO,Jang-Joong Kim氏から話を聞けたので,ここに紹介しよう。

ESTsoftのCEO,Jang-Joong Kim氏
画像集#002のサムネイル/[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた
 本作は,名前からも分かるとおり,日本ではゲームポットが運営しているMMORPG「CABAL ONLINE」の続編となるものだ。前作はスタイリッシュなアクションと,MMORPGには珍しくエンディングの用意されたストーリーが特徴だったが,今回のCABAL IIでは,前作よりもさらにストーリー性を強めた“Story Based MMORPG”がコンセプトになっている。

 CABAL ONLINEとCABAL IIの物語は連続しているわけではなく,世界観は別のものになるとKim氏は説明してくれた。もっとも,つながりがまったくないわけではないらしい。
 残念ながら詳しいことは教えてもらえなかったが,Kim氏は,CABAL ONLINEとCABAL IIの関係を,ファイナルファンタジーシリーズにたとえる。つまり,それぞれの世界観はまったく異なるが,FFはやはりどの作品もFFというわけだ。

 内容については,それ以上詳しくは教えてもらえなかった。なにしろ,CABAL IIはまだ正式に発表されておらず,このB2Bエリアで得られた情報が,そもそも初出――Kim氏によるとメディアに話すのも初めて――なのである。
 現在言えるのは,CABAL ONLINEにはいろいろな独自要素が盛り込まれていたが,CABAL IIはそれに負けないくらいの新要素を実装する,ということだけだそうだ。

画像集#004のサムネイル/[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた

 制作開始はおよそ3年前で,Kim氏によれば,一般に公開するにはまだ1年ほどの開発期間が必要だろうとのこと。ということは,2011年のG-Starで我々の前に登場する可能性が高い。

 取材における最大の驚きは,本作がドイツCrytekが開発した最新の「CryENGINE 3」で開発されているということだ。「ArcheAge」など,いよいよ「CryENGINE 2」で制作されたMMORPGが出てくるのかと思っていたのに,来年にはもうCryENGINE 3のMMORPGが発表されることになりそうだという,韓国ゲーム業界の新技術に対する貪欲さには,驚くほかない。

 Kim氏によれば,もともとは「Snake Engine」(“CABAL ONLINE I”において,独自開発したゲームエンジン)で制作していたのだが,CryENGINE 3の登場後すぐに開発環境を移行し,現在はゲームエンジンの研究/最適化を行いながら作業を進めているという。CryENGINE 3の最大の特徴は,PCだけでなく,PlayStation3,Xbox 360への対応も容易であることだ。そういうゲームエンジンを使用している以上,マルチプラットフォーム化を視野に入れている可能性は高い。

画像集#005のサムネイル/[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた 画像集#006のサムネイル/[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた

 またKim氏は,CABAL ONLINEは日本でも良い反応だったと前置きしたうえで,2011年内の完成度にもよるが,日本で何かCABAL IIに関する動きがあるとすれば,2012年以降になるだろうと話す。時間的に見て,韓国でのサービスインに前後する形で,日本での展開が発表されるのかもしれない。

 CABAL IIにはまた“Social Network MMORPG”と名付けられたコンセプトもあるという。CABAL IIでは,従来にも増してプレイヤー同士の協力と連帯が重要な要素であると位置づけられており,具体的には,ソーシャルネットワークサービス(SNS)に似たシステムを考えているようだ。ただ,SNSが現在発展途中であることもあって,CABAL IIの方向性はいくらか流動的になりそうだという。

 最後にKim氏は,CABAL ONLINEは開発よりも,パッチやバグフィックスなど,公開後の開発費のほうが多くなってしまったと話し,CABAL IIではそうならないよう,最初から高い完成度を目指して制作すると続けた。FFシリーズのファンであるらしいKim氏は「CABALシリーズが,オンラインRPG界のFFと呼ばれるくらいに頑張りたい」と抱負を語ってくれた。

 現時点ではスクリーンショットなどのアセットはなく,実際に動いているところも見られなかったのだが,CryENGINE 3を使用した,MMORPGがどのような形で登場するのか楽しみだ。来年の今頃には新情報が出ているかもしれないので,続報を待ちたい。

画像集#007のサムネイル/[G-Star 2010]「CABAL II」の存在をESTsoftのブースで確認。「CABAL ONLINE」の続編は「CryENGINE 3」で開発中。CEOのKim氏にその概要を聞いた

  • 関連タイトル:

    CABAL II

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月25日〜07月26日
タイトル評価ランキング
68
48
魔界戦記ディスガイア6 (Nintendo Switch)
2021年01月〜2021年07月