お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/11/05 12:00

広告企画

【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

画像集 No.002のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 “持ち運べるゲーム機”として,ゲーマー向けノートPCは人気が高い。大きなデスクトップPCに机上のスペースを占有されるのが嫌で,ノートPCを選択する人もいることだろう。今回紹介するMSIのゲーマー向けノートPC「Stealth 15M B12U」も,そういった需要を満たすPCで,15.6インチ級で約17mmという薄さを実現し,重量も約1.8kgと軽いのが見どころの製品だ。

Stealth 15M B12U(型番:Stealth-15M-B12UE-012JP)
メーカー:MSI
税込実勢価格:22万5000円前後(※2022年11月4日現在)
画像集 No.003のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 Stealth 15M B12UはどのようなPCで,実力はどの程度なのか,詳しく紹介したい。

MSIのStealth 15M B12U製品情報ページ



i7-1280P+ノートPC向けRTX 3060を搭載


「CPU-Z」(Version 2.03.0)でStealth 15M B12UのCPUスペックを確認したところ
画像集 No.004のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
 まずは,Stealth 15M B12Uのスペックから見ていこう。
 Stealth 15M B12Uは,CPUにノートPC向け第12世代Coreプロセッサの「Core i7-1280P」(以下,i7-1280P)を採用している。i7-1280Pは,2種類のCPUコアを組み合わせるハイブリッドアーキテクチャを採用しており,高性能なP-coreを6基,電力あたりの処理効率が高いE-coreを8基備えた14コア20スレッドタイプのCPUだ。Turbo Boost Technology適用時の最大動作クロックは4.8GHzと,ゲーム用途でも十分な性能を期待できる。

「GPU-Z」(Version 2.50.0)でStealth 15M B12UのGPUスペックを確認したところ
画像集 No.005のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
 i7-1280Pは,「Iris Xe Graphics」という統合型グラフィックス機能を内蔵しているが,Stealth 15M B12Uでは,単体GPU「GeForce RTX 3060 Laptop GPU」も内蔵しており,ゲーム用途ではこちらを使うことになる。
 GeForce RTX 3060 Laptop GPUは,デスクトップPC向け「GeForce RTX 3060」のノートPC版にあたるGPUで,3840基の演算ユニット「CUDA Core」を備えるほか,デスクトップPC向けと同様に,リアルタイムレイトレーシング処理を担う第2世代「RT Core」と,AI処理アクセラレータである第3世代「Tensor Core」を備えるのが特徴だ。これらによって,ゲームにおけるレイトレーシング処理や,NVIDIA独自の超解像技術「DLSS」を利用できる。
 なお,GeForce RTX 3060側のグラフィックスメモリは容量6GBだ。

 これらのCPUやGPUを冷却するため,MSIは,Stealth 15M B12Uで「Cooler Boost 5」と称する同社独自の冷却機構を採用した。Cooler Boost 5は,CPU,GPUそれぞれとヒートシンクの間を4本のヒートパイプで結び,それらの熱を2基のファンで放熱するというもの。とくに,ファンの厚みを抑えるため,ファンブレードの厚さが約0.2mmと非常に薄い点が特徴だ。

Cooler Boost 5のイメージ図。CPUとGPUという2つの熱源を4本のヒートパイプと2基のファンを組み合わせた冷却機構で冷やす
画像集 No.006のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

CrystalDiskInfo(Version 8.17.8)でStealth 15M B12UのSSDスペックを確認したところ。試用機ではMicro製SSDを搭載していた
画像集 No.007のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
 メインメモリは,DDR4-3200を16GB(8GB×2)搭載する。
 内蔵ストレージは,PCI Express 4.0 x4接続で容量512GBのものを内蔵していた。ゲーム用途を考えると十分とは言えないが,たとえば,出先でゲームをプレイするといった用途向けに,現在ハマっているゲームを1〜2本インストールするのであれば問題はない。
 ストレージの速度は十分に高速で,OSの起動を始め,ゲームの起動やデータのロードなどでストレスを感じることはまったくなかった。

 薄型のノートPCではよくあることだが,Stealth 15M B12Uは,有線LANを省略しており,Wi-Fi 6対応の無線LAN機能でネットワークに接続する。「有線LANがなくても,高速なWi-Fi 6であれば無線LANで十分」ということだろう。
 そのほかに,Bluetooth 5.2も備えているため,スマートフォンやBluetooth対応ヘッドフォンやイヤフォンを利用することも可能だ。

 評価に用いたStealth 15M B12Uの主な仕様を表1にまとめておこう。

表1 Stealth 15M B12U(試用機構成)の主なスペック
CPU Core i7-1280P(14C20T,定格クロック1.8GHz,最大クロック4.8GHz,共有キャッシュ容量24MB)
メインメモリ PC4-25600 DDR4 SDRAM 16GB(8GB×2)
グラフィックス GeForce RTX 3060 Laptop GPU(グラフィックスメモリ容量 6GB)
ストレージ SSD 容量512GB(M.2/PCIe 4.0 x4接続)×1
液晶パネル 15.6インチ液晶,解像度1920×1080ドット,最大リフレッシュレート144Hz,ノングレア(非光沢)
無線LAN Wi-Fi 6(Intel AX201)
Bluetooth 5.2対応
有線LAN 未搭載
外部インタフェース USB 3.2 Gen 2 Type-C(DisplayPort Alternate Mode対応)×1,USB 3.2 Gen 2 Type-C×1,USB 3.2 Gen 1 Type-A×2,HDMI Type-A出力×1,4極3.5mmヘッドセット×1
キーボード 日本語配列88キー
スピーカー 2ch
インカメラ 搭載(約92万画素)
バッテリー容量 52Wh,4600mAh
ACアダプター 最大出力180W
公称本体サイズ 約358(W)×248(D)×17(H)mm
公称本体重量 約1.8kg
OS Windows 11 Home


コンパクトにまとめあげられた使い勝手のいい筐体


 それでは,Stealth 15M B12Uの外観をチェックしていこう。

Stealth 15M B12U
画像集 No.008のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 Stealth 15M B12Uは,黒一色の落ち着いた雰囲気のノートPCだ。天板に設けられたMSIロゴとドラゴンのシンボルマークが光を反射して見る角度によって色が変わるホロ加工により,スタイリッシュな雰囲気を醸し出している。

全体のカラーリングはコアブラックと呼ばれるものので,落ち着いた雰囲気がある。MSIとドラゴンのシンボルは,角度によって反射の色味が変わるホロ加工のような凝ったものだ
画像集 No.009のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 公称本体サイズは約358(W)×248(D)×17(H)mmで,冒頭でも述べたように厚みを抑えている。重量も約1.8kgと軽量で,持ち運ぶときにバッグ内での収まりもいい。

重量は実測で1840gほど
画像集 No.010のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

天面(左)と底面(右)。底面吸気孔のスリットが三角形を形作っており,目に入りにくい部分でもデザインを考えている
画像集 No.011のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.012のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 液晶パネルは15.6型のノングレアタイプで,解像度は1920×1080ドット,最大リフレッシュレートは144Hzである。液晶パネルの駆動方式は公開されていないものの,明暗がクッキリしていた。横からのぞき込んでも色ムラはなく,視野角もかなり広めのようだ。

テストパターンを表示した画面の角度を変えながら撮影。左から正面,左30度,左60度の状態だ。液晶パネルの発色は良好。角度を変えても色ムラは確認できない
画像集 No.013のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.014のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.015のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 なお,液晶パネルのベゼル上辺には,約92万画素のWebカメラとマイクが組み込まれている。

左右のベゼル幅は実測で6mmほどの狭縁デザインを採用している(左)。右写真は,ベゼル上辺に組み込まれたWebカメラとマイクだ
画像集 No.016のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.017のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 キーボードは日本語配列で,テンキーがない88キーのものを搭載する。キーピッチは実測で約18mm,キーストロークは1.7mmほどで,十分な広さのパームレストが用意されていることもあり,打鍵感は上々だ。ただ,[¥]キーや[\]キー,それに右[Ctrl]キーは,配列の都合上,サイズが小さくなっており,そのあたりは慣れが必要と感じた。

日本語配列で88キータイプのキーボード。右上のLEDが点灯しているのが電源ボタンだ
画像集 No.018のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 ゲームでは,[W/A/S/D]キーを押し続けることが多いものだが,これらのキーに触れていても,内部にあるCPUやGPUの熱を指先に感じることはまったくなかった点は評価できる。
 また,付属アプリケーションの「MSI Center」では,[Windows]キーを無効化したり,プレイするゲームごとにタッチパッドの有効/無効を指定する機能もある。

付属の設定アプリケーションであるMSI Center。さまざまな機能が用意されている
画像集 No.019のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

MSI Centerでは[Windows]キーを無効にできる(左)。Gaming Modeから,タッチパッドの有効/無効も設定可能だ(右)
画像集 No.020のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.021のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 さらにMSI Centerには,PCの処理性能とファンの回転速度を調整する「User Scenario」という機能もある。User Scenarioには,「究極のパフォーマンス」「バランス」「サイレント」「Super Battery」という4つのプリセットと,AI処理ベースで自動的に最適化を施す「スマートオート」という設定があり,使用シーンに合わせてこれらを切り替えることで,性能と消費電力(≒ファンの動作音)を調整できる。
 究極のパフォーマンスだけは,ユーザーによる設定内容の変更が可能になっており,初期設定ではGPUクロックが定格よりも100MHz引き上げられているようだ。

User Scenarioでは4つのシナリオからシーンに合わせて変更することが可能だ
画像集 No.022のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 周辺機器の接続に使うインタフェース類は,USB 3.2 Gen 2 Type-Cを2ポート(※1ポートはDisplayPort Alternate Mode対応),USB 3.2 Gen 1 Type-Aも2ポートを備える。そのほかに,HDMI出力も備えているので,2台の外部ディスプレイに映像を出力可能だ。

左側面には,左から順に電源コネクタ,USB 3.2 Gen 1 Type-A,ヘッドセット端子が並んでいる
画像集 No.023のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

右側面には,左から順にUSB 3.2 Gen 2 Type-C×2,USB 3.2 Gen 1 Type-A,HDMI出力がある。2つあるType-Cのうち,映像出力に対応しているのは写真左側のみ
画像集 No.024のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

背面にインタフェースはなく,左右に排気孔があるだけだ
画像集 No.025のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 底面の手前側左右には,スピーカーを1基ずつ備えている。低音が乏しいのは残念だが,非常にクリアな音質という印象を受けた。
 またStealth 15M B12Uは,MSI製ノートPCでは定番のサウンドソフトウェア「Nahimic」をプレインストールしており,ヘッドフォン接続時にバーチャルサラウンドサウンドで出力したり,マイクのエコーを除去したりといった機能を利用可能だ。さらにユニークなところでは,2つのヘッドフォンで同じサウンドを聞く「Sound Sharing」といった機能もある。

底面の左右前端に備えるステレオスピーカー
画像集 No.026のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.027のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

サウンドアプリケーションのNahimicを搭載。MSI製ゲーマー向けノートPCでは定番だ
画像集 No.028のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

マイク入力に関する機能が充実している点も,Nahimicにおける特徴のひとつ
画像集 No.029のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 製品に付属するACアダプタは,実測で75(W)×145(H)×23(D)mmと,本体同様に高さが抑えられている点は好印象だ。重量も実測約502gで,持ち運びにはまったく苦にならない。

付属するACアダプタ(左)。定格出力は180Wで,重量は500g強といったところ
画像集 No.030のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ 画像集 No.031のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ


多くのゲームが快適にプレイ可能

究極のパフォーマンスで3%ほど性能向上


 それでは,Stealth 15M B12Uの性能を検証していこう。
 今回のテストでは,MSI CenterのUser Scenarioで,初期状態のスマートオートと,最大性能を引き出す究極のパフォーマンスでテストを実施した。なお,バランスなどに変更しても,負荷をかけると自動的にシナリオが究極のパフォーマンスに変わってしまったので,バランスやサイレントなどではテストしていない点はご理解いただきたい。

 使用したグラフィックスドライバは,「GeForce 522.25 Driver」で,これはテスト時点で最新バージョンだ。テスト内容は4Gamerのベンチマークレギュレーション25.0に準拠。それに加えて,システム全体の性能も確認しておくために,「PCMark 10」(Version 2.1.2556)も実行した。なお,PCMark 10では,無償版でも利用できるPCMark 10“無印”のテストを実行している。
 テスト解像度は,Stealth 15M B12Uの標準解像度である1920×1080ドットに加えて,1600×900ドットでのテストも実行している。

 それでは,以下のグラフ内では究極のパフォーマンスの究極と略表記することをお断りしたうえで,3DMarkからテスト結果を順に見ていこう。グラフ1は,「Fire Strike」における総合スコアをまとめたものだ。

画像集 No.032のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 スマートオートのスコアを見ると,テスト解像度が3840×2160ドットとなるFire Strike Ultraはさすがに荷が重すぎるのか,4000台まで落ち込んでいる。しかし,Fire Strike“無印”では,1万7000台と良好な結果を残している。究極のパフォーマンスは,約4%ほどスコアを伸ばしており,シナリオ変更による動作クロックの引き上げが,スコア向上につながっているのが確認できた。

 続いてグラフ2は,総合スコアから「Graphics score」を抜き出したものだ。

画像集 No.033のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 総合スコアを踏襲した傾向であるが,CPU性能の影響がなくなるため,Fire Strike“無印”ではスマートオートが2万弱までスコアを伸ばしている。究極のパフォーマンスでは,スマートオートからさらに約4%ほどスコアが向上しており,このあたりも総合スコアと似た傾向だ。

 グラフ3は,ソフトウェアベースの物理演算テスト結果を「CPU score」として抜き出したものだ。

画像集 No.034のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 スマートオートと究極のパフォーマンスでは,CPUが同じであるためスコアは横並びとなるはずだが,結果は後者のほうが3〜9%ほど高くなっている。これは,究極のパフォーマンスでファンの回転数が引き上げられてCPUの冷却にも余裕が生じ,それによって高いクロックで動作する時間が増えたためと理解するのが妥当だろう。つまり,シナリオの変更は,CPU性能にも影響を及ぼすというわけだ。

 グラフ4はGPUとCPU両方の性能が効いてくる「Combined test」の結果をまとめたものだ。

画像集 No.035のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 Combined testの負荷はかなり大きいため,スマートオートではFire Strike“無印”でもスコアは7000台半ば止まり。Fire Strike Ultraにもなると,スコアは2000台まで落ち込んでいる。一方,究極のパフォーマンスは,そこからスコアを4〜7%程度伸ばしている点は評価できよう。

 DirectX 12世代のテストである「Time Spy」の総合スコアをまとめたものが,グラフ5となる。

画像集 No.036のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 Time Spyでは描画負荷が大きくなるため,スマートオートのスコアはTime Spy“無印”でも8000弱といったところ。Time Spy Extremeでは3500程度に留まった。究極のパフォーマンスになると,スマートオートからスコアを4〜5%程度伸ばしている。

 次のグラフ6は,Time SpyのGPUテスト結果を,グラフ7は,CPUテストの結果をそれぞれまとめたものだ。

画像集 No.037のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.038のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 GPUテスト結果は,総合スコアから若干低下しているが,これは総合スコアにはCPU性能がある程度影響するためだ。究極のパフォーマンスとスマートオートの差は約4%前後で,総合スコアを踏襲したものとなっている。

 一方のCPUテストは,横並びとはならずに,究極のパフォーマンスがスマートオートに7〜9%程度の差を付けた。このあたりは,Fire StrikeのCPU scoreと同様に,究極のパフォーマンスではファンの回転数制御が変わったことで,CPU性能が引き上げられたということなのだろう。

 では,実際のゲームだとどうか。グラフ8,9は「Far Cry 6」のテスト結果となる。

画像集 No.039のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.040のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 レギュレーションでは平均60fps以上をひとまずの合格点としているが,Stealth 15M B12Uは,スマートオートでもあと一歩まで迫っている点は立派だ。1600×900ドットになると,ハイエンドGPUの合格点とした平均70fpsにはやや届かなかったものの,レイトレーシングを有効にした設定で,この結果は十分評価できる。究極のパフォーマンスになると,平均フレームレートは1〜4%程度,最小フレームレートは3〜5%程度も上がっており,ゲームの快適性も向上している。

 グラフ10,11は,「バイオハザード ヴィレッジ」の結果だ。

画像集 No.041のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.042のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 レギュレーションでは,ハイエンド環境の合格点を平均80fps以上としているが,Stealth 15M B12Uは,スマートオートの1920×1080ドットでもそれを大きく上回る性能を発揮した。究極のパフォーマンスに変更すると,平均フレームレートを3〜6%程度,1パーセンタイルフレームレートを5%弱伸ばしている。

 「Call of Duty: Warzone」の結果がグラフ12,13になる。

画像集 No.043のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.044のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 ここでもStealth 15M B12Uの性能は良好で,スマートオートの1920×1080ドットでも常時80fps以上と,高成績を残している。レギュレーションでは,ハイエンド環境での合格点を平均120fps以上としているが,スマートオートでは1920×1080ドットでそれを満たしている。究極のパフォーマンスでは,平均フレームレートが2〜3%向上している一方で,1パーセンタイルフレームレートはほとんど変わっておらず,実フレームレートでは1fpsも向上していない。そのため,シナリオの変更でゲームの快適性は,あまり体感できないだろう。

 続いて「Fortnite」の結果がグラフ14,15だ。

画像集 No.045のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.046のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 レギュレーションでは,平均70fps以上を合格点としているが,Stealth 15M B12Uはスマートオートでは1920×1080ドットでそれに若干届いていないものの,1600×900ドットでそれを満たしている。究極のパフォーマンスになると,1600×900ドットでは平均フレームレートと最小フレームレートともに3%ほど伸ばしている。ただ,1920×1080ドットではフレームレートはあまり変わっていない。

 グラフ16,17は「Borderlands 3」の結果となる。

画像集 No.047のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.048のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 Borderlands 3のレギュレーションにおける合格点は平均60fpsとしているが,Stealth 15M B12Uはスマートオートの1920×1080ドットでそれを満たしている点は評価できよう。1600×900ドットになると,さらに平均フレームレートが80fps弱にまで上昇しており,かなり快適にプレイできそうだ。究極のパフォーマンスでは,平均フレームレートが3〜5%程度,1パーセンタイルフレームレートも3〜5%程度向上しており,より快適にプレイできよう。

 グラフ18は「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク」(以下,FFXIV暁月のフィナーレ ベンチ)の総合スコアをまとめたものだ。

画像集 No.049のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 スクウェア・エニックスが示す指標では,スコア1万5000以上が最高評価となっているが,Stealth 15M B12Uはスマートオートの1920×1080ドットでもそれを満たしており,かなり快適にゲーム本編をプレイできそうだ。究極のパフォーマンスでは,そこからさらに2%強スコアを伸ばしており,GPUのクロック上昇がしっかり結果に表れている。

 そんなFFXIV暁月のフィナーレ ベンチにおける平均フレームレートと最小フレームレートをまとめたものがグラフ19,20だ。

画像集 No.050のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.051のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 平均フレームレートは,総合スコアを踏襲したものとなっているが,スマートオートの1920×1080ドットでも120fps近い性能を発揮している点は立派だ。一方の最小フレームレートは,CPU性能が色濃く表れるため,スマートオートでも常時60fps以上と,良好な結果を残している。究極のパフォーマンスでは,そこから約3%上昇しているものの,実フレームレートでは2fpsしか上がっておらず,差を体感できるかどうかは難しい。

 グラフ21,22は「Project CARS 3」の結果だ。

画像集 No.052のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.053のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 レギュレーションでは,最小フレームレートが30fps以上を合格点としているが,スマートオートは1920×1080ドットでそれに若干届かなかった。1600×900ドットでは上回っているので,プレイに支障はなさそうだ。一方,究極のパフォーマンスにすると,平均フレームレートが4〜5%程度上昇しているが,最小フレームレートはスマートオートと変わらなかった。

 さらにゲーム以外の性能として,PCMark 10の結果(グラフ23)を見ていこう。

画像集 No.054のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 Stealth 15M B12Uの総合スコアは,スマートオートで7000弱とまずまずといったところだが,スコアの詳細を見ると,Webブラウジングやアプリケーションの起動を見るEssentialsが1万を超える最も高いスコアを記録した。ビジネスアプリケーションの性能を知るProductivityや,コンテンツ制作アプリケーションの性能を見るDigital Content Creationも9000程度のスコアを出しており,ゲーム以外にもさまざまな用途で活躍できることは間違いない。
 ちなみに,究極のパフォーマンスにすると,総合スコアは約1%しか上がっていないが,Productivityが約7%と大きくスコアを伸ばしている点は興味深い。


消費電力はおおむね130〜140W程度

Cooler Boost 5の冷却性能は申し分なし


画像集 No.055のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
 さて,Stealth 15M B12Uの消費電力はどの程度なのだろうか。そこで,ログの取得が可能なワットチェッカー「Watts up? PRO」を用いて,システム全体の最大消費電力を計測することにした。
 テストにあたっては,Windowsの電源プランを「バランス」に設定。さらに,ゲーム用途を想定して無操作時にもディスプレイ出力が無効化されないよう指定したうえで,各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点をタイトルごとの実行時,OSの起動後30分放置した時点を「アイドル時」としている。なお,Stealth 15M B12Uはフルに充電した状態にし,充電で電力が消費されないようにしている。
 その結果がグラフ24だ。

画像集 No.056のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 スマートオートでの各アプリケーション実行時の消費電力は,おおむね130〜140Wといったところ。コンパクトなノートPCだけあって,消費電力も抑えられている。究極のパフォーマンスは,そこから3〜15Wほど消費電力が上昇しているものの,それでも150W台に留まっており,極端には増大していない点は好印象だ。

 最後に,「CoreTemp」(Version 1.17.1)でCPU温度を,GPU-Zを用いてGPU温度をそれぞれ取得したものがグラフ25,26となる。

画像集 No.057のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ
画像集 No.058のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

 まずCPU温度だが,Stealth 15M B12Uは,スマートオートで高負荷時に89℃と高めだが,これは,アイドル時の温度が45℃と高めなのを見ても,ファンの回転数制御が静音寄りになっているためだと思われる。究極のパフォーマンスでは,高負荷時の温度が90℃に達してしまっているが,むしろスマートオートからの上昇幅が1℃で済んでいる点は評価できよう。

 続いてGPU温度は,こちらも高負荷時は67℃と,CPUとほぼ同じだ。Cooler Boost 5は,CPUとGPUの冷却機構がヒートパイプでつながっているため,温度が揃うのだろう。究極のパフォーマンスでも,CPUと同様に1℃しか上がっていない。

 最後に,筆者の主観であることを断ったうえで,Stealth 15M B12Uの動作音につれて触れると,高負荷時にはさすがにある程度の動作音が聞こえるものの,ヘッドセットを装着すれば聞こえないレベル。少なくともゲーマー向けPCにありがちな,ウルサイと感じるほどではなかった。


Stealth 15M B12Uは,さまざまな用途で活躍できる1台だ


 以上のテスト結果から明らかなように,Stealth 15M B12Uのゲームにおける性能は十分高い。パネル解像度の1920×1080ドットでも,多くのゲームが快適にプレイ可能だ。究極のパフォーマンスにシナリオを変更すると,さらにゲームパフォーマンスが向上する点も見逃せない。シーンに分けた使い方で,快適なゲーム体験が得られるのではないだろうか。

 さらに,PCMark 10の結果からも明らかなように,ゲーム以外の用途でもStealth 15M B12Uは高性能が期待できる。さまざまな用途で活躍できるノートPCであることは間違いない。
 Stealth 15M B12Uの価格は,税込の実勢価格で22万5000円前後と,スペックから考えればリーズナブルだ。持ち運べて快適にゲームをプレイできるノートPCを探しているのであれば,Stealth 15M B12Uは,お勧めできる1台であると言っていい。

画像集 No.059のサムネイル画像 / 【PR】約1.8kgのMSI製軽量ゲームノートPC「Stealth 15M B12U」をチェック。持ち運べる軽さにゲームが快適な性能をまとめた1台だ

MSIのStealth 15M B12U製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月26日〜01月27日
タイトル評価ランキング
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
62
51
2022年07月〜2023年01月