オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「GeForce GTX 960M」搭載のMSI製ゲーマー向けノートPC「GE62 2QD Apache」レビュー。GPUに見るべきものはないが,PC自体はまずまず
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/03/12 20:00

レビュー

「GeForce GTX 960M」搭載のゲーマー向けノートPCを動かしてみた

MSI GE62 2QD Apache

Text by 宮崎真一


 日本時間2015年3月12日20:00,NVIDIAはノートPC向けGPU新製品「GeForce GTX 960M」(以下,GTX 960M)の情報を明らかにした。公式な発表はないので,いわゆるサイレントローンチということになる。

GE62 2QD Apache(型番:GE62 2QD-023JP)
メーカー:MSI
問い合わせ先:MSIサポートページ
予想実売価格:19万円前後(※2015年3月12日現在)
G Series
 GeForce 900Mシリーズでは,「GeForce GTX 980M」(以下,GTX 980M)が,デスクトップPC向けGPU「GeFoce GTX 980」比で70〜80%程度の性能を発揮していた(関連記事)。「ノートPC向けGPUは,デスクトップPC向けGPUと似たような型番であっても,その3D性能は圧倒的に低い。下手すると半分以下」という“常識”を覆し,デスクトップPCに迫る性能を発揮したことが記憶に新しいわけだが,では,今回のGTX 960Mはどうなのだろうか。

 4Gamerでは,GTX 960M搭載のMSI製ゲーマー向けノートPC「GE62 2QD Apache」(型番:GE62 2QD-023JP)を,MSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパンから入手できたので,その実力に迫ってみたい。


GTX 960MはGM107ベースの公算大

Maxwell版GTX 860Mのリネームか?


GTX 960M GPU。ダイ上の刻印は「N16P-GX-A2」だった。ちなみに,デジタルノギスを使って計測したダイサイズは12.13×12.81mmで,GM107コアの公称サイズである148mm2に近い。デジタルノギスによる計測結果は値が大きく出やすいことを踏まえるに,「同じ」と言っていいのではなかろうか
G Series
 まず,GTX 960Mとは何か,というところから確認してみたいと思うが,結論からいうと,そのモデルナンバーから大いに期待されるようなスペックを持つGPUではなかった。「サイレントローンチのときはたいていリネーム(もしくはリブランド)」の法則(?)に基づき,第1世代Maxwell版「GeForce GTX 860M」(以下,GTX 860M)と,極めてよく似た仕様のGPUになっている。

 GTX 860MというGPUには,CUDA Core数が1152基のKepler版と,640基の第1世代Maxwell版があるのだが,GTX 960MのCUDA Core数も後者と同じ640基。さらに言うと本GPUでは,32基のCUDA Coreが,スケジューラやロード/ストアユニット,超越関数ユニットとセットになってパーティションを構成する点,そして,そのパーティションが4基集まって演算ユニットたる「Maxwell Streaming Multiprocessor」(以下,SMM)となり,さらに,そのSMMが5基で1基の「Graphics Processing Clusters」を成す点も同じだ。

 付け加えるなら,GTX 960Mの動作クロックも,GTX 860Mとほとんど同じだ。GTX 860Mのブーストクロックは公開されていないが,基本的に同じ仕様という理解でいいのではなかろうか。
 表1は,GTX 960Mと第1世代Maxwell版GTX 860M,そしてGTX 960と,GM107コアを採用する「GeForce GTX 750」(以下,GTX 750)の主なスペックを並べたものだが,GTX 960Mが,「GM206」コア採用のGTX 960に対していい勝負ができるかというと,テスト前に何だが,かなり厳しそうだ。

※GTX 860Mのスペックは第1世代Maxwell版。Kepler版は省略した。GTX 960MのスペックはMSIの資料とNVIDIAコントロールパネルの「システム情報」による。また,確度にかかわらず,100%の確証が得られないところには「?」を付記した


目を引くポイントとやや残念なポイントが

同居するGE62 2QD Apache


G Series
 引き続いて,GE62 2QD ApacheというノートPCの特徴を確認してみたい。
 GE62 2QD Apacheは,MSIのゲーマー向け製品ブランド「G Series」に属する新製品として登場した,15.6インチ,解像度1920×1080ドットの液晶パネルを搭載するノートPCだ。国内ラインナップには,別途,4K(3840×2160ドット)解像度の液晶パネル搭載する上位モデル「GE62 2QF Apache Pro 4K」(型番:GE62 2QF 4K-068JP)も用意されている。

 液晶パネルの駆動方式は公開されていないが,かなり斜めから見ても大幅な偽色などは発生しないので,おそらくIPSパネルではないかと思われる。斜めからだと色ムラがやや目立つので,それほど高品位なパネルではなさそうだが,正対する限り,違和感はない。ノングレア(非光沢)で映り込みの心配がないことも手伝って,ゲームをプレイしていて見栄えが気になる心配はまずもって無用ではなかろうか。

暗所で4Gamerロゴ入り壁紙を表示させ,液晶パネルの正面および斜めから撮影したところ。斜めからでも十分な視認性を確保できているが,色ムラもやや目立つ
G Series G Series

G Series
 本体サイズは約383(W)×260(D)×27(H)mmで,重量は約2.4kg。天板部はヘアライン加工されたつや消し仕上げになっており,なかなか落ち着いているのだが,それだけに,MSIロゴの下に置かれ,LEDバックライトによって一部が白く光るG Seriesブランドロゴの存在が目立つ印象だ。

キーボードは10キー付きの日本語フル配列。SteelSeries製キーボードの常として,[Windows]キーは右[Ctrl]キーの左に移動している
G Series
 キーボードは,G SeriesのノートPCでお馴染みのSteelSeries製。キーボードカバー(とMSIが呼んでいる,キーボードと筐体の緩衝材的なパーツ)は筐体と一体化しており,これによって剛性を確保できているというのがMSIのウリ文句なのだが,確かに,打鍵感はしっかりしており,この点は歓迎できる。
 ただし,この「キーボードカバーが筐体と一体化している」ことは,必ずしも好ましい結果を生んでいるわけではない。GTX 980M搭載の上位モデル「GT72 2QE Dominator Pro」がそうだったように,英語キー配列が前提の筐体設計で,無理矢理日本語配列を実現しているためか,一部の配列がおかしなことになっているのだ。

 SteelSeries製キーボードモジュールは基本的にアイソレートタイプなのだが,[無変換][Space][半角]キー,[]][Enter]キー,[¥][Back Space]キーはそれぞれ半分一体化したような感じになってしまっており,とくに[Back Space]キーが“誤爆”しやすかった。この点は要改善のポイントとして指摘しておきたい。

キーボード部の剛性を確保して打鍵しやすくした結果ではあるため,一定の理解はできるのだが,それでも一部の苦しい配列はやはり使いづらい
G Series G Series

 なお,キーボード全体を3ブロックに分けて,プリインストールのSteelSeries製統合ソフトウェア「SteelSeries Engine 3」から,発光色をカスタマイズできるのはこれまでどおり。同ソフトウェアを使えば,全キーに対して,ソフトウェアキーマクロを含むカスタマイズを行える点も従来どおりだ。
 なお,キー自体はNキーロールオーバーでなく,同時押し対応も片手で足りる程度だった。

キーボードのLEDバックライトに寄ったところ。左がデフォルトの赤緑青で,右はSteelSeries Engine 3を使ってグラデーションっぽくしてみたところ
G Series G Series

 スピーカーがDynaudio International製のものというのも従来のG SeriesノートPCと変わらないが,サウンド設定用ソフトウェアは,G Seriesで定番のCreative Technology製から,A-Voluteの「Nahimic」に変わっていた。
 その理由をMSIは明言していないのだが,ゲーム中にホットキーでサウンド設定を変更できたり,GE62 2QD Apacheに6か月分の有償ライセンスが付属しているゲーム配信ソフト「XSplit Gamecaster」と連携し,「XSplit Gamecaster用サウンド入出力設定」を自動的に適用できたりするので,Nahamicのほうがより有用という判断なのかもしれない。

シンプルなユーザーインタフェースが提供されるNahamic。XSplit Gamecaster用の「HD Audio Recorder」など,ユニークな機能をいくつか持っている
G Series G Series

SHIFT機能は,プリインストールのMSI製ユーティリティ「Dragon Gaming Center」からも切り替えられる
G Series
 GT72 2QE Dominator Proと同じ,という点ではもう1つ,ノートPCの性能を制御できる「SHIFT」機能を搭載する点も挙げておきたい。
 これは,[Fn]+[F7]キーで,GPUとCPUを温度などの制約なしに動作できる「Sport」と,GPU温度を89℃以下に保ちつつ高い性能を狙う「Comfort」,GPUとCPUの温度を85℃以下に保ち,さらにCPUの自動クロックアップ機能「Intel Turbo Boost Technology」も無効にする「Green」の3モードを,順繰りに切り替えられる機能。これもホットキーで一発変更できるわけである。

 なお,GE62 2QD Apacheの外部接続インタフェースは,すべてが本体の両側面に用意されている。左が1000BASE-T LAN,HDMI(1.4a,Type A),Mini DisplayPort各1系統と,USB 3.0×3,3.5mmミニピン×2(マイク入力およびヘッドフォン出力)で,右がDVDスーパーマルチドライブとUSB 2.0,カードリーダー,ACアダプター接続端子が各1だ。1000BASE-T LANは,Killer Networking製LANコントローラ「Killer E2200」によるものとなっている(※別途実現されるIEEE 802.11ac準拠の無線LAN機能はIntel製コントローラによる)。

主要な接続インタフェースは左右側面に散っている。左側面はちょっとごちゃついた印象だ。右は,ワイヤードマウス接続が想定されていると思われるが,USB 2.0が1ポートあるのはグッド
G Series G Series
G Series G Series


底面を開けただけで保証外というのが残念

シングルチャネルメモリアクセスはもっと残念


本体底面。ネジ穴の1つが封止されており,開けようとすると,その時点でメーカー保証は失われてしまう
G Series
 MSI製ノートPCは,パーツを変更しようと底の蓋を開けた時点でメーカー保証が無効になる。この点は,G Seriesという製品シリーズの魅力を損なう部分だと言えるが,残念なことにGE62 2QD Apacheでも,この仕様は“健在”だ。
 しかも,さらに残念なのは,GE62 2QD Apacheの基本構成だと,メインメモリが容量8GBモジュール1枚のシングルチャネルアクセスになっていることだ。G Seriesを扱っているPCショップの多くは,購入時のカスタマイズに対応しているので,購入するにあたっては忘れずアップグレードしておきたいところである。というかエムエスアイコンピュータージャパンには,こういう,メモリ性能が重要になるゲーマー向けノートPCとして解せない初期仕様の改善を求めたい。

底蓋(とスリム光学ドライブ)を外したところ
G Series
 ともあれ,今回はレビューということで,特別に底蓋を外してみよう。その結果が下の写真で,底蓋とDVDマルチドライブユニットを取り外すと,GE62 2QD Apacheは内部構造へアクセスできるようになる。ヒートパイプは計4本で,うち3本がGPU関連の熱処理用となっている。1本が,CPUから伸びるヒートパイプと,2基用意されるブロワーファンの片方を共有する仕様だ。

本体底面全景(左)と,冷却機構を取り外したところ(右)。冷却機構は,ヒートシンクとヒートパイプ,ブロワーファンが一体化している
G Series G Series

G Series
 ストレージは,標準だと,M.2接続でSerial ATA 6Gbps仕様,容量128GBのSSDが1基と,回転数7200rpmでSerial ATA 6Gbps仕様,容量1TBの2.5インチHDDという構成。M.2スロットは空きが2つあるので,最大では3枚のM.2モジュールによるRAID 0構成も可能だ。

 そのほか,GE62 2QD Apacheの主なスペックは表2のとおり。「GeForce 345.05 Driver」は,GE62 2QD Apacheにプリインストールされていたグラフィックスドライバである。



デスクトップ向けGTX 960やGTX 750と比較

ドライバとメモリ周りを統一していないことに注意


 テスト環境の構築に入ろう。
 今回,テスト対象としてはまず,デスクトップPC向けの「GeForce GTX 960」(以下,GTX 960)を用意した。GTX 960Mが,GTX 960に対してどの程度の性能を発揮するかを見るためである。
 また,同じ(?)GM107コア採用のGPUから,GTX 750も用意し,こちらとも比較してみたい。

 なお,今回用意したGTX 960搭載カード「GV-N960WF2OC-2GD」およびGTX 750搭載カード「GV-N75OC-1GI」は,いずれもGIGA-BYTE TECHNOLOGYによってメーカーレベルでのクロック引き上げがなされていたため,テストにあたっては,MSIのオーバークロックツール「Afterburner」(Version 4.1.0)を用い,リファレンス相当にまで動作クロックを引き下げている。

 GE62 2QD Apacheのテストで利用したグラフィックスドライバは前段で紹介したとおりのGeForce 345.05 Driverだが,このバージョンはNVIDIAから公開されていないため,デスクトップPC環境ではテスト時の最新版となる比較用の「GeForce 347.52 Driver」を用いているので,この点はご注意を。
 また,前述のとおり,GE62 2QD Apacheの標準構成だとメモリはシングルチャネルアクセスなのだが,「ゲーマー向けデスクトップPCでシングルチャネル構成」というのはあまりにも非現実的であることから,今回は容量4GBモジュール2枚で,容量だけGE62 2QD Apacheと揃えてある。こちらもあらかじめお断りしておきたい。
 そのほかテスト対象となるデスクトップPCのスペックは表3のとおりだ。


 テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション16.0準拠。テスト解像度は,GE62 2QD Apacheのネイティブ解像度である1920×1080ドットと,アスペクト比16:9でその一段下となる1600×900ドットを選択した。
 テストに用いたSHIFTの動作モードは,最も高い性能を期待できるSportだ。


GTX 960Mの実力はGTX 960の6割程度か

i7-4770T+GTX 750といい勝負


 以下,比較対象のデスクトップPCは,CPU名とGPU名を組み合わせた「i7-4770T+GTX 750」「i7-4770T+GTX 960」で表記することを宣言しつつ,テスト結果を順に見ていこう。
 グラフ1は「3DMark」(Version 1.4.828)の総合スコアをまとめたものだ。GE62 2QD Apacheのスコアは,i7-4770T+GTX 960の57〜60%程度。CPUと,何よりメモリアクセス仕様が異なっているので,仮にそのあたりが同条件であればもう少しスコアは縮まるかもしれないが,ざっくりと「GTX 960Mのポテンシャルは,GTX 960の6割程度」とは言えるのではなかろうか。予想されていたことではあるが,GTX 980に対するGTX 980Mのような,性能面での感動はない。

 ただ,対i7-4770T+GTX 750だと,Fire Strikeで約10%,Fire Strike Extremeで約56%高いスコアを示しているのも押さえておきたい。デスクトップPCにおけるエントリーミドルクラスGPU程度の3D性能ポテンシャルはあるわけだ。


 グラフ2,3は「Battlefield 4」(以下,BF4)の結果だが,GE62 2QD Apacheのスコアはi7-4770T+GTX 960の55〜58%程度なので,3DMarkと同等の結果だといえるだろう。一方,i7-4770T+GTX 750に対しては106〜109%程度なので,3DMarkでいうと,よりメモリ負荷の高いFire Strike(Extreme)のスコアに近い結果が出ている印象だ。


 続いてグラフ4,5は,「Crysis 3」のスコアをまとめたものである。
 ここで注目したいのは,「高負荷設定」の1920×1080ドットで,GE62 2QD Apacheは,i7-4770T+GTX 960の約47%にスコアが落ち込み,i7-4770T+GTX 750の逆転も許してしまっている。GTX 960MとGTX 750では,GPUの規模で前者が勝り,動作クロックやグラフィックスメモリ周りの仕様もほとんど変わらないことからすると,ここでGE62 2QD Apacheがi7-4770T+GTX 750よりスコアが低い理由は,おそらくメインメモリの帯域幅が低いからということになりそうだ。


 「BioShock Infinite」の結果となるグラフでも,シングルチャネルメモリアクセスの影響は見て取れる。全体のスコア傾向は3DMarkのFire StrikeやBF4と同じなのだが,i7-4770T+GTX 750には肉薄されているからだ。


 「Dragon Age: Inquisition」(以下, Inquisition)のテスト結果がグラフ8,9だ。ここでGE62 2QD Apacheのスコアは,i7-4770T+GTX 960の50〜54%程度。i7-4770T+GTX 750に対しては103〜108%程度というスコアを示した。Inquisitionが採用しているゲームエンジンが,BF4のそれの改良版ということもあり,スコア傾向もよく似た印象である。


 「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」の公式ベンチマークテスト(以下,新生FFXIVベンチ キャラ編)におけるテスト結果がグラフ10,11で,ここでもGE62 2QD Apacheは,メインメモリ周りが制約と思われるスコアの頭打ちが生じ,i7-4770T+GTX 750に対して91〜97%程度というところに留まった。ただ,対i7-4770T+GTX 960だと56〜62%なので,おおむね妥当なラインにあるともいえる。
 「最高品質」の解像度1600×900ドットで,スクウェア・エニックスが示す指標の最高ランクである「非常に快適」のスコア7000を上回り,1920×1020ドットでも上から2番の指標「かなり快適」に収まっているので,エントリーミドルクラスとしては合格点が与えられるのではないだろうか。

グラフ画像をクリックすると,平均フレームレートベースのグラフを表示します
G Series
G Series

 グラフ12,13は「GRID Autosports」の結果だ。ここでのテスト傾向も,ほかのタイトルとおおむね同じような感じになっている。GE62 2QD Apacheのスコアはi7-4770T+GTX 960とほぼ互角で,対i7-4770T+GTX 960の55〜61%程度だ。



ノートPCらしく消費電力は低め

i7-4770T+GTX 750から5〜22W低いスコア


分解時に取り外して撮影したバッテリーパック。10.86V 51Whというスペックだった
G Series
 GTX 960Mは第1世代Maxwellアーキテクチャを採用しているため,それを採用するGE62 2QD Apacheの消費電力にも期待が持てる。ログの取得が可能な「Watts up? PRO」を用いてシステム全体の消費電力を比較し,確かめてみよう。
 テストにあたっては,OSの起動後30分放置した時点を「アイドル時」,各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点を,タイトルごとの実行時とした。なお,GE62 2QD Apacheではバッテリーパックを(簡単には)取り外せないため,取り付けたままテストしている。

 さて,その結果はグラフ14のとおり。GE62 2QD Apacheで,アイドル時の消費電力がダントツに低いのは,相手がデスクトップPCなので,当たり前といったところだが,各アプリケーション実行時に,液晶パネルという大きなハンデを抱えながら,i7-4770T+GTX 750より5〜22W低いスコアにまとまっているのは立派だ。


 テスト開始時点の最新版GPU-Zだと残念ながらGPU温度を取得できなかったため,今回はCPU温度だけの計測になるが,3DMarkの30分間連続実行時点を「高負荷時」として,アイドル時ともども,「HWMonitor Pro」(Version 1.22)で取得した結果がグラフ15だ。

電源ボタンの2つ隣にあるボタンが,冷却ファンを100%の回転数で動作させたり元に戻したりするスイッチとして機能する
G Series
 テスト時の室温は24℃。比較対象のデスクトップPCはPCケースに組み込んでいないことと,スコアが4コアの平均値となることは注意してほしいが,GE62 2QD ApacheのCPU温度は,少なくとも高負荷時だとやや高めだ。ただ,その分静音性は高い。SHIFT機能でSportを選んだ場合でも,静かに運用できるので,この点はトレードオフといったところだろうか。
 なお,GE62 2QD Apacheには,冷却ファンの回転数を一時的に100%とする機能が用意されているので,必要な場合はそちらも併用するといいかもしれない。



GTX 960M自体に見るべきものはないが,

GE62 2QD Apacheの完成度はまずまずか


 以上のテストから,GTX 960Mは,GTX 960比での性能は6割(もしくは6割弱)といったことが分かった。GTX 750との力関係からしても,GTX 860Mとの間に大きな性能差はないものと考えられる。GTX 960Mという,さも期待できそうなGPU名が“無駄遣い”されたのはとても残念だ。
 ちなみにNVIDIAは,GTX 960Mと同時に,「GeForce GTX 950M」「GeForce 940M」という製品もサイレントローンチしている。原稿執筆時点で両GPUの詳細なスペックは明らかになっていないのだが,サイレントローンチである以上,画期的な新製品ということは考えづらい。「NVIDIA,2015年春のリネーム祭り」ということになりそうな気配で,そろそろシールを集めるとロゴ入りのお皿がもらえるキャンペーンでもやった方がいいのではと思う。

G Series
 さて,そんなGTX 960Mを搭載したGE62 2QD Apacheだが,GPUのスペックに見るべきものはないながらも,“デスクトップPC換算”でエントリーミドルクラス程度の性能が,悪くない外観と,まずまず合格点を与えられる機能や仕様で提供されるので,その点は歓迎できそうだ。
 弱点は,ブランドさえ気にしなければ「GeForce GTX 970M」搭載ノートPCが購入できてしまう19万円という価格と,ちょっとしたカスタマイズでも,エンドユーザーが自分でやろうと思ったらメーカー保証が失われること,この2点だろう。後者は,せめてデュアルチャネルメモリアクセスを採用するなど,不満の少ない基本仕様を採用してくれれば,多少なりともいい方向にも向かうはずなのだが。

エムエスアイコンピュータージャパンのG SeriesノートPC情報ページ

  • 関連タイトル:

    G Series

  • 関連タイトル:

    GeForce 900M

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日