オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NVIDIA,第2世代MaxwellベースのノートPC向けGPU「GeForce GTX 980M」「GeForce GTX 970M」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/10/07 22:00

ニュース

NVIDIA,第2世代MaxwellベースのノートPC向けGPU「GeForce GTX 980M」「GeForce GTX 970M」を発表

 日本時間2014年10月7日22:00,NVIDIAはノートPC向けの新型GPU「GeForce GTX 980M」(以下,GTX 980M)および「GeFroce GTX 970M」(以下,GTX 970M)を発表した。両製品は,すでに搭載製品の販売が始まっているデスクトップ向けのGeForce GTX 900シリーズと同じ第2世代Maxwellアーキテクチャを採用しており,TSMCの28nmプロセス技術を用いて製造されるプロセッサとなる。

GTX 980MとGTX 970M。いずれも第2世代Maxwellアーキテクチャに基づくGPUとなる
GeForce 900M GeForce 900M


「同じモデルナンバーでもノートPC向けはデスクトップPC向けより性能が数段下」という評価に挑むGTX 980M


 GeForce GTX 900MシリーズでNVIDIAが目指したのは「ノートPC向けのGPUは,同じモデルナンバーでも,デスクトップPC比ではるかに低い性能しか期待できない」という評価への挑戦だ。

ノートPCを使うゲーマーが持つ一番の要望は,今も昔も「デスクトップPCクラスの性能が欲しい」というもの
GeForce 900M

Brian Choi氏(Senior Product Manager, NVIDIA)
 国内の報道関係者向け事前説明会で登壇したNVIDIAのBrian Choi(ブライアン・チョイ)氏は,Fermi世代において,デスクトップPC向けGPU「GeForce GTX 480」の派生品であるノートPC向けGPU「GeForce GTX 480M」が,GeForce GTX 480比でわずか約40%の性能しか出せなかったことを挙げ,「これでは『デスクトップPC並みの性能が出る』とはいえない」と振り返った。氏によれば,Keplerアーキテクチャを採用したノートPC向けGPU「GeForce GTX 680M」も,派生元であるデスクトップPC向けGPU「GeForce GTX 680」比で約60%の性能に留まっていたとのことだ。

 それに対してGTX 980Mでは,GTX 980比で約80%の性能が得られるという(※Choi氏は約80%としていたが,NVIDIAが報道関係者へ公開している別の資料だと,75%としているものもあった)。それでも2割遅いのは間違いないが,少なくとも「数段下のレベル」からは脱しているのも確かだろう。ちなみにChoi氏は,GTX 970Mで,GTX 980M比75%の性能が得られるとも述べていた。

ここ3世代のノートPC向けGPUにおける,デスクトップPC向けGPUとの相対性能。GTX 980MではGTX 980比で約75%のところまで来た
GeForce 900M

GTX 980Mは,GTX 680M比でざっくり2倍の性能を持つとさされる
GeForce 900M
 そんなGTX 980MとGTX 970Mの主なスペックはのとおりで,基本的には,GTX 980およびGTX 970の「GM204」コアをベースとして,演算ユニットたる「Maxwell Streaming Multiprocessor」(以下,SMM)を削減し,さらに動作クロックも削減したモデル,ということになるだろう。
 SMMの数でいうと,GTX 980MはGTX 980より4基少なく,GTX 970Mはそれよりもさらに2基少ない。


フルスペック版GM204のブロック図
GeForce 900M
 第2世代Maxwellアーキテクチャでは,4基のSMMがラスタライザとセットになって“ミニGPU”たる「Graphics Processor Cluster」を採用する仕様となっている。そしてNVIDIAによれば,GTX 980MとGTX 970Mが採用するGPCの数が3基とのことだ。つまり,GM204のフルスペックと比較した場合,GTX 980MではGPCが1基まるまる無効化されており,GTX 970Mでは3基あるGPCの1基でSMMの数が2基になっているか,3基あるGPCの2基でSMMの数が3基になっているということである。

※2014年10月10日追記
 初出時,「GTX 980MとGTX 970MでGPCが何基構成になっているのかは分からない。4基という可能性もある」としていましたが,NVIDIAに問い合わせたところ,3基という回答が得られたため,本文と表をアップデートしました。

 なお,ノートPCにおいては,ベースクロック,ブーストクロックも,最終的にはノートPCメーカーが筐体設計との兼ね合いで設定することになるため,NVIDIAは参考値としてのベースクロックしか公開していないが,前述のとおり,この値はデスクトップPC向けのGeForce GTX 900シリーズと比べると低めである。

 一方,メモリ周りのスペックだと,GTX 980MはGTX 980を踏襲し,クロックのみが引き下げられた格好になっているが,GTX 970Mでは32bit幅のメモリコントローラが2基削減され,メモリインタフェースが192bitに狭まっているのがトピックとなるだろう。GTX 970Mでは,このスペック変更によってROP数もGTX 980Mの64基から48基へと減り,全体的に75%の規模となっている。

 なお,第2世代Maxwellアーキテクチャ採用のGeForce GTXということで,「Dynamic Super Resolution」(以下,DSR)や「Multi-Frame Sampling Anti-Aliasing」,「Voxel Global Illumination」(VXGI)といった新要素はGeForce GTX 900Mシリーズでもサポートする。DSRとMFAAのサポートは,発表時点では行われないが,近い将来のドライバリリースで追加対応になるとのことだった。

タイトルごとのBattery Boost設定は「GeForce Experience」から利用可能。ワンクリックでNVIDIAのテストに基づく最適化設定を読み出す[Optimize]ボタンも備える
GeForce 900M
 Kepler世代のGPU用として開発された「ShadowPlay」と「Battery Boost」は,もちろん今回のGeForce GTX 900Mシリーズも対応。ただし,バッテリー駆動時にプレイアブルなフレームレートを確保しつつ,そこにキャップを設けることでGPUリソースの浪費を防ぎ,消費電力の低減を図る機能であるBattery Boostでは,いくつかの改善が入っている。
 そこにはバッテリー消費量を抑えるための最適化なども含まれるが,とくに重要な改善は,ゲームごとに異なるターゲットフレームレートを選択できるようになったことだろう。「どれくらいのフレームレートが出ていれば我慢できるか」はゲームタイトルによって異なるので,一括指定ではなく,ゲームごとに行えるようになったのは重要な進化だといえる。

Battery Boostでは,第2世代Maxwellの実力を活かしてバッテリー駆動時にプレイアブルなタイトルを増やしたうえで,駆動時間の引き延ばしを図ったという
GeForce 900M GeForce 900M

 なお,Battery Boostの効果は,NVIDIAのパートナーとなるノートPCベンダーごと,筐体設計ごとに変わるとのこと。このあたりはGPUの自動クロックアップ機能「GPU Boost 2.0」と同じだ。
 Choi氏が「Batery BoostはGTX 800Mで導入したが,残念ながらほとんど効果はなかった。GTX 980Mではもう少しハッピーな状況になっているはずだ」と述べていた点は付記しておきたい。

NVIDIAの社内ツールを使ったデモ。GTX 980M搭載のMSI製ノートPC「GT72 2PE Dominator Pro」で「TOMB RAIDER」のベンチマークモードを実行したとき,通常設定時は平均フレームレート77.2fps,最低フレームレート60fpsで,消費電力は90Wほどになるのが,Battery Boostでターゲットを30fpsとすると,消費電力は40〜60Wにまで下がった(※テレビに映っているグラフは途中までがBattery Boost無効時,右から半分弱くらいがBattery Boostの30fpsターゲット時で,縦軸は消費電力となる)
GeForce 900M

ASUS「G751」。GTX 980Mを搭載する
GeForce 900M
 NVIDIAによれば,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)とClevo,GIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE),MSIがGeForce GTX 900Mシリーズ搭載ノートPCを市場投入するとのこと。ASUSとMSIは自社製品を投入すると思われるが,Clevo製品は間違いなく,GIGABYTE製品もおそらくは,システムビルダーに採用されての国内展開になるものと思われる。

おそらく多くのシステムビルダーから登場することになると思われるClevoのGTX 980M搭載モデル「P650」(左)と,GIGABYTEのGTX 970M SLIモデル「Aorus X7」(右)。Aorus X7の手前に見えるのは,GameStreamでストリーミング配信中の「SHIELD Tablet」だ
GeForce 900M GeForce 900M
MSIの新しいフラグシップとなるGT72(左)と,ゲーマー向け薄型モデル「GS70」。前者はGTX 980M,後者はGTX 970Mを搭載するという
GeForce 900M GeForce 900M

NVIDIAのGeForce製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    GeForce 900M

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日