オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Lineage GAIDEN公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
リネージュI&IIとの連動システムにも注目。Flash対応型ブラウザゲーム「Lineage GAIDEN」先行プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/05/18 11:50

プレイレポート

リネージュI&IIとの連動システムにも注目。Flash対応型ブラウザゲーム「Lineage GAIDEN」先行プレイレポート

Lineage GAIDEN
 エヌ・シー・ジャパンは,同社の"リネージュ"シリーズの世界観を継承したブラウザゲーム「Lineage GAIDEN」のサービスを発表した。サービスの開始日は5月25日を予定しており,ちょうど本日(5月18日),公式サイトがオープンしているはずだ。

 近頃はハイクオリティなブラウザゲームが続々と登場してきて話題になっている。そういった中,Lineage GAIDENはどのようなゲーム内容となっているのか? 今回はエヌ・シー・ジャパン本社にて本作に直接触れることができたので,先行プレイレポートをお届けしよう。


Lineage GAIDEN公式サイト



コンシューマRPGっぽい仕上がりのブラウザ用RPG


 「Lineage GAIDEN」(以下,GAIDEN)は,playncのサイトから無料で遊べるFlash対応のゲームである。対応WebブラウザはIE(6以降)のみだが,plaync自体がIE必須なので,とくに問題はないだろう。ブラウザゲームとはいっても,基本はゲームジャンルはシングルプレイ用のロールプレイングゲームで,さらにオンラインランキングなど,ネットワークを利用したシステムが追加されている。また,GAIDENのプレイをある程度進めることで,同社のMMORPG「リネージュ」および「リネージュII」のゲーム内で特典が得られるという,連動システムも用意されている。

 GAIDENのゲーム内容は,リネージュI/IIとの直接の関連性はないものの,固有名詞をはじめとした世界観が一部継承されている。プレイヤーキャラは,アデン大陸に到着した冒険者という設定で,偶然手に入れた"無限の塔"の鍵をきっかけに,この地での冒険を繰り広げていく。

 画面を一目見て印象に残るのは,ぐっとコミカルになったキャラクターデザインである。ゲームシステムも含め,全体的にスーパーファミコン時代のRPGライクな仕上がりとなっているのだ。本作の開発作業を行っているのは,日本国内にあるグループ会社のエヌ・シー・ソフト・ジャパン(NCSJ)で,コンシューマっぽい雰囲気も納得。開発メンバーは7名で,開発期間は約1年とのことだ。



シンボルエンカウント&ターン形式のバトル


Lineage GAIDEN
 ゲーム中の操作はマウスまたはキーボードのどちらでも可能だ。キーボードの場合は,カーソルキーで4方向へ移動&メニュー選択,Zキーで決定,Xキーでキャンセル,などといった具合。

 ゲームの主な流れは,拠点で準備を整えたうえで,ダンジョンエリアへ赴くというもの。冒険は基本的にダンジョンで行い,そこではシンボルエンカウント形式で戦闘モードへと切り替わる。戦闘はターン形式で,おそらくコンシューマRPGの経験者であれば,画面写真を見てもらったほうが理解は早いだろう。

 全体的な操作感は,いわゆるブラウザゲームのそれとはかなり異なり,シングルプレイのコンシューマゲームをそのまま持ってきたような感じが強い。

Lineage GAIDEN Lineage GAIDEN

 ダンジョンの1フロア攻略に要する時間は,だいたい5〜15分前後。フロアごとに目標時間が設けられており,時間内にゴールに到着するとボーナスアイテムが得られる。短時間で気軽にできるのはよさそうだが,クリアタイムに追われるのはせわしない。しかし,メニューなどを開いている間はタイマーが止まるようなので,ちょっと休憩を取りたい場合などでも対応は可能だ。

 マップ内にはあちこちに宝箱が用意されており,アイテムを集めるならぜひ拾っていきたいところだが,目標タイム設定はなかなかシビアなので,どちらを優先するかも悩みどころ。
 クリアタイムはサーバーに送信され,これをもとにしたランキングシステムも用意されている。単純なクリアタイム以外にも,全モンスターをやっつけた場合など,いろいろなパターンのランキングが用意されるようだ。基本的にはスタンドアロン型のRPGだが,こういった形でオンラインの要素もある。


 特徴的なシステムとしては,エンカウントの際にマイキャラとモンスターの衝突方向によって,どちらが先制攻撃を行うのかが変わってくる。ダンジョン内のモンスターは常に動いているが,うまく回り込んで背後から仕掛ければ,戦闘を有利に運べるだろう。移動スピードをアップさせるアイテムもあるが,逆にアイテムを持ちすぎると重量オーバーとなり,移動速度がダウンしてしまう。

 最初はマイキャラの一人だけで冒険を行っていくのだが,ゲームを進めていくことで,仲間が一人ずつ加わっていく。ヒーラーやアタッカーなど,能力や外見が異なるキャラクターが総勢6名用意されており,最終的にはマイキャラを含めた7名にて冒険を行うことになる。
 一度にパーティを組んで戦闘に参加できるのは4名までだが,冒険中はいつでもパーティ編成が変えられるというシステムになっている(マイキャラ以外の3人に限定)。

 各キャラクターは戦闘を経てレベルアップし,スキルポイントを獲得。そしてツリー形式で新たなスキルを習得していく。そのは武器種別ごとにはマスタリースキルが用意されている。
 現状,ゲーム内に出現するモンスターは全部で108種類,アイテムは1062種類とのこと。レアアイテムの獲得や,モンスターごとに異なるドロップ品を用いての合成システムもある。

Lineage GAIDEN Lineage GAIDEN


「Lineage GAIDEN」は5月25日にサービス開始


 主人公のキャラクターレベルが,5や15などになると,ちょっとしたご褒美が用意されている。同じIDで「リネージュ」「リネージュII」にログインすると,ゲーム内アイテム などがもらえるのだ。

 内訳は,通常の狩りで使える支援セットといった感じもので,既存プレイヤーにも使えるものとなっている。もちろん,このハードルの低いGAIDENをきっかけに,リネージュ1やリネージュIIを新たに始めるという人も出てくることだろう。
 リネージュは正式サービス開始からすでに8年,リネージュIIも6年が経過している。そういった長寿タイトルにとって,新規プレイヤーの獲得は課題となっているが,今回のGAIDENはよい影響を及ぼしそうな気がする。

 昨今は一口に"ブラウザゲームといっても,急速にクオリティが上がってきている。このGAIDENに関しても同様で,一般的なコンシューマRPGのボリュームに迫ってきていることが分かった。完全に無料で,単体でもずっと遊べるくらいのデキなのが嬉しい。本日(5月18日)より,GAIDENの公式サイトがオープンしているので,興味を持ったらチェックしてみよう。

Lineage GAIDEN
  • 関連タイトル:

    Lineage GAIDEN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月23日〜01月24日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月