オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ATI Radeon HD 5700
  • AMD
  • 発表日:2009/10/13
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]Hydra 200搭載にLANコントローラ搭載,さらには12画面出力対応!? PowerColorが強烈な新製品を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/06/02 13:23

ニュース

[COMPUTEX]Hydra 200搭載にLANコントローラ搭載,さらには12画面出力対応!? PowerColorが強烈な新製品を公開

ATI Radeon HD 5700
 PowerColorブランドで知られるTulは,PCパーツ関連ベンダーが数多く出展するTWTC Nangangにプライベートルームを開設。そこで,LucidLogix Technologies製のブリッジチップ「Hydra 200」を搭載する「PowerColor Radeon HD 5770 Evolution」や,Bigfoot Networks製のゲーマー向けLANカード「Killer 2100」の機能を統合した「PowerColor Radeon HD 5770 Sniper」など,非常にユニークな新製品群を公開した。

ATI Radeon HD 5700
PowerColor Radeon HD 5770 Evolution。カバーに「Hydra Engine」のロゴが踊るほか,PCI Expressインタフェースの近くにHydra 200チップが見えている
ATI Radeon HD 5700
PowerColor Radeon HD 5770 Sniper。写真右下に見えるのは,Killer 2100カードだ。このカードが付属するのではなく,機能を統合しているわけである


異種混合マルチGPUをカード側で実現する

PowerColor Radeon HD 5770 Evolution


ATI Radeon HD 5700
クーラーからはみ出るような格好で,Hydra 200ブリッジチップが実装されている
 Hydra 200という時点でピンと来た人も多いだろうが,PowerColor Radeon HD 5770 Evolution(以下,HD 5770 Evo)は,「Big Bang-Fuzion」などが実現する,異種混合マルチGPU構成を,グラフィックスカード側でサポートする製品だ。
 Hydra 200チップ搭載マザーボードの場合,GPUコアの異なるATI Radeon同士やGeForce同士,あるいはATI RadeonとGeForceを組み合わせてマルチGPU動作させることが可能になる。その点,HD 5770 Evoの場合,「Hydra 200搭載マザーボードがなくても,異種混合マルチGPU構成を実現可能」というメリットと,「本カードをプライマリで使うしかない」というデメリットを同時に抱えるので,この点は押さえておくべきだろう。

ディスプレイ出力はDVI-IとDisplay Port,HDMIをサポート
ATI Radeon HD 5700
 Tulいわく「別途用意したHD 5770と組み合わせたときのパフォーマンスは,ATI CrossFireX(以下,CFX)よりも上が見込める」。これが,Hydraエンジンをサポートするメリットとのことだ。
 同社は,本製品を2010年第3四半期中に市場投入したい考えだが,「市場導入までに,(ATI RadeonとGeForceの混合動作になる)X-Modeにおけるゲームとの互換性を向上させる必要がある」とも見ていた。その市場投入時期や価格は,まだまだ流動的と見るべきかもしれない。


ゲーマー向けLANカードを統合した

PowerColor Radeon HD 5770 Sniper


Killer 2100で採用しているのと同じネットワークコミュニケーションプロセッサ,MPC8314Eが,I/Oインタフェース部の近くに搭載される
ATI Radeon HD 5700
 「PowerColor Radeon HD 5770 Sniper」(以下,HD 5770 Sniper)は,PLX Technology製のPCI Expressブリッジチップと,Freescaleのコミュニケーションプロセッサ「MPC8314E」を搭載し,ATI Radeon HD 5770 GPUとはPCI Expresss 2.0 x16で,MPC8314Eとは同x1でそれぞれ接続されるようになっている。
 これにより,HD 5770 Sniperは,オンラインゲーム(やマルチプレイ対応ゲーム)のトラフィックを,そのほかのネットワークトラフィックから分離し,かつ,CPUに負荷をかけることなく処理することにより,オンラインゲームのレスポンスを向上できるようになるという。

 1枚のカードでDirectX 11世代の高性能GPUと,“ネットワークアクセラレーション”機能を統合することで,省スペースのデスクトップPCなど,拡張スロットの数に制限があるソリューションでも優れたゲーム環境を構築できるというのが,Tulの主張だ。

ATI Radeon HD 5700
オンボードでGPUとLANカード機能を用意するため,PCI ExpressブリッジチップでPCI Express 2.0 x16信号を同x16とx1に増幅する
ATI Radeon HD 5700
I/Oインタフェース部には,Dual-Link DVI-IとHDMIのほか,LAN接続用のRJ-45コネクタを確かに装備していた

 HD 5770 Sniperは,7月中にも市場投入される計画になっており,米国市場における想定価格は249ドルとなっている。北米市場におけるKiller 2100カードの実勢価格が129ドル前後であることを考えれば,そのコンセプトに共感できる人にとってはかなりお得なカードということができそうである。


12画面出力標準対応のHD 5970に

液冷ブロック採用HD 5870の第2弾なども


ATI Radeon HD 5700
ATI Radeon HD 5970をベースに,12画面出力への対応を果たしたHD 5970 Eyefinity 12。圧巻の外部インタフェース群である
 さらにTulは,マルチディスプレイ技術「ATI Eyefinity」に対応したカードでも,新製品を準備している。
 注目したいのは,参考出品された「PowerColor Radeon HD 5970 Eyefinity 12 edition」(以下,HD 5970 Eyefinity 12)だ。

 説明不要かもしれないが,これは文字どおり,標準で12画面出力に対応した製品。「ATI Radeon HD 5970」デュアルGPUソリューションの場合,通常はCFX構成で動作させるが,HD 5970 Eyefinity 12ではCFXを無効化し,2基のGPUとして動作させることにより,シングルカードで12画面出力を実現しているのである。

12画面出力を実現すべく,HD 5970 Eyefinity 12では,カードの背面に接続端子を設け,ここに6画面出力のドーターカードを接続している
ATI Radeon HD 5700 ATI Radeon HD 5700

2基のATI Radeon HD 5870を独立して動作させると消費電力も上昇するため,HD 5970 Eyefinity 12では,外部給電を8ピン×2に変更していた
ATI Radeon HD 5700
 12画面出力のターゲットアプリケーションは,ゲームというより,金融関係など,ビジネス用途がメインになりそうだ。もちろん,カードそのものは,ATI Radeon HD 5970のグラフィックスメモリ4GBモデルがベースなので,必要に応じてCFX動作させれば,通常仕様どおりの6画面出力対応カードとしても利用できる。
 6画面では全然もの足りないという人は――そんな人がいればだが――ぜひご検討を。

こちらはATI Radeon HD 5770ベースで5画面出力をサポートした「PowerColor Radeon HD 5770 Eyefinity 5 Edition」。6月中の市場投入が予定されている本製品は,ディスプレイ出力として5系統のmini DisplayPort端子を搭載。パッケージには,2本のmini DisplayPortーDVI(Single Link)と,3本のmini DisplayPortケーブルが同梱される
ATI Radeon HD 5700 ATI Radeon HD 5700

 このほかTulは,ATI Radeon HD 5770のLow Profileモデルおよびシングルスロット仕様モデル,同社独自の液冷ブロックを採用した「PowerColor Radeon HD 5870 LcS」に,オリジナル設計の基板を採用してカード長を短縮した「v2」モデルなども公開。これらはいずれも7月頃の市場投入計画になっているそうだ。

オリジナルクーラーを採用することでLow Profile化を実現したATI Radeon HD 5770カード。クーラーはさすがに大型だが,2スロット仕様には留まっているという
ATI Radeon HD 5700 ATI Radeon HD 5700

ATI Radeon HD 5700
オリジナル基板とクーラーの採用により,シングルスロット化を実現したATI Radeon HD 5770搭載カード
ATI Radeon HD 5700
Tulオリジナル基板の採用で,カード長が若干短くなった「PowerColor Radeon HD 5870 LcS v2」(写真下)

ATI Radeon HD 5970や同5870といった重量級グラフィックスカードは,PCI Express x16スロットへの物理的な負荷も大きい。そこで,カードとPCケースとの間にかませる“つっぱり棒”もTulは用意している。製品名は「Power Jack」
ATI Radeon HD 5700 ATI Radeon HD 5700 ATI Radeon HD 5700
  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 5700

  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 5900

  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 5800

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月